久保亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久保 亨(くぼ とおる、1953年3月30日 - )は、日本の歴史学者。専門は東洋史、中国近現代史。信州大学人文学部特任教授[1]歴史学研究会委員長。東京都出身。

経歴[編集]

近現代中国の社会経済史、特に1920年代から1950年代にかけての経済政策史と企業経営史を専門とする。 日本学術会議会員。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『中国経済100年のあゆみ――統計資料で見る中国近現代経済史』(創研出版 1991年/第2版、1995年)
  • 『戦間期中国〈自立への模索〉――関税通貨政策と経済発展』(東京大学出版会 1999年)
  • 『戦間期中国の綿業と企業経営』(汲古書院 2005年)
  • 『シリーズ中国近現代史4 社会主義への挑戦 1945-1971』(岩波新書 岩波書店、2011年)

共編著[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]