可愛山陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
可愛山陵

可愛山陵(えのみささぎ)はニニギ天津日高彦火瓊瓊杵尊)の高屋山上陵吾平山上陵とともに神代三山陵の一つ[1]。明治政府により1874年(明治7年)、新田神社(現・鹿児島県薩摩川内市宮内町)境内の神亀山を「可愛山陵」と治定した。ただし、その後の1896年(明治29年)にも「北川陵墓参考地(可愛山陵伝承地)」(可愛岳山麓にある経塚古墳「日向埃山陵」、現・宮崎県延岡市北川町長井)、「男狭穂塚陵墓参考地(可愛山陵参考地)」(西都原古墳群のにある男狭穂塚、現・宮崎県西都市)を定めている。

可愛山陵である新田神社では、神亀山の5分の4が御陵の領域となっている。

概略[編集]

ニニギの陵については、「日本書紀」に「筑紫日向可愛山之山陵」、「延喜式諸陵式」に「日向埃山陵。天津彦瓊瓊杵尊在日向国、無陵戸」(は返り点)とあるが、この陵は延喜式よりも前に中央の官掌を離れて、その所在を単に「在日向国」、また「無陵戸」と表されていた。しかしその祭祀は重んじられ、神代三陵のために山城国葛野郡田邑陵の南の原に方1の地を画して遙拝所に当てられたことがある。

その所在は江戸時代末以来諸説紛々としたが、明治7年(1874年)7月10日、他の日向三代の神の陵とともに勅定があり、大いに修治された[2][3][4]。新田神社の可愛山陵は大正3年(1914年)に宮内省直轄となった。

現在は宮内庁書陵部桃山監区可愛部事務所が置かれ、内閣府事務官が陵墓守部として管理されている。御陵と神社が一体となっているのは全国でも珍しい形態である。大正9年(1920年)3月30日には昭和天皇(当時の皇太子)が参拝、昭和37年(1962年)には今上天皇(当時の皇太子)及び美智子皇后(当時の皇太子妃)が参拝など、皇族の参拝は9回にも及んでいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 奉祝会、1940。
  2. ^ 新田神社(可愛山陵) - 鹿児島県観光サイト 2012年5月28日閲覧。
  3. ^ 新田神社(可愛山陵) - 薩摩川内市観光協会 2012年5月28日閲覧。
  4. ^ 川内地方を中心とせる郷土史と伝説 pp.20-21

参考文献[編集]

座標: 北緯31度49分41.13秒 東経130度17分33.53秒 / 北緯31.8280917度 東経130.2926472度 / 31.8280917; 130.2926472 (可愛山陵(伝天津日高彦火瓊瓊杵尊陵))