球泉洞駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
球泉洞駅*
駅舎。左方の階段から直接ホームに上がる
駅舎。左方の階段から直接ホームに上がる
きゅうせんどう
Kyūsendō
白石 (5.1km)
(4.9km) 一勝地
所在地 熊本県球磨郡球磨村大字一勝地
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 肥薩線
キロ程 34.9km(八代起点)
電報略号 キセ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1942年昭和17年)12月21日*
備考 無人駅
* 1947年に仮乗降場から昇格。1988年に大坂間駅から改称。
テンプレートを表示
ホーム
球泉洞森林館

球泉洞駅(きゅうせんどうえき)は、熊本県球磨郡球磨村大字一勝地にある、九州旅客鉄道(JR九州)肥薩線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。非常に大きなログハウス状の待合所水洗トイレ設置)が置かれている。無人駅。かつては有人駅で駅舎も建っていた。

駅名の「球泉洞」は当駅の北東約1.2kmの場所にある鍾乳洞で、1988年にそれまでの「大坂間」から改称された。同時期に急行「えびの」「くまがわ」の一部が停車するようになり、急行廃止・特急化後も、特急「九州横断特急」が当駅に上下2本停車していたが、2016年3月26日のダイヤ改正で「九州横断特急」が廃止されたため、普通列車のみの停車駅となった。同日から2017年3月4日ダイヤ改正前日まで運行されていた快速列車も停車せず、同日ダイヤ改正で新設された特急「かわせみ やませみ」や「いさぶろう・しんぺい」も停車しない。

駅周辺[編集]

球磨村西端部の芦北町との境界付近の山間部に位置しており、駅周辺には大きな集落はない。

駅前の球磨川の対岸の道路上に産交バスの「松本」バス停がある。

  • 球泉洞 - 徒歩約20分。球泉洞見学者は球泉洞に連絡すれば当駅との間で無料送迎を受けられる。
  • 球泉洞森林館・エジソンミュージアム
  • 熊本県道304号一勝地神瀬線 - 駅前の道路。肥薩線に並行するが、当駅北側では球磨川沿いに通る。
  • 国道219号 - 駅前の球磨川の対岸を肥薩線に並行して通る。当駅周辺部は球磨川バイパスの開通により旧道化。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
肥薩線
快速
通過
普通
白石駅 - 球泉洞駅 - 一勝地駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]