212A型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
212A型潜水艦
Salvatore Todaro (S-526).jpg
基本情報
種別 攻撃型通常動力潜水艦
建造所 ドイツの旗 HDW
ドイツの旗 ノルトゼーヴェルケ
イタリアの旗 フィンカンティエリ
運用者  ドイツ海軍
 イタリア海軍
建造期間 1999年 -
就役期間 2005年 -
建造数 10隻
前級 ドイツの旗206型潜水艦
イタリアの旗ナザリオ・サウロ級潜水艦
次級 最新
要目
基準排水量 1,450t
水中排水量 1,830t
全長 57m
最大幅 7m
吃水 6m
機関方式 ディーゼル・エレクトリック方式
主機 電動機: シーメンス Permasyn×1基 (1,700kW)
推進器 ハイスキュー・プロペラ 1軸
電力 ディーゼルエンジン:
MTU 16V 396×1 (3.12MW)
AIP: HDW PEM燃料電池
U31: 30-40kW×9基
U32以降: 120kW×2基
最大速力 水上: 12ノット
水中: 22ノット
航続距離 水上: 8,000 海里 (15,000 km)/8ノット時
水中: 420 海里 (780 km)/8ノット時
乗員 27名
兵装 533mm魚雷発射管×6:(魚雷×12または機雷×24)
テンプレートを表示

212A型潜水艦ドイツ語:U-Boote der Klasse 212)は、ドイツが開発したAIP搭載通常動力型潜水艦

概要[編集]

ドイツ海軍のほか、イタリア海軍で運用されている。ドイツ海軍ではU-31からU-36までの6隻が就役済みで、イタリア海軍でも「サルヴァトーレ・トーダロ」、「シレ」の2隻が就役済みである。

本艦級の特徴はAIPにPEM燃料電池を採用することによって数週間の潜水が可能である点と、水中での高度な機動性確保のため舵がX舵である点。

2017年2月3日、ノルウェーとドイツおよびドイツ海軍は戦略的パートナーシップを締結することになり、ウーラ級潜水艦の後継として212型NGを4隻調達することを決定した。同協定の一環として、ドイツは同じ構成の艦を2隻購入する予定である[1]

ドイツ[編集]

2017年10月20日のDefenseNewsによると、2017年10月15日にドイツ海軍で唯一稼働していたU-35がノルウェー沿岸で潜水中にX舵の1枚が故障して造船所に送られた。これによりドイツ海軍の保有している6隻の潜水艦全てが運用不能状態に陥った。少なくとも2017年12月までこの状態が続くとみられる[2]

U-31:2017年12月まで工廠入り。

U-32:故障中。造船所でメンテナンス待ち。

U-33:2018年2月までメンテナンス中。

U-34:故障中。造船所でメンテナンス待ち。

U-35:被害の程度を調査中

U-36:2018年5月までメンテナンス中。

同型艦[編集]

同型艦一覧
国名 # 艦名 建造所 起工 進水 就役
 ドイツ海軍 S181 U-31 HDW 1998年
7月1日
2002年
3月20日
2005年
10月19日
S182 U-32 ノルトゼーヴェルケ 2000年
7月11日
2003年
12月4日
2005年
10月19日
S183 U-33 HDW 2001年
4月30日
2004年
9月
2006年
6月13日
S184 U-34 ノルトゼーヴェルケ 2001年
12月
2006年
7月
2007年
5月3日
S185 U-35
U 35
HDW 2007年
8月21日
2011年
11月15日
2015年
3月23日
S186 U-36
U 36
2008年
8月19日
2013年
2月6日
2016年
10月10日
 イタリア海軍 S526 サルヴァトーレ・トーダロ
Salvatore Todaro (S-526)
フィンカンティエリ
ムッジャーノ造船所
1999年
7月3日
2003年
11月6日
2006年
6月29日
S527 シレ
Sciré (S-527)
2000年
5月27日
2004年
12月18日
2007年
2月19日
S528 ピエトロ・ヴェヌーティ
Pietro Venuti (S-528)
2009年
12月9日
2014年
10月9日
2016年
7月6日
S529 ロメオ・ロメイ
Romeo Romei (S-529)
2012年 2015年
7月4日
2017年
5月11日

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]