加賀 (板橋区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 板橋区 > 加賀 (板橋区)
加賀
加賀藩下屋敷跡地(加賀公園)
加賀藩下屋敷跡地(加賀公園)
加賀の位置(東京23区内)
加賀
加賀
加賀の位置
北緯35度45分16.82秒 東経139度43分7.95秒 / 北緯35.7546722度 東経139.7188750度 / 35.7546722; 139.7188750
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Itabashi, Tokyo.svg 板橋区
地域 板橋地域
面積
 • 合計 0.487km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 9,600人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
173-0003[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬(2020年度より板橋)

加賀(かが)は、東京都板橋区町名[4][5]。現行行政地名は加賀一丁目から二丁目。全域で住居表示が実施されている。郵便番号は173-0003[2]

地理[編集]

東京都板橋区の東端部に位置する。北で稲荷台、東で北区上十条及び十条台、南で板橋、西で仲宿と隣接する。町域の中央を東西に石神井川が流れ、東辺にJR鉄道路線が走る。町域内には住宅のほか、多数の中小の工業施設が立地する住工混合市街地を形成している。また、町域北部の加賀二丁目に帝京大学板橋キャンパス、および帝京大学医学部附属病院が置かれている。

歴史[編集]

当該エリアは1871年(明治4年)11月14日浦和県(現埼玉県)から東京府に編入された。1889年には板橋町の一部分となり、1932年からは板橋区板橋町の一部となった。1965年1月1日に板橋区板橋町6~8丁目から加賀が成立した。

地名の由来[編集]

江戸時代加賀藩の約21万坪におよぶ広大な下屋敷があったことに由来する。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
加賀一丁目 1,957世帯 5,083人
加賀二丁目 2,066世帯 4,517人
4,023世帯 9,600人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
加賀一丁目 1〜2番 板橋区立板橋第四小学校 板橋区立板橋第五中学校
3~23番 板橋区立金沢小学校 板橋区立加賀中学校
加賀二丁目 1~20番
21番 板橋区立加賀小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

町域に駅は存在しないが、以下の路線・が利用可能である。

バス[編集]

  • 国際興業バス
    • 東板橋体育館入口・金沢小学校・加賀二丁目・帝京大学病院・加賀一丁目・板橋給水所:王22 帝京大学病院経由 王子駅行き・板橋駅行き

道路・橋梁[編集]

道路
  • 加賀学園通り
橋梁
  • 御成橋
  • 緑橋
  • 加賀橋
  • 金沢橋

施設[編集]

帝京大学板橋キャンパス
一丁目
二丁目

かつて存在した施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁目別世帯数・人口表”. 板橋区 (2017年12月1日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P795
  5. ^ 『いたばしの地名』板橋区教育委員会、1995年、P189-190
  6. ^ 板橋区立小中学校通学区域・小学校隣接校案内”. 板橋区 (2017年7月31日). 2017年12月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]