ティモフェイ・モズコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ティモフェイ・モズコフ
Timofey Mozgov
Timofey Mozgov portrait.JPG
ブルックリン・ネッツ  No.20
ポジション C
背番号 20
身長 216cm (7 ft 1 in)
体重 122kg (269 lb)
ウィングスパン 228cm  (7 ft 6 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Timofey Pavlovich Mozgov
ラテン文字 Timofey Mozgov
ロシア語 Тимофей Павлович Мозгов
誕生日 (1986-07-16) 1986年7月16日(31歳)
ロシアの旗 ロシア
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ロシア 南部連邦管区
クラスノダール地方の旗クラスノダール地方クラスノダール
出身 ロシアの旗 LenVoサンクトペテルブルク
ドラフト 2010年 ドラフト外 
選手経歴
2004-2006
2006
2006-2010
2010-2011
2011-2015
2015-2016
2016-2017
2017-
LenVoサンクトペテルブルク
CSK VVS-2サマーラ
ヒムキBC ヒムキBC
ニューヨーク・ニックス ニューヨーク・ニックス
デンバー・ナゲッツ
クリーブランド・キャバリアーズ
ロサンゼルス・レイカーズ
ブルックリン・ネッツ
受賞歴
代表歴
キャップ ロシアの旗 ロシア 2009年-現在
 
獲得メダル
ロシアの旗 ロシア
オリンピック
2012 ロンドン バスケットボール

ティモフィー・モズコフTimofey Mozgov)ことティモフェイ・パブロビッチ・モズコフ英語: Timofey Pavlovich Mozgovロシア語: Тимофей Павлович Мозгов1986年7月16日 - )はロシアクラスノダール出身のバスケットボール選手。NBAブルックリン・ネッツに所属している。ポジションはセンター。216cm、122kg。

来歴[編集]

ヨーロッパ時代[編集]

2004年、ロシアの2部リーグに所属するLenVo St. Petersburgでプロ生活を始めた。2006年にCSK VVS-2 Samaraに移籍、2006-2007シーズン開幕前にヒムキBCに移籍して2009-2010シーズンまで所属した。

NBA入り後[編集]

2010年にNBAニューヨーク・ニックスと3年間970万ドルで契約を結んだ[1]。デビュー12戦目の11月23日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦でブレイク・グリフィンにダンクショットを許したが[2]、自身の頭上から決められたシーンのポスターで知られている[3]

2011年1月30日のデトロイト・ピストンズ戦では23得点、14リバウンドをあげて勝利に貢献した[4]。同年2月22日、カーメロ・アンソニーのからんだ三角トレードでデンバー・ナゲッツに移籍した[5]。同年夏、NBAのロックアウト中、ヒムキBCに復帰した[6][7]

2013年7月27日、ナゲッツとの契約延長に合意した[8]

2014年4月10日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦で自己ベストの23得点、29リバウンドをあげて、100-99の勝利に貢献した[9]

2015年1月7日、ドラフト指名権などとの交換トレードで、クリーブランド・キャバリアーズに移籍した[10]。キャバリアーズに移籍するまでは背番号25番を着用することが多かったが、マーク・プライス永久欠番となっていることから、ソビエト連邦のハンドボール選手だった父親の背番号20番を着けていた[11]2016年に初のNBAチャンピオンを経験し、7日1日にロサンゼルス・レイカーズと4年6400万ドルで契約した[12]

2017年6月20日、ブルック・ロペスとのトレードでブルックリン・ネッツに移籍した[13]

ロシア代表[編集]

ロシア代表として2009年バスケットボール男子欧州選手権2010年バスケットボール世界選手権に出場している。2010年世界選手権では平均13得点、4.4リバウンドをあげた[14]。 また、2012年のロンドン五輪では3位入賞に貢献した[8]。因みに当時のヘッドコーチは、一時、クリーブランド・キャバリアーズヘッドコーチでもあったデビッド・ブラットである[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Knicks spy Russian”. ニューヨーク・ポスト (2011年7月11日). 2012年3月17日閲覧。
  2. ^ Henry Abbott (2010年11月24日). “Timofey Mozgov: Blake Griffin almost jumped over me”. ESPN. 2015年5月31日閲覧。
  3. ^ Ananth Pandian (2015年5月26日). “WATCH: Timofey Mozgov posterizes Paul Millsap”. CBSスポーツ. 2015年5月31日閲覧。
  4. ^ Mozgov Shows Knicks What a Big Man Can Do”. ニューヨーク・タイムズ (2011年1月30日). 2012年3月17日閲覧。
  5. ^ Nuggets acquire five players, three picks in three-team trade”. nba.com (2011年2月22日). 2012年3月17日閲覧。
  6. ^ Report: Mozgov to sign with Russian team”. CBSスポーツ (2011年7月20日). 2012年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月17日閲覧。
  7. ^ Khimki brings back Mozgov, adds Quinn”. euroleague.net (2011年7月21日). 2012年3月17日閲覧。
  8. ^ a b Denver Nuggets Re-Sign Center Timofey Mozgov”. nba.com (2013年7月27日). 2015年5月31日閲覧。
  9. ^ Notebook: Nuggets 100, Warriors 99”. nba.com (2014年4月11日). 2015年5月31日閲覧。
  10. ^ Cavs Acquire Timofey Mozgov”. nba.com (2015年1月7日). 2015年5月31日閲覧。
  11. ^ Chris Fedor (2015年1月9日). “With No. 25 retired, Cleveland Cavaliers center Timofey Mozgov will wear No. 20”. Northeast Ohio Media Group. 2015年5月31日閲覧。
  12. ^ Lakers agreed to a four-year, $64 million contract with Timofey Mozgov
  13. ^ Lakers trading Russell and Mozgov to the Nets in exchange of Brook Lopez and 27th pick
  14. ^ Timofey Mozgov”. 2010年バスケットボール世界選手権公式サイト. 2012年3月17日閲覧。
  15. ^ Cavaliers trade for Timofey Mozgov”. ESPN (2015年1月9日). 2015年5月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]