高原明生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高原 明生(たかはら あきお、1958年5月26日[1] - )は、日本政治学者東京大学大学院法学政治学研究科教授。公益財団法人日本国際フォーラム研究員[2]、政策委員[3]東京財団上席研究員[4]日本国際問題研究所客員研究員[4]。専門は現代中国政治、東アジア国際政治。

略歴・人物[編集]

兵庫県神戸市生まれ。東京都立西高等学校を経て[要出典]東京大学法学部卒業[5]後、サセックス大学大学院で修士課程および博士課程修了(D.Phil)[5]笹川平和財団研究員、在香港日本国総領事館専門調査員、桜美林大学国際学部専任講師・助教授、立教大学法学部助教授・教授を経て、2005年から現職[5]

父親は元伊藤忠商事常務取締役の高原友生明治学院大学教授の高原孝生は兄[要出典]

著書[編集]

単著[編集]

  • The politics of wage policy in post-revolutionary China, Macmillan Press, 1992.

共著・編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.325
  2. ^ 研究員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  3. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  4. ^ a b 高原明生 | 上席研究員 | 研究員 | 東京財団
  5. ^ a b c 東京大学法学部・大学院法学政治学研究科