仁川級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仁川級フリゲート
20130626 대한해협 전승행사 (4) (9460603621).jpg
概歴
艦種 フリゲート・護衛艦(FF)
建造期間 2008年 -
就役期間 2013年 -
前級 蔚山級フリゲート
浦項級コルベット
次級 (最新)
要目[1]
排水量 軽荷: 2,300 t
満載: 3,251 t
全長 114 m
全幅 14 m
吃水 4 m
機関 CODOG方式
MTU 20V956 TB92ディーゼル 2基
LM2500ガスタービンエンジン
(25 MW/34,000 hp)
2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 最大30ノット
航続距離 4,300海里 (18ノット巡航時)
乗員 140名
兵装 Mk.45 mod.4 5インチ単装砲 1基
ファランクスBlk.1B 20mmCIWS 1基
RAM Blk.1近SAM 21連装発射機 1基
海星SSM 4連装発射筒 2基
天竜英語版韓国語版SLCMVLS (4セル) 2基
3連装短魚雷発射管
(K745「青鮫」英語版韓国語版用)
2基
艦載機 AW159 哨戒ヘリコプター 1機
C4I KNTDSリンク 11/16
レーダー SMART-S Mk.2 3次元式 1基
CEROS 200スウェーデン語版 砲射撃指揮用 1基
ソナー タレス社製 船首装備式 1基
電子戦
対抗手段
SLQ-200(V)K 電波探知妨害装置
K-DAGAIE Mk.2 デコイ発射機
SLQ-261 魚雷デコイ

仁川級フリゲート(インチョン級フリゲート、朝鮮語: 인천급 호위함: Incheon-class frigate)は大韓民国海軍フリゲート進水前はFFXとも呼ばれた。

概要[編集]

東海級コルベット浦項級コルベット蔚山級フリゲートを代替するために計画された沿海哨戒用のフリゲートである。主に北朝鮮との緊張が続く北方限界線付近にコムドクスリ級ミサイル艇と共に配備される。中長期的には竹島問題を睨んで鬱陵島に配備する構想もある。

当初は3,000トンクラスのフリゲートを24隻建造する計画であったが、計画が進捗するに従って2,700トンへと船体規模が縮小し、ネームシップ進水時点では、バッチ1としてひとまず2,300トンクラスで6隻建造されることが決定されている。2008年に現代重工業が第一次FFXの建造を受注することが決定、当初は2015年までにバッチ1の6隻全艦が引き渡される予定であったが、これは大幅に遅延し[1]、2011年4月にネームシップが進水、2013年1月17日に海軍に引き渡された[2]

また、主機関をディーゼルエンジン×2基およびロールス・ロイス MT30ガスタービンエンジン(36–40MW/48,000–54,000hp)×1基によるCODAG方式に変更、垂直発射型艦対空ミサイルを搭載するなどの改正を加えた、バッチ2を9隻追加建造し、最終的には計20隻以上を建造することも予定されているが、これについては実現困難との指摘もある[1]。

1隻あたりの建造費は約120億円(1,100億ウォン)[3]

同型艦[編集]

# 艦名 建造 進水 就役
FFG-811 仁川(インチョン)
ROKS Incheon
現代重工業 2011年
4月29日
2013年
1月17日[2]
FFG-812 京畿(キョンギ)
ROKS Kyonggi
2013年
7月18日[4]
2014年
11月4日
FFG-813 全北(チョンブク)
ROKS Jeonbuk
2013年
11月13日
2015年
1月5日
FFG-815 江原(カンウォン)
ROKS Gangwon
STX造船海洋 2014年
8月12日[5]
2015年後半
FFG-816 忠北(チュンブク)
ROKS Chungbuk
2014年
10月23日[6]
2015年末
FFG-817 光州(クァンジュ)
ROKS Gwangju
2015年
8月11日
2017年初頭

艦名は、大韓民国の地方行政区画から採られている。

事件・事故[編集]

  • 2014年、韓国軍全体の納入品偽装問題が明らかになる過程で、仁川級も本来フランス製であるべき電子機器冷却ファンなどが、台湾製にすり替えられていた事実が発覚している[7]
  • 2015年、本来ドイツ製であるべき操舵機のオイルポンプが、韓国製にすり替えられていた事実が発覚した。また数々の納入品偽装問題に関与したとされる元海軍参謀総長が、STXグループから7億ウォンを受け取り、本艦級に同社のディーゼルエンジンを採用するよう便宜を図った疑惑で拘束された[8]
  • 2015年、「FFG-815江原」の建造では複数の不良施工が発覚している。同艦の試験運行中に錨が突然落下しバウソナーのカバーを破壊したが、これは本来2つあるはずの錨を固定する固定ピンが1つしか取り付けられていなかったことに起因するものであった。また、艦内の配管の継ぎ目に必要な補強も行われておらず、配管は溶接だけで接合されていた[3]

出典[編集]

外部リンク[編集]