遠山元一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

遠山 元一(とおやま げんいち 1890年7月21日 - 1972年8月9日)は埼玉県出身の実業家日興證券の創業者で初代会長。美術品収集家としても名高い。

経歴[編集]

埼玉県比企郡三保谷村白井沼(現在の川島町)の豪農の家庭に長男として生まれる。母方も川島町の旧家で、外祖父は比企郡の初代郡長も務めた鈴木庸行[1]。父・義三の放蕩により生家が没落したため、高等小学校卒業後、15歳で上京し、当時内務大臣秘書官をしていた遠縁の水野錬太郎の書生になり、南佐久間町の私塾に通った[1]。父の勧めで16歳で東京日本橋兜町の株屋半田商店に雇われ丁稚奉公をする。5年ほど勤めたのち[2]、病弱のため規模の小さい市村商店や平沢商店に転職し、1902年に、病気や没落した一家の先行き不安から、母が通っていた鎌倉メソジスト教会牧師の美山貫一を頼り[3]プロテスタントの信仰に入る。

1918年に独立し、川島屋商店を設立。1920年株式会社に改組。満州事変以来の好況にのって事業は大いに発展し、現在の価値で120億円をかけて[3]1936年に故郷に3000坪の豪邸を建設して生家を再興し、錦を飾る。1938年川島屋證券会社を創業。1944年、川島屋商店を吸収合併。大日本證券投資取締役を経て、1944年、旧日興證券との合併により社長となる。

1948年に新証券取引法案が連合軍総司令部の承認を受け、同法の運用に当たる証券取引委員会が発足し、委員長に徳田昂平、遠山は理事会議長に就任した[4]1950年、米国証券界視察のため、山一證券の小池厚之助、野村證券の平山亮太郎、丸万証券の武田正三らとともに渡米[4]1952年、同社会長に就任。1964年に会長を退くまで戦後日本の証券業界の近代化に尽力し、遠山天皇と呼ばれた。

東京証券取引所理事、経団連評議員・同常任理事、東京商工会議所常任理事、日本証券業協会連合会会長などの要職を歴任。日本棋院理事もつとめ、1964年に大倉喜七郎賞を受賞。1968年、故郷の豪邸を法人化して財団法人遠山記念館とし、敷地内に美術館を建てて長年にわたる貴重な蒐集美術品を収蔵。1971年に川島町名誉町民となる。1972年、入院中の国立第一病院(現・国際医療研究センター)で心不全により没した[4]

長男の遠山一行によると、元一はしばしば人に騙されたが、「だまされてもぐずぐずいわずに一歩しりぞき、しかもまたくりかえしだまされた」という。そして或る時、元一からは「自分は今まで人にだまされることはあっても、人をだますことはしなかった。自分に万一のことがあったら、そういう精神だけはうけついでくれ」と言われたという(『遠山一行著作集』第4巻所収「だまされる相場師」p.113(新潮社1987年)。

親族[編集]

長男の一行音楽評論家。次男の信二指揮者。三男の直道は出版社社長。孫に遠山公一遠山元道遠山正道がいる。従兄に遠山証券(のちに日興証券に吸収)創業者の遠山芳三[5]。芳三邸は三菱電機高輪荘(東京都港区)として現存する[6]。従妹の孫に日興証券社員からチョコレート職人に転じた神田光三[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 第25回 遠山元一(その一)だまされる幸福―人間通の「株屋」が、日興證券を創業する前夜福田和也、『週刊現代』2013年3月23日号
  2. ^ 遠山元一『非常時財界の首脳』 (武田経済研究所, 1938)
  3. ^ a b 第26回 遠山元一(その二)病気に苦しみ人の弱さを実感― 大儲けする陰で「教会」に駆け込んだ福田和也、『週刊現代』2013年3月30日号
  4. ^ a b c 第27回 遠山元一(その三)新聞に躍る言葉「株式ブーム」---一般市民が投資熱に見舞われた時代とは福田和也、『週刊現代』2013年4月6日号
  5. ^ 遠山元一『経済第一線』倉田春一 著 (大鵬書房, 1935)
  6. ^ 三菱電機高輪荘(旧遠山芳三邸)港区ゆかりの人物データベース
  7. ^ 『エリートの転身』高杉良、角川書店

関連項目[編集]

外部リンク[編集]