叡南祖賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
叡南 祖賢(撮影/福田徳郎)

叡南 祖賢(えなみ そけん、1903年明治36年)5月15日 - 1971年昭和46年)1月4日)は、天台宗僧侶。千日回峰行大行満大阿闍梨大僧正比叡山延暦寺執行無動寺谷明王堂輪番千日回峰行者。

来歴・人物[編集]

愛知県丹羽郡豊富村(現、一宮市千秋町)の伊藤家の二男として生まれる。1910年(明治43年)、7歳で愛知県西春日井郡賢林寺において密蔵院中村勝契大僧正について得度。同年、愛知県龍光寺住職稲田祖珪の養子となり、名を賢一から祖賢と改名する。

1918年(大正7年)、愛知県の中学校から、比叡山中学校に転校する。1922年(大正11年)、天台宗西部大学に入学。1923年(大正12年)、比叡山無動寺谷玉照院にて四度加行を履修(阿闍梨は叡南覚誠)。1924年(大正13年)、登壇受戒(伝戒師は大僧正の吉田源応)。

1926年(大正15年)、西部大学専修院別科を修了、本科に進学する。1927年(昭和2年)、賢林寺を出て叡南覚誠に師事する。

1930年(昭和5年)、西部大学専修院本科を卒業。原稿用紙2,000枚の卒業論文「台密諸流史の研究」を著し、京都大学松本文三郎からは「きちんと考証すれば学位論文になる価値は十分」と評された。それまで、「峰の白サギ」などと、行ばかりが専一で学問はなおざりと山内の僧から見られていた無動寺が「学・行」の気風を備えることとなった。[要出典]。同年、比叡山の百日回峰行を満行する。

1933年(昭和8年)、叡山学院の講師に任じられる。

1940年(昭和15年)、遷化した三千日回峰行者で大阿闍梨奥野玄順の後を継いで無動寺谷明王堂輪番となる。玄順の遷化で千日回峰行が途絶することを憂慮し[1]、千日回峰と十二年籠山を決意、同年より十二年籠山行に入る。「有り金全部を京都の祇園や大津の料亭でスッカラカンになるまでつこうて」から、刻み煙草二袋とキセルをお供に無動寺谷にのぼった。1941年(昭和16年)、回峰行二百日を満行。1944年(昭和19年)の明王堂参籠(断食断水)満行を経て、1946年(昭和21年)9月19日、千日回峰行を満行する。アメーバ赤痢にかかり何度も雨中に倒れる苦況を克服しての満行だった。11月11日に、満行者にのみ許される京都御所への土足参内をおこなった。この参内は後に弟子となる元伯爵の勧修寺厚顕の奔走で実現した。

1949年(昭和24年)、安楽律院の住職となる。同年、好相行を修して満行。

1951年(昭和21年)、叡南覚誠の養子となり、叡南祖賢に名が変わる。

以降、天台修験道管領(1952年)、延暦寺副執行(1959年)を経て、1963年に比叡山執行となる。この間、1962年に大僧正、1967年に擬講をそれぞれ補任した。1969年に延暦寺長臈に任じられる。

延暦寺無動寺谷明王堂などにおいて数多くの弟子を育てる。戦中から戦後の食糧難の時代に、多数の小僧たちと山中の無動寺で起居をともにした。物に執着せず、せっかく信者が持参した食物なども、訪ねて来た他の信者に分け与えてしまうことがたびたびであった。小僧たちが失敗し貴重な什器などを破損しても、嘘を言わなければとがめることはなかった。一方で、行には厳しさを求めた。弟子・法嗣・寄宿者は百数十名といわれ、比叡山はおろか天台宗興隆の基礎となる人材を育てた。

1953年に明王堂輪番を葉上照澄に譲ってからは、坂本に下りて律院、恵光院、蓮華院止観院竜珠院泰門庵など人手に渡りかけていた里坊の整備を手がけ、延暦寺執行時代には制度の改正、諸堂の営繕などに努めた。当時、坂本では、「和尚さんといえば叡南祖賢大和尚のこと」であった。

1971年(昭和46年)、慈門庵にて遷化(67歳)。

没後の1988年(昭和63年)、坂本・律院の本堂横に銅像が建立された。

弟子・法嗣[編集]

葉上照澄

千日回峰行大行満大阿闍梨、大僧正。東京帝国大学を卒業、大正大学教授をしていたが、敗戦を機に決然として比叡山にのぼり千日回峰行を満行する。祖賢師とは義兄弟の契りを結ぶ仲だった。葉上師は祖賢師を「300年に1人の人材、天海大僧正以来の人物」と評価する。

勧修寺信忍

千日回峰行大行満大阿闍梨、大僧正。祖賢大阿闍梨の御所土足参内に貢献した元伯爵。葉上照澄師に続き千日回峰行を満行

叡南覚照

赤山禅院住職、千日回峰行大行満大阿闍梨、大僧正。1927年生まれ。1960年(昭和35年)、33歳のときに千日回峰行を満行。「赤山の御前さま」と呼ばれる。祖賢師に師事する小僧の筆頭であった。

叡南覚範

毘沙門堂門跡第61世門主、大僧正。天台教学の最高位「探題」に就任。世界連邦日本仏教徒協議会会長。

藤光賢

曼殊院門跡門主、大僧正。佐賀県神埼郡吉野ヶ里町・金乘院住職。

村上光田

信州善光寺長臈、大僧正。比叡山延暦寺東塔院住職、信州善光寺福生院住職。最澄が東山道(現在の中山道)の難所である神坂峠に開いた布施屋(宿泊施設)広拯院を復興し、信濃比叡広拯院を開山した。他、比叡山の諸堂の仏像を数体寄進し、復興に寄与している。

堀澤祖門

三千院門跡門主、大僧正。前叡山学院院長。京都大学学生時代に比叡山にのぼり、仏道をきわめたいと中退し弟子となる。「侍真」として「十二年籠山」を満行。これにより明治以来途絶えていた本格的な十二年籠山比丘が復興した。

中野英賢

比叡山延暦寺観樹院住職、大僧正。堀澤祖門師に続いて十二年籠山を満行。東塔の復興新築に寄与。

叡南俊照
律院・赤山禅院住職。千日回峰行大行満大阿闍梨、大僧正。叡南覚照師の弟子で祖賢師の謦咳にも接している。千日回峰行を満行。
福田徳衍(徳郎)
小学5年(12歳)のときに弟子となり22歳まで祖賢師の元で小僧生活をして過ごす。大学卒業後、朝日新聞の記者・カメラマンとなり、司馬遼太郎街道をゆく』「叡山の諸道」では福田師自身の法華大会(広学竪義)を司馬が御簾ごしに見学し、「すべてが鬱金色のなかに沈んでいる」と表している。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、箱崎文応が満行したのは同じ1940年である。

参考資料[編集]

  • 『叡南祖賢大和尚を偲びて』芝金聲堂、1971年
  • 葉上照澄『道心』春秋社、1971年
  • 福田徳衍「道心の人・叡南祖賢師」『大法輪』、1988年(昭和63年)8月号
  • 長尾三郎『忘己利他』講談社、2002年
先代:
箱崎文応
千日回峰行者(天台宗)
1930年 - 1946年
次代:
葉上照澄