レジー・ジャクソン (1990年生のバスケットボール選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レジー・ジャクソン
Reggie Jackson
Reggie Jackson (37774080636) (cropped).jpg
デトロイト・ピストンズ時代のジャクソン
(2017年)
ロサンゼルス・クリッパーズ  No.1
ポジション PG / SG
所属リーグ NBA
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1990-04-16) 1990年4月16日(32歳)
出身地 イタリアの旗 イタリア
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の旗 フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州
ポルデノーネ県ポルデノーネ
身長 191cm (6 ft 3 in)
体重 94kg (207 lb)
ウィングスパン 200cm  (6 ft 7 in)
キャリア情報
大学 ボストン・カレッジ
NBAドラフト 2011年 / 1巡目 / 全体24位[1]
経歴
2011-2015オクラホマシティ・サンダー
2015-2020デトロイト・ピストンズ
2020-ロサンゼルス・クリッパーズ
受賞歴
  • オールACC1stチーム(2011)
Stats Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

レジナルド・ション・ジャクソンReginald Shon Jackson 1990年4月16日 - )は、アメリカ合衆国のプロバスケットボール選手。NBAロサンゼルス・クリッパーズに所属している。ポジションはポイントカード

来歴[編集]

ジャクソンは父親がアメリカ軍に従軍していた関係で、イタリアで生まれた[1]。その後ジャクソン一家はイギリスに赴任した後全米各地に赴任した後に高校時代はコロラド州で過ごす。大学はボストン・カレッジに進学。3年生時に平均18.2点を記録し、2011年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明。全体24位でオクラホマシティ・サンダーから指名された。

オクラホマシティ・サンダー[編集]

サンダーにはラッセル・ウェストブルックという絶対的存在がおり、控えにはエリック・メイノア英語版がいたこともあり、1年目の2011-12シーズンは45試合の出場にとどまり、Dリーグ行きも経験した。 2012-13シーズンも全試合ベンチスタートだったが、プレーオフ1回戦のヒューストン・ロケッツ戦でラッセル・ウェストブルックが右膝を負傷するというアクシデントが発生。ジャクソンは急遽スターターに起用された。 2013-14シーズンは、ウェストブルックが前シーズンの負傷の関係で開幕から欠場したこともありスターターに起用され開幕ダッシュに貢献。その後ウェストブルックが復帰したのに伴いシックスマンとして起用されたが、自己最高の13.2点を記録し、MIP賞候補にも上げられた。

デトロイト・ピストンズ[編集]

2015年2月19日、複数のチームが絡んだ駆け込みトレードで、デトロイト・ピストンズに移籍[2]。スターターとして起用され、3月17日のメンフィス・グリズリーズ戦で23得点、キャリアハイの20アシストをマークした[3]。7月20日にピストンズと5年8000万ドルで再契約した[4]

2015年11月8日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦でキャリアハイの40得点をマーク。第4クォーターに26得点を挙げた[5]。12月2日のフェニックス・サンズ戦で34得点16アシストをマーク。ピストンズの選手で30得点15アシスト以上をマークしたのはアイザイア・トーマスが1988年に記録して以来だった。この年には2度の週間最優秀選手に選ばれるなど[6][7]自己最高の成績を残しプレイオフ進出に大きく貢献した。

2017年12月26日に行われたインディアナ・ペイサーズ戦で右足首を負傷、グレード3の捻挫で6週間から8週間の離脱になると発表された[8][9]。2018年3月20日のフェニックス・サンズ戦で24試合の離脱を経て怪我から復帰した。先発し15分間の出場で7得点を記録、試合はピストンズが115-88で勝利した[10]

2020年2月19日、ピストンズと契約のバイアウトで合意したことを発表した[11]

ロサンゼルス・クリッパーズ[編集]

2020年2月20日、ロサンゼルス・クリッパーズと契約した[12]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ  *  リーグリーダー  †  優勝シーズン

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2011–12 OKC 45 0 11.1 .321 .210 .862 1.2 1.6 .6 .0 .8 3.1
2012–13 70 0 14.2 .458 .231 .839 2.4 1.7 .4 .2 .8 5.3
2013–14 80 36 28.5 .440 .339 .893 3.9 4.1 1.1 .1 2.1 13.1
2014–15 50 13 28.0 .432 .278 .861 4.0 4.3 .8 .1 1.8 12.8
DET 27 27 32.2 .436 .337 .796 4.7 9.2 .7 .1 3.5 17.6
2014-15計 77 40 29.5 .434 .299 .830 4.2 6.0 .8 .1 2.4 14.5
2015–16 79 79 30.7 .434 .353 .864 3.2 6.2 .7 .1 2.8 18.8
2016–17 52 50 27.4 .419 .359 .868 2.2 5.2 .7 .1 2.2 14.5
2017–18 45 45 26.7 .426 .308 .836 2.8 5.3 .6 .1 2.2 14.6
2018–19 82 82 27.9 .421 .369 .864 2.6 4.2 .7 .1 1.8 15.4
2019–20 14 14 27.2 .384 .378 .788 2.9 5.1 .7 .1 1.6 14.9
2019–20 LAC 17 6 21.3 .453 .413 .905 3.0 3.2 .3 .2 9.5
2020–21 67 43 23.0 .450 .433 .817 2.9 3.1 .6 .1 10.7
Career 628 391 24.9 .430 .349 .855 2.9 4.2 .7 .1 12.6

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2013 OKC 11 9 33.5 .479 .302 .897 4.9 3.6 .5 .5 1.9 13.9
2014 19 4 27.9 .466 .396 .886 3.8 2.4 .3 .2 2.0 11.1
2016 DET 4 4 36.8 .455 .167 1.000 3.3 9.3 1.5 .5 2.5 14.3
2019 4 4 27.0 .431 .429 .857 3.3 7.0 .8 .0 1.3 17.8
2020 LAC 12 1 14.2 .438 .531 .000 1.8 .9 .2 .1 4.9
2021 19 17 32.7 .484 .408 .878 3.2 3.4 .9 .2 17.8
Career 69 39 28.2 .469 .392 .888 3.4 3.3 .6 .2 12.9

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]