上野天神祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上野天神祭の様子

上野天神祭(うえのてんじんまつり)は、三重県伊賀市上野地区にある菅原神社で行なわれる、秋祭りである。ユネスコ無形文化遺産、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

概要[編集]

天正13年(1585年筒井定次伊賀の領主となり菅原神社(別名「上野天満宮」)を祀ったことに起源を発し、慶長13年(1608年)には藤堂高虎が天満宮の新改築、寄進等に力を注いだ。その後天和2年(1682年)に天神祭礼倹約令により省略されているが、元禄元年(1688年)には復活し藤堂高久が祭礼を城内假御殿より見物、田楽狂言等が行われ、三之町の鬼行列も始められたとされ、おおよそ現在の形態を整えたとされる。

京都祇園祭山鉾に似た、だんじり(楼車)の巡行と、鬼行列が有名であり、神輿の渡御を中心とする祭りに仮装の行列や作り物が加わり、現在のような鬼行列や印、だんじりで賑わう形態を整えるようになったものである。印は依代と考えられるもので、それを囃すだんじり、そして奴振りを伴った鬼行列が続く、類例の少ない貴重な行事であり、「上野天神祭のダンジリ行事」として2002年重要無形民俗文化財に指定された。なお、巡行の経路には伊賀鉄道伊賀線の踏切があり、天神祭開催時には架線のかさ上げが実施される[1]。また、2016年12月1日に、全国33ヶ所の「山・鉾・屋台行事」の一つとして、ユネスコ無形文化遺産に登録された[2]

だんじりの上で奏でられるお囃子は、祇園祭で奏でられるものが元になったといわれている。だんじりを有する町衆の中で奏者は受け継がれてきたが、近年は後継者不足で、公募で奏者を募っているところもある。だんじりの最初の稽古には神社へ行き、「お祓い」をしてもらう所もある。

本祭りのだんじりの順番はくじで決められる。

鬼行列、神輿、だんじりの参加はそれぞれを所有している町民が基本的に供奉する。

祭りの日程[編集]

  • 10月23日 宵山 - 各だんじり町では印、だんじりを引き出して飾り付けを行う。
  • 10月24日 足揃えの儀 - 上野車坂町の「東御旅所」よりだんじりがそれぞれの町内を巡行し、鬼行列も相生町から三之町筋を練る。
  • 10月25日 本祭 - 神輿の渡御に続いて鬼行列、印、だんじりが巡行する。

巡行するだんじり[編集]

以下の9基が巡行する[2]

  • 紫鱗(上野魚町)
  • 桐本(上野東町)
  • 鉄英剣鉾(上野向島町)
  • 其神山・葵鉾(上野中町)
  • 三明(上野福居町)
  • 小簑山(上野小玉町)
  • 薙刀鉾(上野新町)
  • 二東・月鉾(上野鍛冶町)
  • 花冠(上野西町)

鬼行列[編集]

上野相生町、上野紺屋町、上野三之西町、上野徳居町の4町によって伝統が引き継がれている[2]

だんじり会館 [編集]

  • 祭の様子を紹介する、だんじり会館が設置されている。だんじりの展示もしている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 毎日新聞伊賀面(2009年10月24日)
  2. ^ a b c d 伊賀上野観光情報紙 いがぐり (第61号、2017年春号 16ページ) 伊賀上野観光協会

外部リンク[編集]