四十七大戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
四十七大戦
ジャンル 都道府県擬人化、バトル
漫画
作者 一二三
出版社 アース・スター エンターテイメント
掲載サイト コミック アース・スター
レーベル アース・スターコミックス
発表期間 2016年9月7日 -
巻数 既刊6巻(2019年5月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

四十七大戦』(しじゅうしちたいせん)は、一二三による日本漫画作品。『コミック アース・スター』(アース・スター エンターテイメント)にて、2016年9月7日より連載中。

概要[編集]

鳥取県をはじめとした47都道府県に住まう神様「ゆる神」が、次の日本の首都を決める決闘首都争奪戦に巻き込まれていく戦いを描いた漫画作品。キャラクターは方言や名産品、県民性など各都道府県の個性を盛り込んでいる[1]ほか、社会問題など現実世界ともリンクした点も描かれている[2]

鳥取県知事は2016年9月の定例会見で作品についても触れた[3]ほか、単行本1巻の発売に合わせ、主人公のコスプレをして作品の応援をしている[4]

WEBマンガ総選挙2018で1位を獲得[5]。これについて作者は、読者の熱量が高かったことを挙げている[6]

作風[編集]

都道府県擬人化漫画を描くにあたり、担当編集から仮案を求められた一二三が、スターバックスの数で争いあうというアイデアを挙げたことから生まれた[7][8]。その中で、鳥取県がスターバックス最後の出店県だったことや、独創的なPRをしていることから、鳥取を主人公とする作品となった[7][8]。一二三自身は鳥取の出身ではなく、各県に対するイジりも平等に行うと語っている[7][8]

登場キャラクターは、「ぱっと見でキャラが伝わるかどうか」を大事にキャラ作りを行い、さらに細かい部分にも地域ネタを挿入している[8]。あるあるネタに関しては「地元の視点」と「外部からの視点」の両方を取り入れようとしているという[6]

用語[編集]

ゆる神
様々な物から生まれる神様。各都道府県のゆる神は、「会いに行けるご当地神」として活躍している。ゆる神は"神通力"を操り県民を守ることができ、普通はダメージを受けないが、例外としてゆる神同士だとダメージを与えられる。首都争奪戦では攻撃が効くと、ダメージを受けた県からダメージを与えた県に人口が移動する。
決闘
都道府県のゆる神達に突然課された闘い。ゆる神は決闘をすることで他の都道府県のゆる神と戦う。戦闘により、どちらかの人口が臨界点を下回ると負けになる。各ゆる神の武器は、その都道府県の観光地・名所・名産品などを参考にされている。
四天王
各都道府県のゆる神のうち、特に人口の多い4人のゆる神。大阪さん、京都さん、愛知さんと、東京さんで構成されている。それぞれに、兵庫さん、滋賀さん、岐阜さん、神奈川さんが補佐になっている。
全体攻撃(フィールドスキル)
政令指定都市を持つゆる神にのみ使える強力な技。発動時は「広域攻撃準備」というメッセージがフィールドに表示される。
親密度
都道府県同士の繋がりの深さを表す。親密度がMAXになると、お互いの手の甲に親密度MAXの証である"紋"が浮かび上がる。
戦闘で共闘していなくても親密度がMAXになれば勝手に浮かび上がり、上昇する要因は経済・交通・歴史など様々。MAXの証は基本的に一県に対して一県のみ。
決闘においては、親密度MAX同士の県とパラメータに関係なく強力な威力を発揮できる「合体技(タッグスキル)」を発動させることができ、威力は全体攻撃と同等かそれを凌ぐ。

登場キャラクター[編集]

声はPVでの声優[9][10]

中国地方[編集]

鳥取さん
声 - 島﨑信長
本作の主人公で鳥取県のゆる神。シャツ、カーディガン、スラックス、首から名札を下げた、公務員のような青年の姿をしている(鳥取県は2017年人口100人あたりの公務員の数が全国3位)。
普段は温厚な性格だが、「鳥」と「島」の誤字がある・島根さんと比べられるなどすると怒る。人口最下位のため県民からの税収が見込めず、鳥取県の名産品であるらっきょう漬けの売上をお小遣いに生活している。最近、駅前にできたスタベによく居る。
武器はマスケット銃の「鳥取砂銃(とっとりさじゅう)」。
決闘中の装束は白を基調とした軍服で、県の花の二十世紀梨の花をあしらった軍帽を被り、左腕に「鳥」と書かれた腕章を着用している。
島根さん
声 - 増田俊樹
出雲大社と、しじみが誇りの島根県のゆる神。メガネをかけており、着物を私服にしている青年。鳥取さんとは昔から人口ワーストを争う犬猿の仲。因幡の白兎を使役し、国道に出現してしまう妖怪や出雲大社の神たちと人間界の関係を取り持つ。鳥取さんから陰でミスターお役所と呼ばれたりなどしている(人口100人あたりの公務員数日本一)。
武器は日本刀。
決闘中の装束で右腕に「島」と書かれた腕章を装着している、髪型(前髪が流れている方向やアホ毛など)が鳥取さんと反対側にあるなど、鳥取さんと左右対称なキャラクターデザインがされている。
山口さん
見た目は子供だが、中身はおじいちゃんの山口県のゆる神。太眉。口調も老人のような話し方をする。廃藩置県以前の記憶をはっきり有している数少ない神。私服、決闘装束ともに短パンを身につけている。
武器は大槍の「長州力」。
九州地方の鹿児島さんと深い因縁があり、鹿児島さんのことを薩摩と呼ぶ。
吉田松蔭のことを「松蔭先生」と呼ばないと叱られる。
岡山さん
長髪で左目にモノクルを付けた男性の姿の岡山県のゆる神。お供に犬、猿、雉を連れている。二つ名は「はれの国 おかやま」。鳥取さんが慕っており仲が良い。また瀬戸大橋でつながれた四国地方の香川さんとは親友のような間柄。
武器はトランク型の仕込み銃。決闘装束は黒い軍用Aラインコートを着用する。
広島さん
声 - 浅沼晋太郎
金髪の青年の姿のゆる神。赤がチームカラーの地元球団をこよなく愛しており、赤色が好き。島根さんをよく呼び出しスポーツ観戦をさせているなど島根さんと仲が良い。しまなみ海道でつながる愛媛さんのことをほっとけないなど面倒見がいい性格だが、怒ると広島弁になり怖い。岡山さんとは中国地方の盟主を争っており犬猿の仲。
常に黒い革の手袋を着用。決闘では全身白の海軍礼服を着用しコートを肩で羽織る。武器は二丁の拳銃。
岩国くん
山口県岩国市のゆる神。歴史的な関係もあり広島さんと仲が良く、山口さんには少し反抗的である。フライトジャケットのような服を着用。山口さんによく似た太眉の少年の姿をしている。

九州地方[編集]

福岡さん
九州のトップに君臨する福岡県のゆる神。金髪で普段から色の薄いサングラスをかけている。
日本三大都市を「東京・大阪・福岡」、名古屋を有する愛知さんのことを「味噌カツダサケバ女」と公言するなど、四天王に入れなかったことを怒っている。短気だが九州の他の県から尊敬されるカリスマ性を持つ。
決闘装束はミリタリージャケットにベレー帽。武器は大型のガトリングガン。
佐賀さん
佐賀県のゆる神。「隣県で呼べばすぐ来る」という理由で福岡さんに補佐を任される。佐賀さん自身も福岡さんのことを尊敬している。武器はカッター型の大型のブレード。
長崎さんが服を見立てても着たがらず、変な単語がプリントされたTシャツをよく着る。佐賀県の観光についても「佐賀に見る所はない」と自ら公言する。華のある話題には頓着がなく影が薄いと自分で自覚しており、戦闘の際は自分に「福岡さんの未来は背負えない」と一任していた。
大分さん
少年の姿の大分県のゆる神。愛媛さんの仲介により鳥取さんが邂逅する。大分県の方言「よだきい」が口癖。人と話している時もヘッドホンをつけており、「ツンケン」とした「思春期と反抗期を煮詰めたような」性格。本心では福岡さんのことを慕っており、福岡さんと佐賀さんが親密度MAXであることを知らず、納得していない。大分県庁の自身の神用の部屋に温泉を引いている。かぼすを地産地消している。
武器は刃が仕込まれたヨーヨー。
長崎さん
長崎県のゆる神。セミショートほどの長さの金髪の青年。長崎市の精霊流しで使われる精霊船を神用タクシーとして神通力で移動手段に使っている。運転は使役する尾曲猫さんに任せている。
「喧嘩はものすごく弱い」と公言する。"人の視線(評価)は暴力"と語り強みの観光業や県の魅力をお互いに武器にして戦うのを辛く感じている。精霊船の中で読んでいた本は見田宗介著『まなざしの地獄-尽きなく生きることの社会学』である。
佐賀さんと兄弟で、熊本さんとはいとこのようなものとのこと。
武器は大量に出現させる黒い火縄銃。
鹿児島さん
鹿児島県のゆる神。色黒で大柄な厳格な雰囲気の男性。自称「南九州の雄」。鳥取さん曰く「肚に力を入れてないと潰されそう」な威圧感を放つ。廃藩置県前の記憶を持つ数少ない神。山口さんのことは「長州」と呼び、因縁がある。
武器は薩摩拵の日本刀。
宮崎さん
宮崎県のゆる神。太眉でマッシュヘア、オーバーオールを私服にする青年。鹿児島さんと親密度MAXの紋を持ち、補佐となる。「てげてげ」な性格。鳥取さんを「鳥くん」鹿児島さんを「かごさん」など、他のゆる神をあだ名で呼ぶ。彼にとって度数25度以下のアルコールは水である。
武器は宮崎県が生産量日本一を誇る竹弓。
熊本さん
九州本島の中では最後に登場した熊本県のゆる神。火の国という二つ名のとおり熱い性格の青年で、トマトやスイカなど赤い野菜が名産であることから、赤色が好き。廃藩置県以前は熊本さんが九州地方の盟主だった。
某熊のゆるキャラを大人の都合で出すことができない。
武器は仕込み銃付きの大型の斧。
沖縄さん
鹿児島さんから紹介された沖縄県のゆる神。日に焼けた肌を持つ少年。観光PRなどにも顔を出すゆる神の中ではトップクラスの知名度であり、鳥取さんも憧れている。「うちなー時間」で行動する。
沖縄以外の県は「内地」または独自のあだ名で(鳥取さんのことは「トリィ」)、自身のことは「うちなー」と呼ぶ。今回の大戦については消極的だが「仲間外れにしないでほしい」と打ち明ける。
武器はクロスボウ。決闘装束は海軍のようなセーラー服に半ズボン。

北海道地方[編集]

北海道さん
北海道のゆる神。ゆる神の中でももっとも身長が高く、腰の長さまでの長髪を一つの三つ編みにまとめている。武器はショットガン。
最後にできた都道府県の末っ子であり、他のゆる神を「◯◯兄さん」と呼ぶ。大戦の決闘が始まると、早々に「日本からの独立」を宣言する。

四国地方[編集]

香川さん
香川県のゆる神。柔和な態度の青年の姿。実はゆる神の中では鳥取さんの次に最も早く登場している(第壱話6p)。とてもうどん好き。うどんは一日に2回食べる。「うどんよりそば」など、うどんを否定されると鬼神と化す。
瀬戸内海を挟んだ対岸の岡山さんと仲良し。
四国と他府県は戦闘しない「不可侵条約」を提案するなど、決闘で波風を立てたがらない。
愛媛さん
おっとりした性格の愛媛県のゆる神。ウェーブのかかった神をゆるくまとめている。女性のような華奢な容姿だが男性である(決闘装束のジャケットを左前にして着用しており、男性前)。
瀬戸内海を挟んだ対岸の広島さんと仲良しで、大分さんとも航行がつながっており、中国地方と九州地方の間を取り持つ。
徳島さん
小柄なポニーテールの女性姿の徳島県のゆる神。倹約家で、そろばんでストレス発散する。
対岸の大阪さんと仲良し、というより大阪さんに憧れていて、大阪さんと兵庫さんのことは「絡みたいというより彼らの絡みを見守りたい」などと公言している。
すだちとかぼすを混同するとキレる。
決闘装束は軍服の上から法被のような着物を纏ったような、合体デザインになっている。
高知さん
ドレッドヘアーで無精髭を生やした男性の姿の高知県のゆる神。普段はバーテンダーのようなベストと蝶ネクタイを着用している。カツオと仲良し。
酒を大量に飲むようで、会議のような場でも常に芋けんぴを食べている。一人称はワシ。

関西地方[編集]

大阪さん
大阪府のゆる神で四天王のひとり。決闘装束は応援団のような学ランと鉢巻姿。「道頓堀」という名の虎を連れている。情に厚い性格で、大戦で繰り広げられる国盗り合戦に疑問を持つ。
多くのゆる神が標準語で話す中、自身の方言で喋っている。ボケ担当らしい。
武器は持たず、拳に道頓堀が変身したエネルギー体を宿して戦う。
兵庫さん
大阪さんの補佐の兵庫県のゆる神。メガネをかけた少年。前述の道頓堀については「その虎僕のですからね」と言っている。ツッコミ担当。
135頁以上からなる本に記載された詠唱術を武器としている。
京都さん
四天王のひとりで京都府のゆる神。大阪さん同様、普段から自身の方言で話す。何かと滋賀に水を要求する。大戦中はお互いを煽るような発言もあり、本音を表に現さず、ひょうひょうとして掴めない性格。四天王の中では一番最初にその戦力を他のゆる神にあらわし、威力を見せつける。
武器はサーベルのような細身の剣。
滋賀さん
京都さんの補佐の滋賀県のゆる神。いつも大きなナマズの「びわこ」と一緒におり、びわこの口からは飲み水が出る。隠密を得意とする。本人曰く「びわこなしで滋賀県(ぼく)の位置を捉えられるものはいない」。
決闘中の武器はびわこが変身したスナイパー銃。

東海地方[編集]

愛知さん
四天王のひとりで少女の姿をした愛知県のゆる神。決闘装束はセーラー襟のついたデザインのドレスを着用し、お嬢様言葉で話す。
喫茶店の軒数が日本一であり、よくコーヒーカップを持っている。スタベちゃんのことは「使い捨てカップ」と吐き捨てるように呼ぶ。
武器は大型の二対の鉄扇。
岐阜さん
長い三つ編み姿の少女の姿をした岐阜県のゆる神。右目は長い前髪で隠れている。愛知さんの補佐。愛知さんに対しては異常とも崇拝とも呼べる感情で慕っている。
武器は関市の金物技術を結集したチェーンソー。
三重さん
東海地方と関西地方に挟まれる、微妙な立ち位置。眼鏡をかけた青年の姿のゆる神。語尾に「〜ッス」を付けて話し、愛知さんは「姐さん」大阪さんは「アニキ」京都さんを「ダンナ」と呼ぶなど、舎弟キャラ。4つの旧令制国で成り立つ狭間の県であり頑固な県民性が無いと言われ、味覚などの適応力に柔軟性がある。
近畿地方に属しながら経済圏は東海という特殊な立地であるため、愛知さんから関西への偵察を任ぜられる。
武器は大型の鎖鎌。
静岡さん
背の高いショートカットの女性のゆる神(男性のようなキャラデザインだが、一人称が「私」であり胸の膨らみも描写され、二頭身デザインでは他の女性ゆる神と同じまつ毛が描写される)。愛知さんのことは「お嬢」と呼ぶ。
一日に4回お茶を飲まないと精神に異常をきたす。プラモデルが好き。日本のちょうど真ん中に位置し東日本も西日本も近く、自他共に認める「日本の平均値」である。
武器は自身の蹴りで繰り出すエネルギーがこもったサッカーボール。

関東地方[編集]

東京さん
東京都のゆる神。少年の姿をしており、オッドアイ。首都争奪戦についての秘密を知っているようだが、その思想や目的は謎に包まれている。
神奈川さん
神奈川県のゆる神。東京さんの補佐を務める。
決闘装束は迷彩柄の服。東京さんと対等に話せる数少ない存在。埼玉さんのヘアメイクをしてあげるなど、おしゃれ。
埼玉さん
埼玉県のゆる神。ヘアメイクや服装を神奈川さんに直してもらうなど、外見にあまり頓着しない性格。東京さんとは同じ土地を分けた双子の弟で、気さくに話しかける。「地元愛の薄い県代表」を自称している。
千葉さん
千葉県のゆる神。埼玉さんのことを「関東第4位」というなど何かとライバル視している。スタジャンにピアスとヤンキー風の姿で口調も少々荒いが、東京さんには敬語で話す。
町田くん
東京都町田市のゆる神。東京さんに認知されず不満げ。

その他[編集]

スタベちゃん
大企業「スターベックスジャパン」のゆる神。四十七大戦の審判を務める。普段は紙コップのキャラクターの姿だが、決闘の際は少女の姿となる。

書誌情報[編集]

舞台[編集]

『首都争奪バトル舞台(ステージ)「四十七大戦」-開戦!鳥取編-』のタイトルで、2019年10月新宿FACEおよび鳥取県立生涯学習センター県民ふれあい会館にて上演予定[11]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 一二三「四十七大戦」
  • 主催 - クリーク・アンド・リバー社
  • 協賛 - エミネット
  • 舞台制作 - Office ENDLESS
  • 音楽制作 - ジパングエンタアート
  • 協力 - アース・スター エンターテイメント、鳥取県まんが王国官房

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「鳥取県」が首都に!? 漫画「四十七大戦」が配信”. 産経ニュース (2016年9月23日). 2017年3月29日閲覧。
  2. ^ 世界でも類を見ない秘境“鳥取県”が、次の日本の首都になった!?”. exciteニュース (2016年10月2日). 2017年3月29日閲覧。
  3. ^ 知事定例記者会見(2016年9月2日)”. 鳥取県 (2016年9月2日). 2017年3月29日閲覧。
  4. ^ 主人公は「鳥取」PR コスプレで知事応援 きょう第1巻発売!! /鳥取”. 毎日新聞地方版 (2017年3月11日). 2017年3月29日閲覧。
  5. ^ WEBマンガ総選挙、1位は「四十七大戦」!「うらみちお兄さん」「おじさまと猫」も”. コミックナタリー (2018年9月13日). 2018年9月14日閲覧。
  6. ^ a b 思わずうなずく“都道府県あるある” マンガ『四十七大戦』の一二三が意識する「地元の視点」と「外部からの視点」”. ねとらぼ (2018年9月13日). 2018年9月14日閲覧。
  7. ^ a b c 都道府県×イケメン化×バトルロイヤル!「四十七大戦」一二三インタビュー”. pinga (2017年2月17日). 2018年9月14日閲覧。
  8. ^ a b c d 鳥取が日本の首都に!?「WEBマンガ総選挙2018」第1位の「四十七大戦」作者に記念インタビュー”. おたくま経経済新聞 (2018年9月13日). 2018年9月14日閲覧。
  9. ^ 島崎信長&増田俊樹が方言キャラに! 都道府県擬人化バトル「四十七大戦」のPVが方言萌えたちのハートを射貫きそう”. ねとらぼ (2017年3月6日). 2017年3月29日閲覧。
  10. ^ 島崎信長・浅沼晋太郎CVの「四十七大戦」新映像、WEBマンガ総選挙1位企画山盛り”. コミックナタリー (2018年9月13日). 2018年9月14日閲覧。
  11. ^ 「四十七大戦」舞台化、キャラクターと同県出身の役者を募るオーディション開催”. コミックナタリー (2019年2月3日). 2019年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]