知立まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
知立まつり
Chiryu Matsuri
山車と多宝塔(重要文化財)
山車と多宝塔(重要文化財)
イベントの種類 祭り
開催時期 毎年5月2日、3日
初回開催 江戸時代
会場 愛知県知立市
駐車場 なし
公式サイト

知立まつり(ちりゅうまつり)は、愛知県知立市において、承応2年(1653年)から行われている知立神社の祭事。

特色[編集]

知立神社とその周辺を中心に、1年おきに本祭(ほんまつり)と間祭(あいまつり)が交互に行われる。開催日は5月2日、3日の二日間。

本祭では5つの町(西町、宝町、山町、中新町、本町)から高さ7メートル、重さ5トンの5台の山車が繰り出され、山車の上で山車文楽からくり人形芝居が上演される[1]。間祭では山車文楽・からくり人形芝居は行われないが、5つの町から勇壮華麗な5台の花車が繰り出される。本祭は西暦の偶数年に行われる。

本祭の山車の上で上演される人形浄瑠璃芝居「山車文楽」、浄瑠璃に合わせて動く「山車からくり」は国の重要無形民俗文化財に指定されており、江戸時代から伝承されている。車の上で人形浄瑠璃を上演するのは知立だけである[2]。山車の上での人形芝居は全国に伝承されているが、同一の山車の上層と下層でそれぞれ「山車文楽」と「からくり」を演じる形態は全国的に見ても珍しい。からくり人形は専門の職人ではなく町内の人が工夫して、首以外はすべて手作りのものを使用している。知立のからくり技術は糸を操って動かす方法をとっており、この技術は各町内で保存・伝承されている。知立市立竜北中学校には文楽クラブがあり、技術を習得している。

歴史[編集]

承応2年(1653年)の『知立中町祭礼帳』には、知立まつりが江戸時代から行われており、四か町がからくりを知立神社に奉納(上演)したのが始まりであるとの記述がある。山車の上での文楽は延享4年(1747年)から始まっている。これまでに『聖徳太子絵伝記』、『百合若高麗軍記』、『敵討巌流島』『一谷合戦』などの演目が時代の流れに合わせて演じられてきた。

1967年には「知立のからくり」が愛知県の有形民俗文化財に指定され[3]、1979年には「知立のからくり」が国の選択無形民俗文化財として選択され、1990年には「知立の山車文楽とからくり」が国の重要無形民俗文化財に指定された。

2016年(平成28年)12月1日(日本時間)、「山・鉾・屋台行事」の構成行事のひとつとしてユネスコ無形文化遺産に登録された[4]

ギャラリー[編集]

 
 
山車の上で文楽が行われる 
からくり奉納 
 
知立神社近くの知立古城跡(桶狭間の戦いで落城) 

交通[編集]

鉄道

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]