尾張津島天王祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
歌川広重六十余州名所図会』の津島天王祭
宵祭
朝祭

尾張津島天王祭(おわりつしまてんのうまつり)は、愛知県津島市愛西市に伝わる津島神社。500有余年の歴史を持つ荘厳・華麗な川祭りである。江戸末期の東海道名所図会には、津島祭と記載されている。

概要[編集]

祭は数か月にわたり様々な行事儀式神事が行われるが、7月第4土曜日の「宵祭」とその翌日に行われる「朝祭」(元はそれぞれ旧暦の6月14日15日に行われていた[1])がクライマックスであり、「尾張津島天王祭の車楽舟行事」として重要無形民俗文化財に指定されている。2016年(平成28年)12月1日には、「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産に登録された。

この祭は、大阪天満天神祭厳島神社管絃祭と並び日本三大川祭の1つに数えられ、室町時代から続いているといわれ、織田信長豊臣秀吉などの名将にも愛されたといわれる[2]

宵祭は、400個余りの提灯をまとった巻藁舟が、津島笛を奏でながらゆうゆうと天王川を漕ぎ渡り、揺らめく提灯が川面に映りその美しさを際立たせ、朝祭には津島の5艘に愛西市佐屋地区の「市江車」が先頭に加わり 6艘の車楽船が能人形(能の演目の衣装をまとった人形)を飾り楽を奏でながら漕ぎ進む。市江車からは10人の若者が締め込み姿で天王川に飛び込み、布鉾を持って泳ぎ渡り神前に奉納するため走る姿は勇壮である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「年中行事事典」p495 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版
  2. ^ 尾張津島天王祭と織田信長

関連項目[編集]

外部リンク[編集]