勝幡城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
logo
勝幡城
愛知県
勝幡駅前に設置された推定復元模型
勝幡駅前に設置された推定復元模型
城郭構造  平城
築城主 織田信定
築城年 永正年間
主な城主 織田信定、信秀信長
武藤雄政
廃城年 天文7年(1538年)?
遺構 石碑、木碑
指定文化財 市指定史跡
再建造物 なし
位置 北緯35度11分59.3秒 東経136度44分37.7秒 / 北緯35.199806度 東経136.743806度 / 35.199806; 136.743806
地図
勝幡城の位置(愛知県内)
勝幡城
勝幡城
テンプレートを表示
愛知県稲沢市の勝幡城址
愛知県愛西市の織田弾正忠平朝臣信定古城蹟

勝幡城(しょばたじょう)は、尾張国海東郡中島郡に跨る地域にあった日本の城

概要[編集]

稲沢市指定史跡[1]。勝幡城があったのは現在の愛知県愛西市勝幡町と稲沢市平和町六輪字城之内に跨る「勝幡」で、中心地は現在の城之内付近と推定されている[1][2]。二重の堀で囲まれた館城であり、三宅川が外堀の役目をしていたと推定されている[2]。規模・構造については『勝幡村古城絵図』には「本丸は東西29間、南北43間、幅3間の方形土塁」[2]、『尾陽雑記』には「東西48間、南北70間、大手口東西二重堀、四方に惣堀有、惣構の外南北120間、東西114間」との記載がある[1]

清洲三奉行の一家「織田弾正忠家」の拠点であり、商業地・津島を支配下に置いた織田弾正忠家の経済力を象徴するような平城となっている[2][3]。公家の山科言継は、天文2年(1533年)に織田信秀によって招かれた際に勝幡城の規模と出来栄えに驚いたことを、自身の日記『言継卿記』に残している[2][3]

所在地は三宅川と日光川が合流する三角州地帯に位置するが、現在の日光川は江戸時代萩原川が大規模に掘削されて流路を変えたものであり、城郭の多くの部分は現在の日光川の流路に位置していたと考えられる[2]。その後の周辺の開発もあり遺構等は残されておらず、所在地を示すものとしては城の中心地と思われる付近に「勝幡城址」の石碑、勝幡城の南端と考えられる位置に「織田弾正忠平朝臣信定古城蹟」の石碑が置かれている(以前は「文化財史跡勝幡城址」の木碑も置かれていた)[2][4]。また、勝幡城址の石碑近くの日光川の嫁振橋の東側には「勝幡城復元図」が、名古屋鉄道勝幡駅前には推定復元模型が置かれている[4]

歴史[編集]

勝幡城は永正年間ごろに織田信定(あるいはその父・良信)が、大中臣安長の屋敷跡に築城したとされる[2][3][5]。周辺の地域は元々「塩畑(しおばた)」と呼ばれていたが、縁起が悪いという理由で信定あるい嫡子・信秀が「勝ち旗」の意で「勝幡」と改名したと伝えられる[2][3]

信定の跡を継いだ信秀が今川氏豊から那古野城を攻め取ると、信秀は那古野城に移り、勝幡城には家臣の武藤雄政(武藤掃部)を城代として置いた[3]。那古野城を奪った時期は天文元年(1532年)が通説となっていたが、近年では天文7年(1538年)であったと考えられている[3][6][7][8]。また、信秀の嫡子・信長の生誕地は那古野城説が通説とされていたが、新たな説では信長生年の天文3年(1534年)時点では那古野城を奪っていないため勝幡城説が妥当と考えられる[4][3][7][8](詳細は那古野城#歴史織田信長#少年期を参照)。

弘治元年(1555年)に信長が主家の大和守家を滅ぼし、拠点を那古野城から清洲城へと移した[3]。それに伴って武藤掃部は尾張野府城へと転属されたため、勝幡城は次第に衰退してやがて廃城となった[2][3]

昭和54年(1979年)に排水工事中に大きな基石が発見され、出土箇所は勝幡城の古図面との照合により櫓台に位置することが確認された[2]。現在では基石は愛西市佐織支所に保管されている。

交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 稲沢市 (2017年1月29日). “市指定文化財 勝幡城跡”. 2022年6月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 稲沢観光協会. “織田信長 生誕の城 勝幡城”. 2022年6月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 信長とその父・信秀生誕の城!勝利を願った「勝幡城」の歴史を解説”. 戦国ヒストリー (2020年5月20日). 2022年6月27日閲覧。
  4. ^ a b c 勝幡城”. ニッポン旅マガジン. 2022年6月27日閲覧。
  5. ^ 高田哲哉. “勝幡城 織田家が躍進を遂げる本拠となっていた平城”. 2022年6月27日閲覧。
  6. ^ 小林宏行 (2014年9月22日). “信長生誕地は名古屋近郊「勝幡城」 有力説に地元わく”. 大ナゴヤを行く. 2022年6月29日閲覧。
  7. ^ a b “信長生誕地「勝幡城説」。播磨中京大教授が愛西で講座”. 中日新聞. (2014年7月4日). オリジナルの2015年5月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150508182752/http://edu.chunichi.co.jp/?action_kanren_detail=true&action=education&no=4757 2015年5月9日閲覧。 
  8. ^ a b 小和田哲男 (2018年8月16日). “戦国武将と城<織田信長と城>第1回 信長生誕地は那古野城か勝幡城か”. 城びと. 公益財団法人日本城郭検定協会. 2018年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]