大邱級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大邱級フリゲート
概歴
艦種 フリゲート・護衛艦(FF)
建造期間 2016年 -
就役期間 2018年 -
前級 仁川級
次級 (最新)
要目 (バッチ2)
排水量 軽荷: 2,800 t
満載: 3,592 t
全長 122 m
全幅 14 m
吃水 4 m
機関 CODLAG方式
MTU 12V1163 TB83ディーゼルエンジン 2基
ロールス・ロイスMT30ガスタービンエンジン 1基
スクリュープロペラ 2軸
速力 最大30ノット
航続距離 4,500海里
乗員 140名
兵装 Mk.45 mod.4 5インチ単装砲 1基
ファランクスBlk.1B 20mmCIWS 1基
海弓英語版朝鮮語版中SAM 4連装発射筒
海星SSM 4連装発射筒 2基
赤鮫対潜ミサイル 2基
3連装短魚雷発射管
(K745「青鮫」英語版朝鮮語版用)
2基
艦載機 AW159 哨戒ヘリコプター 1機
C4I
ソナー
電子戦
対抗手段

大邱級フリゲート(テグきゅうフリゲート、: Daegu-class frigate)は大韓民国海軍のフリゲート。沿岸防備中核戦力となっている前級仁川級フリゲートを元に改良型であるバッチ2型で9隻建造予定。

推進機関は、ガスタービン機関とディーゼルエンジンを動力にする発電モーターを組み合わせたハイブリッド式システムを採用[1]するも、建造価格低減のためガスタービン機関をLM2500×2基からロールス・ロイスMT30×1基に変更された。また、武装は国産の個艦防空ミサイルおよびK-ASROC対潜ミサイルのためのVLSが装備されるなど、大規模な設計変更が行われている。建造費は3200億ウォン[2]

ネームシップの大邱は2019年1月から4月末時点まで推進器の故障によりドックに係留中である。スクリューが海底や海中物体に接触して破損した運用上の故障であったのか、設計や建造の問題を原因とする故障であったのか確認中である[2]

同型艦[編集]

艦名は、大韓民国の地方行政区画から採られている。

# 艦名 建造 進水 就役
FFG-818 大邱(テグ)
ROKS Daegu
大宇造船海洋 2016年
6月2日[3]
2018年
3月6日[4]
FFG-819 慶南(キョンナム)
ROKS Gyeongnam
2019年
6月21日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ソナーなし、エンジン不調…問題山積の韓国製兵器システム”. 朝鮮日報 (2019年5月6日). 2019年5月8日閲覧。
  2. ^ a b [단독 해군 신형 호위함 석 달째 고장..자체 책임 '나 몰라라'] KBS 2019年4月29日
  3. ^ [1]「韓国最新のフリゲート艦が進水」中国網 日本語 2016/06/06
  4. ^ [2]「対潜能力に優れた韓国の次期護衛艦「大邱」、就役式を無事終了 中央日報 2018/03/07

外部リンク[編集]