横山宏章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横山 宏章(よこやま ひろあき、1944年4月21日 - )は、日本政治学者歴史学者北九州市立大学名誉教授。専門は、中華民国政治史、近代長崎県史。

明治学院大学法学部長、南京大学客員教授、財団法人国際東アジア研究センター理事、北九州市立大学アジア文化社会研究センター長を歴任。

来歴[編集]

山口県下関市生まれ、1969年一橋大学法学部卒業、朝日新聞社記者を経て、1978年一橋大学大学院法学研究科博士課程退学。1982年「孫中山の革命と政治指導」で法学博士(一橋大学)。

1978年明治学院大学法学部専任講師、1981年同助教授、1988年同教授、法学部長、1999年県立長崎シーボルト大学国際情報学部教授、国際情報学部長、2005年北九州市立大学社会システム研究科教授。2010年同アジア文化社会研究センター長兼大学院社会システム研究科長。2015年定年、名誉教授。

南京大学客員教授、元財団法人国際東アジア研究センター理事。長崎市市史編さん室新長崎市史第3部会(近代編)専門委員も務め、長崎市史の執筆にあたった[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『人民中国の堕落 再び、中ソは和解するか』ワニの本 ベストセラーシリーズ 1981
  • 『ソ連、ポーランド、中国に見るマルクスの誤算 社会主義は死んだのか』ワニの本 ベストセラーシリーズ 1982
  • 『長江に夕陽が沈み――追われし中国に愛を込めて』(日中出版、1982年)
  • 陳独秀朝日選書、1983年)
  • 『孫中山の革命と政治指導』(研文出版、1983年)
  • 『優と覇――変わる中国 変わらない中国』(日中出版、1984年)
  • 『清末中国の青年群像 歴史のなかの若者たち5』(三省堂、1986年)
  • 『中国近代政治思想史入門』(研文出版、1987年)
  • 『天安門の悲劇――現代中国の政治と民衆』(三一書房、1991年)
  • 『日中の障壁――戦争と友好の代償』(サイマル出版会、1994年)
  • 『孫文と袁世凱――中華統合の夢』(岩波書店、1996年)
  • 『中国の政治危機と伝統的支配――帝国の瓦解と再興』(研文出版、1996年)
  • 『中華民国史――専制と民主の相剋』(三一書房、1996年)
  • 『中華民国――賢人支配の善政主義』(中公新書、1997年)
  • 『中国を駄目にした英雄たち』(講談社、1999年)
  • 『中国砲艦『中山艦』の生涯』(汲古書院、2002年)
  • 『中華思想と現代中国』(集英社新書、2002年)
  • 『草莽のヒーロー――「無名の英雄・渡邉元」と東アジアの革命家』(長崎新聞社[長崎新聞新書]、2002年)
  • 『反日と反中』(集英社新書、2005年)
  • 『長崎が出会った近代中国』(海鳥社、2006年)
  • 『中国の異民族支配』(集英社新書、2009年)
  • 『陳独秀の時代――「個性の解放」をめざして』(慶應義塾大学出版会、2009年)
  • 『長崎 唐人屋敷の謎』(集英社新書、2011年)
  • 『中国の愚民主義 「賢人支配」の100年』(平凡社新書、2014年)
  • 『素顔の孫文――国父になった大ぼら吹き』(岩波書店、2014年)
  • 『孫文と陳独秀 現代中国への二つの道』平凡社新書 2017年

編著[編集]

  • 『東アジアはひとつになれるか――ポスト冷戦と東アジアの進路』(同文舘出版、1995年)

共編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2010年5月27日