214型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
214型潜水艦
Chegada do submarino NRP Tridente à Base Naval do Alfeite.jpg
NRP トリデンテ
基本情報
種別 通常動力攻撃型潜水艦
運用者  ギリシャ海軍
 大韓民国海軍
 ポルトガル海軍
 トルコ海軍
要目
基準排水量 1,700t
水中排水量 1,980t (ギリシャ)
1,860t (韓国)
2,020t (ポルトガル)
全長 65m
67.7m (ポルトガル)
最大幅 6.3m
6.35m (ポルトガル)
吃水 6m
6.6m (ポルトガル)
主機 ディーゼルエンジン:
MTU 16V 396×2 (6.24MW) (ギリシャ)
MTU 16V 396×1 (3.12MW) (韓国)
AIP:
HDW PEM燃料電池×2 (240kW) (ギリシャ)
HDW PEM燃料電池×9 (306kW) (韓国)
電動機: シーメンス Permasyn×1 (2.85MW)
最大速力 水上:12 ノット (22 km/h)
10 ノット (19 km/h) (ポルトガル)
水中:20 ノット (37 km/h)
(燃料電池): 2~6ノット
航続距離 水上: 22,000km (12,000海里)
水中: 770km (420海里) / 14km/h (8ノット)
燃料電池による航続距離: 2,300km (1,248海里) / 7km/h (4ノット)
潜航深度 400m
乗員 27名
兵装 533mm魚雷発射管×8
(魚雷16発、12発 (ポルトガル))
ハープーンSSM
天竜英語版朝鮮語版CM (韓国[1])
テンプレートを表示

214型潜水艦 (U-Boote der Klasse 214) はドイツホヴァルツヴェルケ=ドイツ造船(HDW)により開発された輸出用の通常動力型潜水艦

概要[編集]

ドイツ本国向け(但しイタリアも採用を許されている)の212型の準同型艦だが、排水量がより大きく、耐航性を強化している。燃料電池方式の非大気依存推進機関を搭載する。流線型のセイルX字潜舵を採用した独特なスタイルの212型とは異なり、流線型のセイルこそ採用したが他はベストセラー輸出潜水艦である209型に近い保守的な外観である。

輸出[編集]

ギリシャ[編集]

2000年2月15日、ギリシャ海軍と3隻を建造する契約を結び、2002年6月に4隻目の注文を受けた。最初の船はキールのHDWで建造され、残りはアテネギリシャ造船所が建造する。しかし、この1番艦の試験では水漏れなどの深刻な問題が発生しており、ギリシャ側が引き受けを拒否する事態となった[2]

2008年ドイツ連邦国防省によって1番艦「パパニコリス」に問題がないことが発表され、209型潜水艦の近代化改修に代わって合計で6隻の214型を建造する契約が結ばれた[3]。パパニコリスを除いてギリシャの造船会社でライセンス生産され、2010年11月2日に「パパニコリス」はギリシャ海軍へ引き渡された[4]

韓国[編集]

韓国は3隻の214型を発注し、同国の現代重工業で建造している。 また、追加で6隻を建造することも決定した[5]

2006年6月9日に1番艦の「孫元一」が進水[6]したものの、スクリューが発生する騒音が大きく推進軸を交換することになった[7]2007年6月13日に2番艦の「鄭地」が進水[8]2008年6月4日に3番艦の「安重根」が進水[9]2009年12月1日就役した。

2011年、韓国メーカーがライセンス生産した艦橋と甲板をつなぐボルトに欠陥があったため、本艦級が運用停止措置にされていたことが判明した。ドイツのHDW社から技術者を呼び、2010年6月から2011年2月にかけて改善工事をし、この問題は解決したという。

2012年11月、1番艦の「孫元一」が2011年4月より、原因不明の騒音のため修理を実施していることが明らかになった。[10]ドイツより技術陣を呼び対策を行っているが、20ヶ月経った時点でも解決しなかった。一説によればドイツに無断でブラックボックスの解体を行った挙句、元に戻せなくなったという[11]

2014年10月、韓国SBSは、本来なら孫元一級は数週間海中で作戦行動を行なえる性能を有しているはずにもかかわらず、実際には燃料電池の不具合から連続潜航が可能な期間は数日に過ぎなかったと報じた。孫元一級3隻の燃料電池は、海軍が購入する前からすでに不具合が判明していたにもかかわらず海軍はこれを3隻購入し、その後も燃料電池は102回も停止したという。防衛事業庁は進水してから6年が経過した2013年、燃料電池の冷却システムに問題を見つけ、2014年上半期に修理を終えたと明らかにし、同年10月から燃料電池が深海で10日以上動作するか再検証する予定だという[12]

2015年9月、海軍に引き渡された4番艦までの全ての艦の水中騒音が基準値より40デシベル超過していたことが判明した。解決の見込みが立っていないため以降に引き渡す潜水艦についても作戦要求性能に水中騒音基準を含ませていないことが判明した[13]。また、韓国メーカーが製作した3番艦「安重根」のスクリューに151個の亀裂が発生していたことが2014年9月の段階で判明していたことが発覚した[14]

ポルトガル[編集]

ポルトガルのトリデンテ級(209PN型)は、名称こそ209型だが214型に準じ類似点も多いことから214型の派生型と見る向きが多い。

トルコ[編集]

パキスタン[編集]

パキスタン海軍は、2008年に214型潜水艦3隻をパキスタン国内で建造する計画について交渉していた。HDWの担当者はIDEAS2008において、契約は95パーセントまで進んでいると述べていた[15][16]。1番艦は建造契約に合意後、64ヶ月でパキスタン海軍に引き渡される予定であったが、契約の締結は2年以上先延ばしにされた後に破棄され、パキスタンは中国船舶重工国際貿易有限公司と新たに設計される潜水艦の導入について新しい交渉を開始した[17]

同型艦[編集]

S-160トリデンテ(船台上)とS 120パパニコリス
同型艦一覧
運用国 # 艦名 建造所 起工 進水 就役
 ギリシャ海軍 S 120 パパニコリス
Papanikolis
HDW 2001年
2月
2004年
4月
2005年
10月
S 121 ピピノス
Pipinos
ギリシャ造船所英語版 2003年
2月
2006年
11月
2008年
7月
S 122 マトロゾス
Matrozos
2004年
2月
2007年
11月
2009年
7月
S 123 カタソニス
Katsonis
2005年 2007年 2010年
7月
 大韓民国海軍
孫元一級
SS-072 孫元一
Son Won-il
現代重工業 2002年
10月
2006年
6月9日
2007年
12月27日
SS-073 鄭地
Jeon Gji
2004年 2007年
6月13日
2008年
12月2日
SS-075 安重根
An Jung-geun
2008年
6月4日
2009年
12月1日
SS-076 金佐鎮
Kim Chwa-chin
大宇造船海洋 2009年 2013年
8月13日[18]
2014年
12月30日
SS-077 尹奉吉
Yoon Bong-gil
現代重工業 2010年 2014年
7月3日[19]
2016年
6月21日
SS-078 柳寛順
Ryu Gwan-sun
大宇造船海洋 2011年 2015年
5月7日[20]
2017年
7月10日
SS-079 洪範図
Hong Beom-do
現代重工業 2012年 2016年
4月5日[21]
2017年
7月
SS-081 李範奭
Lee Beom-seok
大宇造船海洋 2013年 2016年
11月8日[22]
2018年
前半
SS-082 申乭石
Shin Dol-seok
現代重工業 2014年 2017年
9月7日[23]
2019年
 ポルトガル海軍
トリデンテ級(209PN型)
S-160 トリデンテ
NRP Tridente
HDW 2005年 2010年
1月
S-161 アルパオン
NRP Arpão
2005年 2010年
12月
 トルコ海軍
レイース級
ピーリー・レイース
TCG Piri Reis
ギョルジュク海軍造船所 2015年
10月
フズル・レイース
TCG Hızır Reis
ムラト・レイース
TCG Murat Reis
2018年
2月25日
アイドゥン・レイース
TCG Aydın Reis

脚注[編集]

  1. ^ 국산 잠대지 미사일 서해 배치...사거리 300kmYTN 2010年12月10日
  2. ^ 韓国が導入するドイツ製潜水艦、ギリシャは瑕疵を理由に拒否」、中央日報(日本語版)、2006年11月15日。
  3. ^ Fish, Tim. "Greek submarine force could go under as TKMS cancels two contracts". Jane's News. 2009年9月23日.
  4. ^ Rosamond, Jon. "First Greek Type 214 submarine finally enters service". Jane's News. 2010年11月05日.
  5. ^ 韓国、2020年までに潜水艦保有台数を18隻に倍増」、朝鮮日報インターネット版(日本語版)、2006年1月5日。
  6. ^ 韓国海軍、国産AIPS潜水艦配備…北東アジア初」、朝鮮日報インターネット版(日本語版)、2006年6月11日。
  7. ^ 最新鋭潜水艦「孫元一艦」に重大欠陥」、朝鮮日報インターネット版(日本語版)、2008年3月15日。
  8. ^ 韓国最大の潜水艦「鄭地艦」進水式」、朝鮮日報インターネット版(日本語版)、2007年6月14日。
  9. ^ 韓国海軍の潜水艦「安重根艦」が進水」、朝鮮日報インターネット版(日本語版)、2008年6月5日し
  10. ^ 韓国軍:海軍の主力潜水艦、20カ月も修理中」、朝鮮日報インターネット版(日本語版)、2012年11月2日。
  11. ^ http://www.sankeibiz.jp/express/news/131215/exd1312150010001-n4.htm
  12. ^ 軍 최신예 잠수함 '잠항 능력 낙제'…알고도 인수 韓国SBS 2014年10月9日
  13. ^ 돈으로 때운 1800톤급 ‘소음’ 잠수함 실전 배치 KBS 2015年9月19日
  14. ^ 해군 잠수함 '안중근함' 불량 프로펠러 장착됐다 segye.com 2015年09月22日
  15. ^ Global Naval Forces - News and Defence Headlines - IHS Jane's 360”. 2014年12月19日閲覧。
  16. ^ Satisfied with COAS Gen. Kayani performance: PM Gilani”. PakTribune. 2011年12月27日閲覧。
  17. ^ Defense News, March 14, 2011, p. 1
  18. ^ 韓国潜水艦「金佐鎮」が進水 2015年実戦配備”. 聯合ニュース (2013年8月13日). 2013年8月13日閲覧。
  19. ^ 潜水艦「尹奉吉」が進水=韓国”. 中央日報 (2014年7月4日). 2014年7月4日閲覧。
  20. ^ 韓国の最新鋭潜水艦「柳寛順」が進水 女性独立運動家から命名”. 聯合ニュース (2015年5月7日). 2015年5月9日閲覧。
  21. ^ 韓国海軍の最新鋭潜水艦が進水 来年実戦配備”. 聯合ニュース (2016年4月5日). 2016年4月7日閲覧。
  22. ^ 韓国海軍の潜水艦「李範奭」が進水 独立運動家から命名”. 朝鮮日報 (2016年11月8日). 2016年11月8日閲覧。
  23. ^ 韓国海軍の最新鋭潜水艦「申乭石」が進水 2019年に作戦配備”. 聯合ニュース (2017年9月7日). 2017年9月10日閲覧。

関連項目[編集]

同時期・同規模の通常動力型潜水艦

外部リンク[編集]