北野貴之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北野 貴之 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キタノ タカシ
ラテン文字 KITANO Takashi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1982年10月4日(33歳)
出身地 北海道札幌市
身長 186cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 セレッソ大阪
ポジション GK
背番号 45
利き足 右足
ユース
1998-2000 北海高校
2001-2002 札幌大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2009 アルビレックス新潟 124 (0)
2010-2014 大宮アルディージャ 134 (0)
2015- セレッソ大阪 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年12月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

北野 貴之(きたの たかし、1982年10月4日 - )は、北海道札幌市出身のプロサッカー選手Jリーグセレッソ大阪所属。ポジションはゴールキーパー

人物・来歴[編集]

北海高校出身で、山瀬功治は高校の1年先輩にあたる。高校1年次の終わり頃にフィールドプレーヤーからGKに転向。

2003年札幌大学を中退しアルビレックス新潟(当時J2)に加入。野澤洋輔木寺浩一に次ぐ第3GKであったが、2006年のJリーグカップ予選リーグ第3節・清水戦(4月26日)で公式戦デビュー。この試合で勝利に貢献すると、続く4月30日のJ1第10節・G大阪戦にも抜擢されJ1デビュー戦を勝利で飾った。以降、負傷欠場したJ1第23節ジュビロ磐田戦を除く全ての公式戦でフル出場し、クラブの「顔」であった野澤から正GKの座を奪取した。この年は公式戦全41試合にフル出場し、チームの躍進を支えた。2008年2009年もほぼ全ての試合にレギュラーとして出場した。

2010年大宮アルディージャに完全移籍。移籍1年目は、前年までの正GK江角浩司を抑えて開幕スタメンを獲得すると、以降一度もレギュラーを譲ることなくリーグ戦全試合フル出場を達成した。続く2011年も正GKの座を守り3年連続のリーグ戦全試合フル出場。2014年大熊清監督の下で[1]出場を続けていたが、4月の神戸戦において右肩関節を亜脱臼し離脱[2]。同年限りで5年間在籍した大宮での契約を満了した。

大宮退団後はフリーの状態が続いたが、2015年8月6日に大熊が強化部長を務める[1]セレッソ大阪への加入が発表された[3]

新潟に入団後ブラジルに3ヶ月間短期留学していた事もあって、日常会話程度のポルトガル語が話せる[4]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
2003 新潟 22 J2 0 0 - 0 0 0 0
2004 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2005 0 0 0 0 0 0 0 0
2006 1 24 0 4 0 2 0 30 0
2007 34 0 6 0 1 0 41 0
2008 32 0 4 0 2 0 38 0
2009 34 0 4 0 4 0 42 0
2010 大宮 34 0 4 0 2 0 40 0
2011 34 0 0 0 1 0 35 0
2012 24 0 2 0 2 0 28 0
2013 27 0 4 0 3 0 34 0
2014 15 0 1 0 1 0 17 0
2015 C大阪 45 J2 0 0 - 0 0 0 0
2016 -
J3 - -
通算 日本 J1 258 0 29 0 18 0 305 0
日本 J2 0 0 - 0 0 0 0
総通算 258 0 29 0 18 0 305 0

脚注[編集]

注釈
出典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]