高屋山上陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天津日高彦火火出見尊
高屋山上陵 拝所

高屋山上陵(たかやのやまのえのみささぎ/たかやさんりょう/たかやさんじょうりょう)は、鹿児島県霧島市溝辺町麓にある皇族陵宮内庁により天津日高彦火火出見尊(ホオリ)の陵に治定されている。

可愛山陵(鹿児島県薩摩川内市瓊瓊杵尊陵)・吾平山上陵(鹿児島県鹿屋市天津日高彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊陵)と合わせて「神代三陵(神代三山陵)」と総称される。

構造[編集]

杉林の中にある楕円形の円墳で、表面は多数の石に覆われている。面積は約53,000平方メートルあり、周囲には石垣が巡らされている。

歴史[編集]

日本書紀』に「葬高屋山上陵」(は返り点)、『古事記』に「御陵者、即在其高千穂山之西也」とあり、『延喜式諸陵式』には「日向高屋山上陵、彦火火出見尊陵、在日向国、無陵戸」とあるが、当時すでに所在が明確に知られていなかったらしい。

近世、所在について種々の検討が行なわれ、江戸時代後期の地誌『三国名勝図会』では内之浦(現在の肝付町)がその所在地とされたが、明治元年に三島通庸らが、明治3年に田中頼庸らが、1873年(明治6年)に樺山資雄がそれぞれ調査し、翌1874年(明治7年)7月10日、当時の政府によって溝辺(現在の霧島市)の陵がホオリの陵と定められ整備された。これは、これは古事記の「高千穂山の西」という記述に基づいて「高千穂山」を高千穂峰とみなし、高千穂峰の西に「鷹大明神社」があったことから、「鷹」を「高屋」の「タカ」と結びつけたものと考えられている[1]

明治5年5月23日に明治天皇が、1907年(明治40年)10月28日に当時の皇太子(大正天皇)の代理として侍従の有馬純文がそれぞれ参拝した。1920年(大正9年)3月30日には当時の皇太子(昭和天皇)が東郷平八郎を伴って参拝している。1940年代に皇紀2600年記念事業の一つとして東側からの参道が整備された。1962年(昭和37年)5月には当時の皇太子(今上天皇)と皇太子妃(美智子)が参拝した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本歴史地名大系 47 鹿児島県の地名』平凡社、1998年

参考文献[編集]

  • 溝辺町郷土誌編集委員会編 『溝辺町郷土誌』 溝辺町長有馬四郎、1973年
  • 紀元二千六百年鹿児島県奉祝会『神代三山陵に就いて』、紀元二千六百年鹿児島県奉祝会、1940年

関連項目[編集]

座標: 北緯31度49分36.83秒 東経130度41分28.79秒 / 北緯31.8268972度 東経130.6913306度 / 31.8268972; 130.6913306 (高屋山上陵(伝天津日高彦火火出見尊陵))