UボートUB型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

UボートUB型第一次世界大戦で用いられたドイツ海軍の沿岸型潜水艦Uボート)の艦級。

概要[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国海軍U-10となったUB1

UBI、UBII、UBIIIの3つに細分化されるが、それぞれの排水量はかなり異なり、航続距離や武装も異なる。

UBI型一番艦のUB1は1914年に発注され、翌年1月29日に就役した。UBI型の全建造数は17隻であり、146隻の船を沈め、8隻が撃沈された。それなりの戦果が得られたUBI型であるが、魚雷搭載数が少なく航続距離もないため非効率であった。

この点を改善すべく設計されたのがUBII型で、魚雷搭載数は倍になり、航続距離も伸びた。一番艦の就役が1915年8月21日で翌年にかけて30隻が就役し、819隻を撃沈し、21隻が撃沈された。大きな戦果を得た艦級であるが、被害も多かった。これは、艦砲を利用する攻撃が可能なため、高価かつ数が限られた魚雷を惜しんで艦砲で攻撃する機会が多く、返り討ちに遭って被害を大きくさせたと考えられる。特に民間船の場合はUボートは浮上して警告を与えた上で攻撃しており、英国はそれを逆手にとってQシップのような対潜水艦用の偽装商船で対抗している。

UBIII型はUBII型よりもさらに航続距離、排水量共に大きく、当初意図した沿岸型ではなくなっていた。UBIII型は89隻が就役し、40隻が撃沈された。戦争末期であったこともあり、大きな戦果は残せていない。降伏した船は鹵獲されて連合国で分配された。また、この船の優秀な設計は後のI型潜水艦に受け継がれた。

第一次世界大戦中、UBI型については2隻がオーストリア=ハンガリー帝国海軍に売却されたほか、同国内で同型艦3隻が建造され、売却艦と併せて同国海軍のU-10級潜水艦となった[1]。また、UBII型についても2隻が同国海軍に編入されてU-43級潜水艦となり、さらに改良型のU-27級潜水艦8隻が同国内で建造されている[1]

諸元(UB I 型)[編集]

UB I
  • 全長: 28.1m
  • 全幅: 3.0m
  • 排水量: 水上127トン、水中142トン
  • 最大速力: 水上6.5kt、水中5.5kt
  • 水中航続距離: 83.3km(45海里)/4kt
  • 水上航続距離: 3,050km(1,650海里)/5kt
  • 兵装: 45cm魚雷発射管×2、機銃、魚雷×2
  • 乗組員: 14人

諸元(UB II 型)[編集]

  • 排水量: 水上263–279 t (259–275 long tons) 、水中292–305 t (287–300 long tons)
  • 全長: 36.13–36.90 m
  • 全幅: 4.36 m
  • 喫水長: 3.66–3.75 m
  • 機関: Körting, ダイムラー or ベンツ ディーゼルエンジン, 270–284 PS (199–209 kW; 266–280 bhp)

Siemens-Schuckert 電動機, 280 PS (206 kW; 276 shp)

Propulsion: 1軸, 1 1.15 m (3 ft 9 in) propeller

  • 最大速度: 水上8.82–9.15 knots (16.33–16.95 km/h; 10.15–10.53 mph)、水中5.71–6.22 knots (10.57–11.52 km/h; 6.57–7.16 mph)
  • 航続距離: 水上6,450–7,200 nmi (11,950–13,330 km; 7,420–8,290 mi) at 5 knots (9.3 km/h; 5.8 mph)、水中45 nmi (83 km; 52 mi) at 4 knots (7.4 km/h; 4.6 mph)
  • 最大深度: 50 m (160 ft)
  • 乗員: 2 officers, 21 men
  • 兵装:
    • 50 cm 艦首魚雷発射管×2、同 外装式艦尾魚雷発射管×2
    • 甲板に5 cm 砲もしくは8.8 cm 砲×1

諸元(UB III 型)[編集]

  • 排水量: 水上508–555 t (500–546 long tons) 、水中629–684 t (619–673 long tons)
  • 全長: 55.30–57.80 m

40.10 m (pressure hull)

  • 全幅: 5.76–5.80 m
  • 喫水長: 3.67–3.85 m
  • 機関: 6気筒 ディーゼルエンジン, 1,060–1,100 PS (780–809 kW; 1,045–1,085 shp)、電動機, 788 PS (580 kW; 777 shp)

Propulsion: 2軸, 2 1.40 m (4 ft 7 in) propellers

  • 最大速度: 水上13.2–13.9 knots (24.4–25.7 km/h; 15.2–16.0 mph)、水中7.4–8 knots (13.7–14.8 km/h; 8.5–9.2 mph)
  • 航続距離: 水上7,120–9,090 nmi (13,190–16,830 km; 8,190–10,460 mi) at 6 knots (11 km/h; 6.9 mph) 、水中50–55 nmi (93–102 km; 58–63 mi) at 4 knots (7.4 km/h; 4.6 mph)
  • 最大深度: 50 m (160 ft)
  • 乗員: 3 officers, 31 men
  • 兵装:
    • 50 cm 艦首魚雷発射管×4、同 艦尾魚雷発射管×1、10本
    • 甲板に8.8 cm 砲もしくは10.5 cm 砲×1

脚注[編集]

  1. ^ a b 森野哲夫 「第一次大戦におけるオーストリア潜水艦」第1回

参考文献[編集]

  • 森野哲夫 「第一次大戦におけるオーストリア潜水艦」第1回(『世界の艦船』2015年7月号(No.818) pp.100-107 掲載)