東京家政大学附属女子中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東京家政大学附属女子中学校・高等学校
Tokyo Kasei University.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人渡辺学園
設立年月日 1881年(和洋裁縫伝習所)
共学・別学 女子校
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 創造コース、躍進コース
学期 3学期制
高校コード 13701E
所在地 173-8602
東京都板橋区加賀一丁目18番1号
公式サイト 東京家政大学附属女子中学校・高等学校 | 「自主自律」~ 未来を拓くしなやかな女性を育てます ~
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京家政大学附属女子中学校・高等学校(とうきょうかせいだいがくふぞくちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都板橋区加賀一丁目にある私立中学校高等学校。似た校名の東京家政学院中学校・高等学校とは系列関係にない。

沿革[編集]

  • 1881年 - 本郷湯島に和洋裁縫伝習所を創立
  • 1892年 - 東京裁縫女学校と改称
  • 1929年 - 東京裁縫女学校を渡辺女学校と改称
  • 1941年 - 渡辺高等女学校となる
  • 1947年 - 学制改革より新制の渡辺女子中学校を併置
  • 1948年 - 新制の渡辺学園女子高等学校を設立し、渡辺高等女学校を廃止
  • 1949年 - 東京女子専門学校が東京家政大学に昇格したことにより、中学校は東京家政大学附属女子中学校、高校は東京家政大学附属女子高等学校と改称

建学の精神[編集]

  • 自主・自律
  • 生活信条として「愛情」「勤勉」「聡明」を掲げる。

制服[編集]

冬服、夏服、盛夏服と分類されていて、冬服はブレザー+セーターまたはベスト+スカート、夏服はセーターまたはベスト+スカート、盛夏服は白襟に紺の一本線の入ったセーラー服+紺無地のスカート。

冬・夏服のリボンタイと盛夏服のネクタイは、高校が紺、中学がエンジ色となっている。冬・夏服のスカートとベストは紺無地とチェック柄で、正装は紺無地を使用するのが決まっている。

靴下は白・紺、黒タイツも使用可。黒タイツ以外すべて学校指定である。

校章の由来[編集]

校章全体のコバルト色の台は、古代の騎士が用いた楯をかたどっている。上部には燃え立つかがり火。下部には羽を広げた白鳩を配する。楯は身を守りつつ前進するための武器であることから、「強固な意志」を表す。四方の闇を照らすかがり火は「叡智と聡明」を、燃え立つ炎は「真心と情熱」を、大空に羽ばたく白鳩は「自由と平和」を象徴し、かつ「純潔」を意味している。(卒業生の会員名簿に記載された記述を参照しています。)

クラブ活動[編集]

高等学校(中高合同部有り)[編集]

など

著名な出身者[編集]

交通[編集]

東京家政大学附属女子中学校・高等学校の位置(東京都区部および多摩地域内)
東京家政大学附属女子中学校・高等学校

関連項目[編集]

外部リンク[編集]