吉田圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田 圭
HC-Kei-Yoshida.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都北区
生年月日 (1984-07-04) 1984年7月4日(34歳)
身長
体重
186 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2002年 ドラフト2巡目
初出場 2006年8月26日
最終出場 2006年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉田 圭(よしだ けい、1984年7月4日 - )は、東京都北区出身の元プロ野球選手内野手)。広島東洋カープに所属していた。

来歴・人物[編集]

帝京高校では3年時に夏の甲子園でベスト4。また予選の東東京大会準々決勝では9回1死までノーヒットノーラン。チームメートの松本高明と共に2002年ドラフト2巡目で広島東洋カープ投手として入団。高校通算18本塁打を放った打力も評価されていた。

しかし、左肩を痛め1年目は治療に専念するも、以前のような投球は出来なくなり、シーズン終了後にコーチから野手転向を勧められ、2年目以降は外野手で1軍定着を目指した。

2006年8月31日巨人戦では一塁手として初スタメンを果たす。

2007年からは、2006年に入団した青木高広が背番号・47を着けたため、それまで苫米地鉄人が着けていた54に変更。 その年、アマチュアと若手の有望選手だけで収集されたプレ五輪日本代表候補にも選ばれ、8月11日に行われた松下電器との練習試合でホームラン、チェコ戦で4番に座りホームラン、中国戦ではツーベースヒット、フランス戦ではビッグイニングを演出するタイムリーヒットなど、国際試合で主軸として大活躍した。

2008年は内野手登録に変更。ウエスタン・リーグでは外野を守る機会がなかった。一塁も松山竜平の加入で控えに回ることが多かった。

2009年10月9日付で戦力外を受けた[1]。シーズン終了後、12球団合同トライアウトに参加したが、獲得する球団は現れず現役を引退。

2010年から広島市内のお好み焼き・鉄板焼きの「五ェ門」で3年間修業後、2013年から丸木唯と「鉄板焼 まるよし」を4月20日にオープンした。[2][3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 広島 16 25 24 1 3 0 0 0 3 2 0 0 0 1 0 0 0 9 0 .125 .120 .125 .245
通算:1年 16 25 24 1 3 0 0 0 3 2 0 0 0 1 0 0 0 9 0 .125 .120 .125 .245

記録[編集]

背番号[編集]

  • 47 (2003年 - 2006年)
  • 54 (2007年 - 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ http://www.carp.co.jp/news09/s-042.html
  2. ^ 元カープ戦士(『比嘉くんブログ』(2013年4月23日))
  3. ^ まるよし(『齊藤悠葵オフィシャルブログ「前後際断」』(2013年4月22日))

関連項目[編集]

外部リンク[編集]