エフゲニア・カナエワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エフゲニア・カナエワ
Yevgeniya Kanayeva
Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Kanaeva1.jpg
第7回新体操ワールドカップファイナル(2008年10月)でのカナエワ
選手情報
フルネーム エフゲニア・オレゴヴナ・カナエワ
愛称 ジェーニャ
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 1990年4月2日(24歳)
生誕地 ロシアオムスク
身長 170cm
体重 49kg
種目 新体操
所属 ガスプロム
コーチ イリナ・ヴィネル
引退 2012年
 
獲得メダル
新体操
オリンピック
2008 北京 個人総合
2012 ロンドン 個人総合
世界選手権
2007 パトラス 団体総合
2009 三重 個人総合
2009 三重 ロープ
2009 三重 フープ
2009 三重 ボール
2009 三重 リボン
2009 三重 団体総合
2010 モスクワ 個人総合
2010 モスクワ フープ
2010 モスクワ ボール
2010 モスクワ 団体総合
2010 モスクワ ロープ
2011 モンペリエ 個人総合
2011 モンペリエ フープ
2011 モンペリエ ボール
2011 モンペリエ クラブ
2011 モンペリエ リボン
2011 モンペリエ 団体総合
テンプレートを表示

エフゲニア・オレゴヴナ・カナエワロシア語: Евгения Олеговна Канаева, ラテン文字転写: Yevgeniya Olegovna Kanayeva1990年4月2日 - )はロシア新体操選手。身長170cm。ガスプロム所属。ニックネームはジェーニャ。

経歴[編集]

オムスク出身。ジュニア時代にイオンカップ個人総合3連覇を果たす。2007年まではオルガ・カプラノワベラ・セシナに次ぐロシア3番手の選手だったが、2008年になり急速に力を付け、ヨーロッパ選手権で世界女王アンナ・ベッソノバを破り優勝すると、勢いそのままに北京オリンピックの個人総合で金メダルを獲得した。

2009年から2011年にかけての世界新体操選手権において、史上3人目となる個人総合3連覇を達成[1]。そのうち、2009年大会では史上3人目となる個人全種目完全制覇を達成[2]、2011年大会では史上初となる2度目の個人全種目完全制覇を達成した。2012年ロンドンオリンピックでは史上初となるオリンピック個人総合2連覇を達成した。

2012年12月4日、カナエワは現役引退を宣言し、全ロシア新体操連盟の副会長に就任した[3]

エピソード[編集]

主な競技成績[編集]

  • 2003年
  • 2004年
    • イオンカップ2004 ジュニアの部 総合1位
  • 2005年
    • イオンカップ2005 ジュニアの部 総合1位
  • 2007年
    • World Cup Corbeil-Essonnes 2007 個人総合1位
  • 2008年
    • World Cup Corbeil-Essonnes 2008 個人総合1位
    • ヨーロッパ選手権 個人総合1位
    • 北京オリンピック 個人総合1位(金メダル)
    • イオンカップ2008 シニアの部 総合1位
  • 2009年
  • 2010年
    • モスクワ世界新体操選手権 個人総合、フープ、ボール1位(金メダル)
    • イオンカップ2010 シニアの部 総合1位
  • 2011年
    • モンペリエ世界新体操選手権 個人総合、フープ、ボール、クラブ、リボン1位(金メダル)
    • イオンカップ2011 シニアの部 総合1位
  • 2012年

脚注[編集]

  1. ^ 1967年、1969年、1971年のブルガリアの旗マリア・ギゴバ、1993年から1995年にかけてのブルガリアの旗マリア・ペトロバに次ぐ3人目。
  2. ^ 1987年のブルガリアの旗ビアンカ・パノバ、1992年のロシアの旗オクサナ・コスティナに次ぐ3人目。
  3. ^ http://roshianow.jp/articles/2012/12/07/40293.html

外部リンク[編集]