嘉例川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
嘉例川駅
駅舎(2003年)
駅舎(2003年)
かれいがわ
Kareigawa
霧島温泉 (5.8km)
(2.1km) 中福良
所在地 鹿児島県霧島市隼人町嘉例川2176
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 肥薩線[1]
キロ程 112.3km(八代起点)
電報略号 カレ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
35人/日(降車客含まず)
-2013年-
乗降人員
-統計年度-
75人/日
-2013年-
開業年月日 1903年明治36年)1月15日
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示
待合室の様子
旧待合室の再現も展示されている
構内の様子(2007年8月)

嘉例川駅(かれいがわえき)は、鹿児島県霧島市隼人町嘉例川にある、九州旅客鉄道(JR九州)肥薩線である。駅舎は県内最古で[2]登録有形文化財であり、所有者である地元自治体の管理下にある[3]。全国でも珍しい特急が止まる無人駅[2]

歴史[編集]

1903年明治36年)1月15日に営業を開始した。当時は駅長と出札係兼電信係1名と駅夫5名で運営されていた。駅長の月給は19円80銭であった。妙見温泉への入口の駅であり、湯治客は自前の布団を鉄道便で別送し、駅から温泉宿まで担ぎ屋が運んだことから、貨物扱いもあり、駅員も複数名常駐し大いに賑わった[4]

1920年大正9年)3月30日、当時の皇太子(昭和天皇)が駅から約3キロメートル西にある高屋山上陵参拝のため乗降した。宮崎駅からの臨時列車で午前11時に到着し鹿児島県知事らの出迎えを受け、駅から人力車で山陵へ向かった。東郷平八郎も同行していた。午後0時45分に駅へ戻り、同50分に川内町駅(後の川内駅)へ向けて出発した。小雨の降る中、沿道には出迎えのために4万人以上の住民が集まった[5][6]

昭和40年代までは、十三塚原への肥料や作物の積み下ろしで活況を呈していたが、1984年(昭和59年)に無人化された[7]。   2003年に開駅100周年祝賀会を元駅員らが企画しJR九州に具申するも小さな無人駅ゆえに相手にされなかったため、自力で賛同者を集め、祝賀会当日に1,300人を集客、この実績から、2004年3月から運転が開始された観光列車「特急はやとの風」の停車が決まり、積極的なPRが始まった[3]。祝賀会後、旧隼人町が駅舎を買い取り、物販やコンサート開催など活用されるようになった[3]

はやとの風停車中

2004年(平成16年)3月13日開業の九州新幹線の経済的な波及効果を高めるために運転される特急列車「はやとの風」が停車する。はやとの風は当駅に約5分間停車するため、停車時間内に駅舎の見学や記念撮影などが可能である。

九州新幹線開業後にメディアなどでも報道され知名度を上げた。名誉駅長委嘱駅である[6]

年表[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅無人駅[1]、単式ホームの向かい側には使用されなくなった島式ホームが残っている。駅前広場は手狭でバスが乗り入れる際の安全上の問題があり、鹿児島県の「魅力ある観光地づくり事業」の予算と霧島市の負担により、駅から約150 mの位置に約1,550 平方メートルの駐車場が整備され、2010年(平成22年)4月25日に完成記念式典が開かれた[14]。 その後、平成25年5月1日より駅前まで「妙見路線バス」が乗り入れている。[15]

駅舎は開業当初からの木造建築で[1]、鹿児島県内の駅本屋としては大隅横川駅駅舎と並び最古の存在。明治33年の逓信省鉄道作業局「停車場定規」に定められた駅舎の規格設計図のうち最小規模の五等停車場の図面を参考に建設されたと推測されている[4]

2004年平成16年)、旧・隼人町が保護のため買収し、2006年平成18年)には登録有形文化財に登録された[11]。駅舎は地元のボランティアによって整備・清掃される。駅ノートが置いてある。駅前は砂利が敷き詰められ、駅頭にはカイヅカイブキの大木がある[7]

駅弁[編集]

『百年の旅物語かれい川』

2004年(平成16年)の特急「はやとの風」運転開始記念に一日限定で販売したところ好評を得[16]、その後、土・日・祝日に限り、霧島市にある「森の弁当やまだ屋」という業者が製造する『百年の旅物語かれい川』(通称「かれい川弁当」)が発売開始されている[1][17]。土曜日と日曜日に駅舎内で発売している。

特急「はやとの風」の車内でも販売を行っているが2日前までに事前予約が必要である[1][18]。なお、2010年3月現在、「はやとの風2号」のみ鹿児島中央 - 隼人間では販売を行っていない。

内容物は概ね竹の子ご飯(たけのこしいたけさやえんどう)、春巻きなます大根人参)、コロッケ田楽なすかぼちゃ)、がね天ぷらの一種で、さつま芋と人参、ニラ、生姜が入った鹿児島の代表的な郷土料理。ガネは鹿児島の方言で蟹のことで、揚げたあとの形が蟹に似ていることからそう呼ばれる[19])で構成されている。

県内外問わず人気が高く、JR九州主催の「九州の駅弁ランキング」では、2004年(平成16年)度で4位になり、2009年(平成21年)度まで3年連続で第1位に輝いている[1]

駅周辺[編集]

山間の小駅で、駅の周りには嘉例川にそって小さな集落が開けているのみである。

当駅の南へ約2キロメートルほどのところに鹿児島空港があり、 国道504号に接続する道路(鹿児島県道56号隼人加治木線)も通じている(空港まで約4.8キロメートル)。駅を経由する「温泉バス」は、新川・安楽・妙見温泉に宿泊および立ち寄り湯の交通手段として利用でき、帰りは空港アクセスとしても利用できる。このバスは特急はやとの風に接続する他に数本ある。乗車には1日利用券500円と3日利用券1000円を利用し、追加料金で立ち寄り湯が可能となる。タオルセットも車内販売する。他には駅から東へ約600メートル近くに空港と霧島を結ぶ鹿児島交通(旧いわさきバスネットワーク)のバス路線が通り嘉例川バス停がある。平成25年5月1日より妙見路線バスのみ「嘉例川駅」バス停が設置され、駅構内に乗り入れが開始された。平成26年7月7日現在、鹿児島空港まで運賃は空港まで210円。鹿児島空港行きが1日5便、妙見温泉経由で隼人駅行きが3便、立花上行きが2便。(外部リンク「霧島遊めぐりバスマップ」を参照)

新川渓谷温泉郷への入口駅の一つともなっている。

  • 嘉例川簡易郵便局
  • かれい川小さな博物館
地域住民たちがかつての農機具や生活民具を持ち寄って展示した住民立博物館。懐かしいだけでなく、嘉例川の生活文化もかいま見ることができる。日曜日のみ開館だが、予め頼めば平日でも開館してくれる。また依頼すれば博物館案内人にガイドもしてもらえる。

当駅および隣の中福良駅周辺の山林は中国人の不動産会社が所有しており、大規模伐採による影響や水資源の不安などが問題視されている[20][21]

利用状況[編集]

  • 2013年度の1日平均の乗車人員は35人である。
年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2000 33
2001 25
2002 40
2003 40
2005 36
2006 29
2007 30 61
2008 32 65
2009 35 74
2010 39 83
2011 47 99
2012 37 80
2013 35 75

駅猫「にゃん太郎」[編集]

2015年11月頃から駅にネコが居着いて「にゃん太郎」と名付けられた[22]。このネコは2016年5月に嘉例川観光大使に任命されることとなった[22]

その他[編集]

忌野清志郎のシングル曲『Oh! RADIO』のプロモーションビデオの撮影場所となった。

隣の駅[編集]

※特急「はやとの風」の停車駅は列車記事を参照のこと。

九州旅客鉄道
肥薩線
霧島温泉駅 - 嘉例川駅 - 中福良駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 片岡寛(2010年10月8日). “地域愛 駅弁に詰めて 九州でV3「かれい川」手作り 霧島市の山田まゆみさん(52)”. 西日本新聞 (西日本新聞社)
  2. ^ a b 嘉例川駅舎『かごしま検定: 鹿児島観光・文化検定公式テキストブック 』鹿児島商工会議所、図書出版 南方新社, 2005
  3. ^ a b c 観光と観光創造に関する一考察森重昌之・清水洋介、北海道大学大学院院国際広報メディア・観光学院院生論集 2008
  4. ^ a b 『日本の鉄道遺産』Jtbパブリッシング、p38
  5. ^ 『嘉例川駅史』(霧島市立隼人図書館所蔵)
  6. ^ a b c 嘉例川駅(霧島市) - 鹿児島県 2012年2月26日閲覧。
  7. ^ a b 嘉例川 肥後線『駅旅のススメ』杉崎行恭、Jtbパブリッシング, Oct 29, 2013 , p64
  8. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 12号 九州沖縄』 p.49 新潮社
  9. ^ 「鉄道記録帳2003年1月」、『RAIL FAN』第50巻第4号、鉄道友の会、2003年4月1日、 26頁。
  10. ^ 記念事業の実現に奔走した福本平は2006年平成18年)4月より同駅の名誉駅長を委属される
  11. ^ a b JR肥薩線嘉例川駅駅舎 - 文化庁(国指定文化財等データベース) 2012年2月26日閲覧。
  12. ^ 近代化産業遺産認定遺産リスト - 経済産業省 2012年2月26日閲覧。
  13. ^ JR嘉例川駅に大型駐車場 住民ら馬踊りで祝う/鹿児島県霧島市 - 47NEWS 2012年2月26日閲覧。
  14. ^ 「嘉例川駅に大型駐車場」南日本新聞2010年4月28日朝刊20面
  15. ^ 霧島市総合観光案内「霧島遊めぐりバスマップ(各路線バス時刻表)
  16. ^ 『観光振興と魅力あるまちづくり』第12章「食」による観光まちづくり-もっと活用したい駅弁、佐々木一成、学芸出版社、2007
  17. ^ JR肥薩線 嘉例川駅 - 西日本新聞 2012年2月26日閲覧。
  18. ^ 森の弁当 やまだ屋霧島観光.com、 公益社団法人霧島市観光協会
  19. ^ 今年は何位!?九州駅弁グランプリ常連「かれい川」を食べに行こう!新作も登場 トラベルjpたびねす、2014/03/07
  20. ^ 「霧島隼人嘉例川地区山林で大規模伐採進む 災害の発生住民懸念」南日本新聞、2008.6.8
  21. ^ 「中国資本霧島の山買収 水源確保目的か」南日本新聞、2014.1.1
  22. ^ a b “ネコ「にゃん太郎」観光大使任命へ 霧島・嘉例川駅”. 南日本新聞. (2016年4月28日). http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=74954 2016年4月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]