六土開正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
六土 開正
出生名 六土 開正
別名 六ちゃん
生誕 (1955-10-01) 1955年10月1日(61歳)
日本の旗 日本北海道旭川市
出身地 日本の旗 日本
職業 ベーシスト
キーボーディスト
ピアニスト
作曲家
ミュージシャン
担当楽器 ベース
活動期間 1982年 -(安全地帯
レーベル キティレコード
ソニー・ミュージック
ユニバーサルミュージック
(安全地帯)
事務所 MUSICAL FARMERS PRODUCTION
共同作業者 安全地帯
公式サイト 安全地帯公式サイト
オールマン・ブラザーズ・バンド

六土 開正(ろくど はるよし、1955年10月1日 - )は、日本ベーシストキーボーディスト作曲家ミュージシャン血液型はA型。

北海道稚内市出身。1977年からロックバンド安全地帯」で、ベースピアノキーボードを担当する。

来歴[編集]

幼少・青少年期[編集]

  • 1971年から~1972年北海道旭川市で年上連中とバンド活動を行なう。ベース担当で、同年代でも演奏技術は優れていた。市内にある『マチイ楽器店』と『クニハラ楽器店』に出入りの際、中学同級生バンドの矢萩渉田中裕二と知り合う。田中が事故の骨折による入院の際は、見舞う間柄だった。
  • 1973年、バンドが解散し、新たに結成した『六土開正バンド』に矢萩と田中が参加。オールマン・ブラザーズ・バンドなどのサザン・ロックを主体にコピー演奏活動をしていた。
  • 1974年1976年、音楽コンテストに出場する中で、玉置浩二率いる『安全地帯』と親交を深める。
  • 1977年、安全地帯と合併する。洋楽コピーバンドの『六土開正バンド』の演奏技量とオリジナル楽曲バンドの『安全地帯』の楽曲制作能力に相互に惹かれ合った結果で、安全地帯の原型が完成する。
  • 1978年、安全地帯のメンバー、宮下隆宏の脱退により、キーボードからベース担当となる。
  • 1981年、安全地帯は井上陽水のコンサートツアーのバックバンドに抜擢され、上京する。

バンド『安全地帯』デビュー[編集]

作曲家、サポート・ベーシスト活動期[編集]

  • 1988年、安全地帯が活動休止を宣言。ファミリーコンピュータ用ソフト『貝獣物語』のサウンドトラックを発表する。以降もゲームソフトの音楽制作を行なう。
  • 1990年、安全地帯の活動再開。洗練された都会的ロック指向から野性味のあるロックを目指し、社会問題からメッセージソングも取り入れた。
  • 1991年ファミリーコンピュータ用ソフト『じゅうべえくえすと』の音楽制作。
  • 1993年、安全地帯23rd.シングル『ひとりぼっちのエール』発売以降、再度活動休止。
  • 1994年、音楽性を模索する安全地帯のバンドリーダーの玉置のソロ活動に参加した。また、スーパーファミコン用ソフト『大貝獣物語』の音楽を制作する。
  • 1996年、スーパーファミコン用ソフト『大貝獣物語II』のサウンドトラックを発売する。
  • 1998年、安全地帯の活動再開を玉置が強く望み、ソロコンサートツアーにメンバーが集結。
  • 1999年、バンド活動再開には至らないものの、玉置が安全地帯の楽曲集としてソロアルバム『ワインレッドの心』を発表する。六土はスタジオ・ミュージシャンとして参加している。また、ドリームキャスト用ソフト『エレメンタルギミックギア』の音楽を制作する。

バンド『安全地帯』再始動[編集]

  • 2001年、安全地帯の新譜録音に向けてメンバーが集結する。
  • 2002年、安全地帯24th.シングル「出逢い」発売で、9年ぶりに活動再開。
  • 2003年、安全地帯10th.アルバム『安全地帯X〜雨のち晴れ〜』を発表し、コンサートツアーを開催する。
  • 2004年、安全地帯の活動休止。ギタリストの武沢豊の事故後の経過観察も影響した。以降は、メンバー個々の活動に入り、六土は音楽活動を離れ、サラリーマン生活を送ることになった。
  • 2009年、急性膵炎で2年間療養していた玉置が音楽活動再開を決意するにあたり、安全地帯のメンバーを招集。新譜制作・録音に向けて、合宿生活を始める。音楽活動の長期間ブランクから演奏に不安を感じていたが、いざ楽器を手にすると自然と体が思いだしたと述べている。
  • 2010年、安全地帯27th.シングル『蒼いバラ』発売。レコード会社をソニー・ミュージックからユニバーサルミュージックへ復帰。完全復活を宣言し、往年の楽曲にも意欲的に取り組んでいる。また、1960年代から1970年代にかけての洋楽に造詣が深いため、6月30日にユニバーサルミュージックから発売される『ニッポン洋楽ヒッツ!ORICON洋楽ヒット・チャート・コンピレーション1968-1979/V.A.』では楽曲の解説を担当している。
  • 2013年、安全地帯14th.アルバム『安全地帯XIV - The Saltmoderate Show -』にて『ただいま…おかえり』の作曲を担当した。
  • 2015年2016年、玉置のソロツアー『玉置浩二 〜故郷楽団 Concert Tour 2015〜』『玉置浩二コンサートツアー2016~AMOUR~』にサポートメンバーとして帯同。
  • 2017年4月29日、安全地帯のメンバーである矢萩渉と武沢豊よるギターユニット「ワタユタケ」が羽田空港ティアットスカイホールにて開催したスペシャルライブ「CLUB CITTA' PRESENTS ワタユタケ TWIN GUITAR ~春の宴~ -スペシャル 2SHOWS-」と並行して行われた安全地帯メンバーによるトークショーに参加。5月31日には安全地帯のデビュー35周年を記念した初のオールタイム・ベストアルバム『ALL TIME BEST』が発売されたと同時に、グループとしては4年振りとなるツアー(日本武道館2daysならびに香港公演)の開催が発表された。

主な音楽活動[編集]

楽曲提供[編集]

サポート・ミュージシャンとして参加したアーティスト[編集]

  • 井上陽水 1981年~1983年、安全地帯としてバックバンドを担当。

外部リンク[編集]

安全地帯オフィシャルサイト