佐々部晩穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々部 晩穂(ささべ くれお、1893年3月26日 - 1979年1月23日)は、日本実業家。元中部日本放送初代社長。元名古屋商工会議所会頭。元大同大学理事。

略歴[編集]

福岡県出身、旧姓・田尻【福岡県士族[1]】。京都帝国大学(現京都大学)を首席(銀時計組)で卒業後、1918年(大正7年)に日本銀行へ入行。1936年(昭和11年)、伊藤銀行(旧東海銀行の前身行、現三菱UFJ銀行)の副頭取に就任。

戦後は松坂屋(現J.フロント リテイリング大丸松坂屋百貨店)・東海銀行・中部日本放送(CBC)の各会長を歴任後、晩年は名古屋商工会議所会頭を務めた。

また、CBC時代には毎日新聞グループの関連施設「毎日中部会館」の発起人を務めたこともある(当該項参照)。

1979年1月23日、85歳で逝去。

長男は佐々部英男 京都大学名誉教授。

実兄 田尻生五は衆議院議員を務めた。

実甥 川越秀治は大同メタル工業(株)専務取締役を務めた。

関連項目[編集]

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三重県・佐々部家の婿養子。