2012年ロンドンオリンピックのロシア選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリンピックのロシア選手団
Flag of Russia.svg
ロシアの国旗
IOCコード RUS
NOC ロシアオリンピック委員会
公式サイト
ロンドンオリンピック (2012年)
人員: 選手 436人 in 24sports
旗手: マリア・シャラポワ 2位 (開会式)
アナスタシア・ダビドワ 1位 (閉会式)
メダル
国別順位: 4 位

24

36

32

82
夏季オリンピックロシア選手団
19001904190819121920-1992199620002004200820122016
冬季オリンピックロシア選手団
1994199820022006201020142018
関連選手団
ソビエト連邦 ソビエト連邦 (1952-1988)
EUN EUN (1992)

ロンドンオリンピックロシア選手団は、2012年7月27日から8月12日までイギリスロンドンで開催されたロンドンオリンピックロシア選手団の名簿。選手名および所属・記録は2012年当時のもの。

概要[編集]

フィールドホッケーサッカーでは出場権を確保できなかった。

女子選手が男子選手よりも多い史上初の選手団となった。また、女子選手が旗手を務めるのも今回が初だった[1]

開催終了後の8月15日、モスクワの赤の広場でロシア選手団の祝勝会が行われ、ロシアオリンピック財団からメダリスト全員にアウディ(合計129台)がプレゼントされた[2]

なおロシアは、次回冬季五輪(2014年ソチオリンピック)の開催国である。

メダリスト一覧[編集]

選手名 競技 種目
1 11位 金 アルセン・ガルスチャン 柔道 60 kg級 7/28
2 11位 金 マンスール・イサエフ 柔道 73 kg級 7/30
3 11位 金 タギル・ハイブラエフ 柔道 :100 kg級 8/2
4 11位 金 ロマン・ブラソフ en レスリング グレコローマン 74 kg 8/5
5 11位 金 アリーヤ・ムスタフィナ 体操 段違い平行棒 8/6
6 11位 金 アラン・クガエフ en レスリング グレコローマン 84 kg 8/6
7 11位 金 ユリア・ザリポワ en 陸上競技 3000m障害 8/6
8 11位 金 ナタリア・イーシェンコ
スベトラーナ・ロマシナ

en
シンクロ デュエット 8/7
9 11位 金 イリア・ ザハロフ en 飛込 板飛込 8/7
10 11位 金 イワン・ウホフ en 陸上競技 走高跳 8/7
11 11位 金 ナタリア・アントユフ 陸上競技 400mハードル 8/8
12 11位 金 ナタリア・ボロベワ en レスリング フリースタイル 72 kg 8/9
13 11位 金 アナスタシア・ダビドワ
マリア・グロモワ
ナタリア・イーシェンコ
エルビラ・ハシャノワ
ダリア・コロボワ
アレクサンドラ・パツケビッチ
スベトラーナ・ロマシナ
アンゼリカ・ティマニナ
アラ・シシュキナ

en

en
en
en
en
en
en
シンクロ 団体 8/:10
14 11位 金 ジャマル・オタルスルタノフ レスリング フリースタイル 55 kg 8/:10
15 11位 金 タチアナ・ルイセンコ 陸上競技 ハンマー投 8/:10
16 11位 金 ユーリ・ポストリガイ
アレクサンドル・ディヤチェンコ
en
en
カヌー K-2 200m 8/:11
17 11位 金 セルゲイ・キルジャプキン 陸上競技 50km競歩 8/:11
18 11位 金 エフゲニア・カナエワ 体操 新体操個人総合 8/:11
19 11位 金 エレーナ・ラシュマノワ en 陸上競技 20km競歩 8/:11
20 11位 金 マリア・サビノワ 陸上競技 2800m 8/:11
21 11位 金 アンナ・チチェロワ 陸上競技 走高跳 8/:11
22 11位 金 イーゴリ・メホンツェフ ボクシング ライトヘビー級 8/:12
23 11位 金 アナスタシア・ブリズニュク
ウリアナ・ドンスコワ
クセニア・ドゥトキナ
アリナ・マカレンコ
アナスタシア・ナザレンコ
カロリナ・セバストヤノワ
en
en
en
en
en
en
体操 新体操団体総合 8/:12
24 11位 金 バレーボール代表

03 ニコライ・アパリコフ
04 タラス・フテイ
05 セルゲイ・グランキン
08 セルゲイ・テチューヒン
09 アレクサンドル・ソコロフ
10 ユーリー・ベレジュコ
12 アレクサンドル・ブツコ
13 ドミトリー・ムセルスキー
15 ドミトリー・イリニフ
17 マキシム・ミハイロフ
18 アレクサンドル・ボルコフ
20 アレクセイ・オブモチャエフ


en

en


en

en
en
en


en

バレー
ボール
男子インドア 8/:12
25 22位 銀 スベトラーナ・ツァルケーワ en 重量挙げ 63 kg級 7/31
26 22位 銀 キセニア・アファナセワ
アナスタシア・グリシナ
ビクトリア・コモワ
アリーヤ・ムスタフィナ
マリア・パセカ
en
en


en
体操 体操団体総合 7/31
27 22位 銀 イリヤ・ザハロフ
エフゲニー・クズネツォフ
en
en
飛込 シンクロ板飛込 8/1
28 22位 銀 ソフィア・ベリカヤ en フェンシング サーブル 8/1
29 22位 銀 ビクトリア・コモワ 体操 体操個人総合 8/2
30 22位 銀 アイーダ・シャナエワ
インナ・デリグラゾワ
カミーラ・ ガフルジアノワ
ラリサ・コロベイニコワ
en
en
en
en
フェンシング フルーレ団体 8/2
31 22位 銀 ドミトリー・ウシャコフ en 体操 トランポリン 8/3
32 22位 銀 アレクサンドル・ミハイリン 柔道 :100 kg超級 8/3
33 22位 銀 ナタリア・ザボロトナヤ en 重量挙げ 75 kg級 8/3
34 22位 銀 アナスタシア・ズエワ 競泳 200m背泳ぎ 8/3
35 22位 銀 エフゲニー・コロチシュキン en 競泳 100mバタフライ 8/3
36 22位 銀 アプティ・アウハドフ en 重量挙げ 85 kg級 8/3
37 22位 銀 マリア・シャラポワ テニス シングルス 8/4
38 22位 銀 アレクサンドル・イワノフ en 重量挙げ 94 kg級 8/4
39 22位 銀 ダリア・ピシチャルニコワ en 陸上競技 円盤投 8/4
40 22位 銀 タチアナ・カシリナ en 重量挙げ 75 kg超級 8/5
41 22位 銀 デニス・アブリャジン en 体操 跳馬 8/6
42 22位 銀 エフゲニア・コロドコ en 陸上競技 砲丸投 8/6
43 22位 銀 ルスタム・トトロフ en レスリング グレコローマン 96 kg 8/7
44 22位 銀 エレーナ・ソコロワ en 陸上競技 走幅跳 8/8
45 22位 銀 ソフィア・オチガワ en ボクシング ライト級 8/9
46 22位 銀 ナデジャ・トロポワ en ボクシング ミドル級 8/9
47 22位 銀 ダリア・ドミトリエワ 体操 新体操個人総合 8/:11
48 22位 銀 オリガ・カニスキナ 陸上競技 20km競歩 8/:11
49 22位 銀 ベシク・クドゥホフ レスリング フリースタイル 60 kg 8/:11
50 22位 銀 ユリア・グシチナ
アントニナ・クリボシャプカ
タチアナ・フィロワ
ナタリア・アントユフ
アナスタシア・カパチンスカヤ
ナタリア・ナザロワ
en
en
en

en

陸上競技 4 × 400m リレー 8/:11
51 33位 銅 ニコライ・コバレフ en フェンシング サーブル 7/29
52 33位 銅 アンドレイ・グレチン
ダニラ・イゾトフ
ニキータ・ロビンツェフ
ウラジミール・モロゾフ
セルゲイ・フェシコフ
エフゲニー・ラグノフ
en
en
en
en
en
en
競泳 04 x 100m リレー 7/29
53 33位 銅 オルガ・ザベリンスカヤ 自転車 個人ロードレース 7/29
54 33位 銅 イワン・ニフォントフ 柔道 81 kg級 7/31
55 33位 銅 オルガ・ザベリンスカヤ 自転車 個人タイムトライアル 8/1
56 33位 銅 ワシリー・モシン en 射撃 ダブルトラップ 8/2
57 33位 銅 アリーヤ・ムスタフィナ 体操 体操個人総合 8/2
58 33位 銅 ユリア・エフィモワ 競泳 200m平泳ぎ 8/2
59 33位 銅 バレリー・ソロキナ
ニナ・ビスローバ
en
en
バドミントン ダブルス 8/4
60 33位 銅 タチアナ・チェルノワ 陸上競技 七種競技 8/4
61 33位 銅 タチアナ・ペトロワ 陸上競技 マラソン 8/5
62 33位 銅 デニス・アブリャジン en 体操 8/5
63 33位 銅 マリア・パセカ en 体操 跳馬 8/5
64 33位 銅 マリア・キリレンコ
ナディア・ペトロワ
テニス ダブルス 8/5
65 33位 銅 ミンギヤン・セメノフ en レスリング グレコローマン 55 kg 8/5
66 33位 銅 ザウル・クラマゴメドフ en レスリング グレコローマン 60 kg 8/6
67 33位 銅 エレーナ・イシンバエワ 陸上競技 棒高跳 8/6
68 33位 銅 アリーヤ・ムスタフィナ 体操 8/7
69 33位 銅 ルスラン・アルベゴフ en 重量挙げ :105 kg超級 8/7
70 33位 銅 リュボフ・ボロソワ en レスリング フリースタイル 63 kg 8/8
71 33位 銅 アレクセイ・デニセンコ en テコンドー 58 kg級 8/8
72 33位 銅 アレクセイ・コロワシュコフ
イリヤ・ペルフヒン
en
en
カヌー C-2 1000m 8/9
73 33位 銅 ダビド・アイラペチャン en ボクシング ライトフライ級 8/:10
74 33位 銅 デニス・チャーグシュ en レスリング フリースタイル 74 kg 8/:10
75 33位 銅 ミーシャ・アロヤン en ボクシング フライ級 8/:10
76 33位 銅 アンドレイ・ザムコボイ en ボクシング ウェルター級 8/:10
77 33位 銅 イワン・シュタイル en カヌー C-1 200m 8/:11
78 33位 銅 エカテェリーナ・ポイストゴワ en 陸上競技 2800m 8/:11
79 33位 銅 ビルヤル・マコフ en レスリング フリースタイル :120 kg 8/:11
80 33位 銅 スベトラーナ・シェコリナ 陸上競技 走高跳 8/:11
81 33位 銅 アナスタシア・バリシニコワ en テコンドー 67 kg超級 8/:11
82 33位 銅 バスケットボール代表

04 アレクシー・シュベド
05 ティモフェイ・モズコフ
06 セルゲイ・カラセフ
07 ヴィタリー・フリードソン
08 サーシャ・カーン
09 エフゲニー・ヴォロノフ
10 ヴィクトル・ハラッパ
11 セミョーン・アントノフ
12 セルゲイ・モニア
13 ドミトリー・フヴォストフ
14 アントン・ポンクラショフ
15 アンドレイ・キリレンコ


en


en
en

en

en

en
en

バスケット
ボール
男子 8/:12

参加人数・メダル獲得状況[編集]

※ ロンドン五輪は全26競技(水泳競技=競泳、飛込、シンクロナイズドスイミング、水球の4種目)。

凡例
参加人数 メダル獲得数
競技 Gold medal icon.svg Silver medal icon.svg Bronze medal icon.svg
1 アーチェリー 0 3 3 -
2 陸上競技 43 61 104 8 5 5 :18
3 バドミントン 3 3 6 0 0 1 1
4 バスケットボール 12 12 24 0 0 1 1
5 ボクシング 7 3 10 1 2 3 6
6 カヌー 15 6 21 1 0 2 3
7 自転車 11 7 18 0 0 2 2
8 飛込 4 3 7 1 1 0 2
9 馬術 3 0 3 -
10 フェンシング 7 8 15 0 2 1 3
11 体操 7 14 21 3 5 4 :12
12 ハンドボール 0 14 14 -
13 柔道 7 5 12 3 1 1 5
14 近代五種競技 2 2 4 -
15 ボート 4 1 5 -
16 セーリング 5 5 10 -
17 射撃 14 8 22 0 0 1 1
18 競泳 19 16 35 0 2 2 4
19 シンクロ 0 9 9 2 0 0 2
20 卓球 3 2 5 -
21 テコンドー 2 2 4 0 0 2 2
22 テニス 4 6 10 0 1 1 2
23 トライアスロン 3 2 5 -
24 バレーボール 14 16 30 1 0 0 1
25 水球 0 13 13 -
26 重量挙げ 6 4 10 0 5 1 6
27 レスリング 13 3 16 4 2 5 :11
28 サッカー
29 ホッケー
208 228 436 24 26 32 82
1日ごとの獲得状況
Gold medal icon.svg Silver medal icon.svg Bronze medal icon.svg
1 7/28 1 0 0 1
2 7/29 0 0 3 3
3 7/30 1 0 0 1
4 7/31 0 2 1 3
5 8/1 0 2 1 3
6 8/2 1 2 3 6
7 8/3 0 6 0 6
8 8/4 0 3 2 5
9 8/5 1 1 5 7
10 8/6 3 2 2 7
11 8/7 3 1 2 6
12 8/8 1 1 2 4
13 8/9 1 2 1 4
14 8/:10 3 0 4 7
15 8/:11 6 4 5 15
16 8/:12 3 0 1 4
24 26 32 82


アーチェリー[編集]

女子の3人が個人戦、団体戦に出場した。団体戦では3位決定戦で日本に敗れて4位となった。

陸上競技[編集]

陸上競技では金メダル8個、銀メダル5個、銅メダル5個を獲得した。女子砲丸投ではベラルーシナドゼヤ・オスタプチュクドーピング検査メテノロンの陽性反応を示した結果、金メダルを剥奪され、エフゲニア・コロドコが銅メダルから銀メダルに繰り上がった[3]

バドミントン[編集]

女子ダブルスでは、1次リーグで無気力試合を行った4組が失格となった結果、ワレリア・ソロキナニナ・ビスロワが繰り上げで準決勝に進出、3位決定戦で勝利し銅メダルを獲得した[4]

バスケットボール[編集]

女子は2011年バスケットボール女子欧州選手権で優勝し、出場権を獲得した。男子は世界最終予選で出場権を獲得した。

男子は予選リーグを4勝1敗のトップで通過、準々決勝でリトアニアを破ったが、準決勝でスペインに敗れ、3位決定戦でアルゼンチンを破り銅メダルを獲得した。

女子は予選リーグを3勝2敗の3位で通過、準々決勝でトルコを破ったが、準決勝でフランスに敗れ、3位決定戦でもオーストラリアに敗れて4位となった。

ボクシング[編集]

男子7人、女子3人の合計10人が出場、男子は金メダル1個、銅メダル3個、女子は銀メダル2個を獲得した。

カヌー[編集]

男子が金メダル1個、銅メダル2個を獲得した。

自転車[編集]

女子のオルガ・ザベリンスカヤが銅メダルを2個獲得した。

飛込[編集]

男子が金メダル1個、銀メダル1個を獲得した。

馬術[編集]

3選手が出場した。

フェンシング[編集]

男子では個人サーブルでニコライ・コバレフが銅メダルを獲得、団体フルーレでは5位、団体サーブルでは4位となった。

女子では個人サーブルでソフィア・ベリカヤが銀メダル、団体フルーレで2位、団体エペで4位となっている。

体操競技[編集]

男子団体は6位、女子団体は銀メダルを獲得した。

男子個人ではダビド・ ベリャフスキーが個人総合で5位、デニス・アブリャジン跳馬で銀メダル、で銅メダルを獲得した。

女子個人では個人総合でビクトリア・コモワが銀メダル、アリーヤ・ムスタフィナが銅メダルを獲得、種目別でもムスタフィナが段違い平行棒で金メダル、床で銅メダル、マリア・パセカが跳馬で銅メダルを獲得した。

新体操では個人総合でエフゲニア・カナエワが金メダル、ダリア・ドミトリエワが銀メダルを獲得、団体でも金メダルを獲得した。

トランポリンでは3人が出場し、銀メダルを1個獲得した。

ハンドボール[編集]

女子が予選リーグで3勝1敗1分で決勝トーナメントに進出、準々決勝で韓国に23-24で敗れた。

柔道[編集]

男子で7人、女子で5人が出場、男子が金メダル3個、銀メダル1個、銅メダル1個を獲得した。

近代五種[編集]

男子2人、女子2人が出場、男子ではLesunが4位、Moiseevが7位となった。

ボート[編集]

男子のクオドルプルスカル、女子のシングルスカルに選手がそれぞれ出場した。

セーリング[編集]

7種目に選手が出場した。マッチレースでは4位となっている。

射撃[編集]

男子14人、女子1人が出場、銅メダルを1個獲得している。

競泳[編集]

銀メダル2個、銅メダル2個を獲得した。男子400mリレーで銅メダル、女子400mメドレーリレーで4位となっている。

シンクロナイズドスイミング[編集]

デュエットと団体で金メダルを獲得した。

卓球[編集]

男子シングルスではアレクサンドル・シバエフが初戦となった3回戦でクロアチアのアンドレイ・ガチーナに敗れた。アレクセイ・スミルノフは2回戦を勝ち上がったが、3回戦で香港の江天一に敗れた。団体では初戦で王者中国と対戦、王皓馬龍のダブルスを破ったが1-3で敗れた。

女子ではアンナ・ティホミロワが2回戦でイタリアのタン・モンファーディニを破り、3回戦で日本の福原愛と対戦したが0-4のストレートで敗れた。

テコンドー[編集]

男子2人、女子2人が出場、男女それぞれで銅メダルを1個獲得した。

テニス[編集]

男子はシングルスに4人、ダブルス1組、女子はシングルスに4人、ダブルス2組、混合ダブルス1組が出場した。

女子シングルスでマリア・シャラポワが銀メダル、マリア・キリレンコが4位となった。ダブルスではマリア・キリレンコ、ナディア・ペトロワが銅メダルを獲得している。

トライアスロン[編集]

男子3人、女子2人が出場した。

バレーボール[編集]

ビーチバレーには男子1組、女子2組が出場した。

男子は予選リーグを4勝1敗の3位で通過、準々決勝でポーランド、準決勝でブルガリア、決勝でブラジルを破り金メダルを獲得した。

女子は予選リーグを5勝0敗の1位で通過したが、準々決勝でブラジルに敗れてベスト8で終えた。

水球[編集]

女子がグループリーグを2勝1敗とし、準々決勝でハンガリーに10-11で敗れて5位から8位決定戦に回った。そしてイギリスを破ったが中国に敗れて6位となった。

ウエイトリフティング[編集]

男子6人、女子4人が出場、男子が銀メダル2個、銅メダル1個、女子が銀メダル3個を獲得した。

レスリング[編集]

男子フリースタイルには7人が出場し、金メダル1個、銀メダル1個、銅メダル2個、男子グレコローマンには6人が出場し、金メダル2個、銀メダル1個、銅メダル2個を獲得、女子は3人が出場し、金メダル1個、銅メダル1個を獲得した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]