遠山元一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

遠山 元一(とおやま げんいち 1890年7月21日 - 1972年8月9日)は埼玉県出身の実業家日興證券の創業者で初代会長。美術品収集家としても名高い。

経歴[編集]

埼玉県比企郡三保谷村(現在の川島町)の豪農の家庭に長男として生まれる。父親の放蕩により生家が没落したため、高等小学校卒業後、16歳で東京日本橋兜町の半田商店に雇われ丁稚奉公をする。市村商店や平沢商店に勤務していた時期に度重なる病気で苦しみ、プロテスタントの信仰に入る。1918年に独立し、川島屋商店を設立。1920年株式会社に改組。これら一連の経済的成功により、1936年、故郷に3000坪の豪邸を建設して生家を再興し、錦を飾る。

1938年川島屋證券会社を創業。1944年、川島屋商店を吸収合併。大日本證券投資取締役を経て、1944年、旧日興證券との合併により社長となる。

1950年、米国証券界視察のために渡米。1952年、同社会長に就任。1964年に会長を退くまで戦後日本の証券業界の近代化に尽力し、遠山天皇と呼ばれた。東京証券取引所理事、経団連評議員・同常任理事、東京商工会議所常任理事、日本証券業協会連合会会長などの要職を歴任。1968年、故郷の豪邸を法人化して財団法人遠山記念館とし、敷地内に美術館を建てて長年にわたる貴重な蒐集美術品を収蔵。1971年に川島町名誉町民となる。

日本棋院理事もつとめ、1964年に大倉喜七郎賞を受賞。

長男の一行音楽評論家。次男の信二指揮者。三男の直道は出版社社長。

一行によると、元一はしばしば人に騙されたが、「だまされてもぐずぐずいわずに一歩しりぞき、しかもまたくりかえしだまされた」という。そして或る時、元一からは「自分は今まで人にだまされることはあっても、人をだますことはしなかった。自分に万一のことがあったら、そういう精神だけはうけついでくれ」と言われたという(『遠山一行著作集』第4巻所収「だまされる相場師」p.113(新潮社1987年)。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]