リ・チュニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リ・チュニ
리춘히
プロフィール
出身地 日本の旗 朝鮮江原道通川郡
国籍 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
生年月日 (1943-07-08) 1943年7月8日(74歳)
最終学歴 平壌演劇映画大学
勤務局 朝鮮中央放送委員会
職歴 元国立演劇団俳優
活動期間 1974年 -
担当番組・活動
リ・チュニ
各種表記
ハングル 리춘히
漢字 李春姬
発音: リ・チュンヒ
リ・チュニ
日本語読み: り・しゅんき
ローマ字転写: Ri Chun-Hi
Ri Chun-Hee
テンプレートを表示

リ・チュニリ・チュンヒ리춘히、李 春姫、1943年7月8日[1]-)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の朝鮮中央放送委員会アナウンサー江原道通川郡出身、平壌市在住。平壌演劇映画大学卒業。

来歴[ソースを編集]

1943年江原道通川郡の浜辺の町で労働者の娘として生まれる。核心成分とされる家格だったため高等教育の対象に推挙され、チョグンシル高級学校(조군실고급학교)から平壌演劇映画大学俳優科(평양연극영화대학 배우과)に進み、卒業後は国立演劇団に入団した。

国立演劇団に女優として在籍しながら、朝鮮中央放送委員会のアナウンサー候補として選抜・教育を経て選考を受け、1971年2月に朝鮮中央放送委員会のアナウンサーとして登用される。朝鮮中央テレビがカラー放送化された1974年にテレビアナウンサーとしてデビューした[2][3]

その後は重用され、もっぱら金日成金正日金正恩の教示報道、重要行事報道、「公式文献報道」「特別重大放送」(声明報道)を担当する看板アナウンサーとなり、彼女が登場するニュース番組は、北朝鮮人民には「何か重大な発表がある」と暗示させる効果もある。

もっとも、常に出演しているわけではなく、2008年には1ヶ月ほどテレビに登場しなかったこともある[4]。2011年10月19日の放送を最後に姿を見せなくなったことが同年12月に報じられ、その時点で既に50日以上も登場していなかったが[5]、12月19日正午の特別放送で61日ぶりに登場し、金正日死去チマチョゴリの喪服姿で伝えた[4]

2012年の春節(旧正月)に放送された中国中央テレビの特別番組によれば、後進育成のため、ニュース番組に出演する時間を減らしていると語っている[6]。実際に2012年に入ってから、若い女性アナウンサーが登用されていることからも、そのことが窺える。しかし2017年現在も、ミサイル発射や核実験など重要な放送を行う場合には、李春姫が起用されている[7]

人物[ソースを編集]

氏名[ソースを編集]

1文字ずつ転写する日本語におけるハングル人名転写法では「リ・チュンヒ」と表記されることが多いが、朝鮮語読みでは連音化して「リ・チュニ」と発音されることが多い[8]漢字表記は「李春姫」だが、漢字を原則使用しない北朝鮮においては、公的には名前の漢字表記を行わない。

その他、姓の「李」について、北朝鮮では、「」(リ)と、韓国では「」(イ)と表記されるのが一般的だが、韓国でも原語通り「」と表記されることがある。

また、「姫」について、北朝鮮でも韓国でも本来「」(ヒ)が正しい表記だが、北朝鮮では「」(ヒ)と名付けることが稀に見られる。韓国マスコミでは原語通り「」と表記している。

待遇[ソースを編集]

北朝鮮アナウンサーの、「放送員」・「功労放送員」・「人民放送員」の3段階格付のうち最高位にあたり6名しか現存しないとされている「人民放送員」(인민방송원)と称されているほか、朝鮮労働党中央委員会から「労力英雄」(로력영웅)の称号を与えられている[2]

朝鮮中央放送委員会のアナウンサーとして最高の待遇を受ける立場であり、朝鮮中央テレビ・朝鮮中央放送(ラジオ)・平壌放送の報道番組のレギュラーアナウンサーとなっているが、現在は金正恩の教示報道、重要行事報道、公式文献報道(声明報道)の主要3報道のみに出演し、その他の雑多なニュースは担当しないため、実質的には不定期な出演となっている。

風貌[ソースを編集]

特に、対外向け衛星放送の声明報道においては、民族主義を発揮する意図を込めて、暖色系のチマチョゴリ姿で出演する。 北朝鮮国内向けの有線放送ではチマチョゴリのほかに、スーツ姿で出演することも多い。対外向けの衛星放送においても、2006年10月9日核実験ないし核拡散防止条約 (NPT) からの脱退宣言報道の際には、ベージュのスーツ姿で出演した例がある。

特権階級の「人民放送員」である彼女は、平壌市内にある特権階級向け保養施設「蒼光院(チャングァンウォン)」を利用することが許されている。このため彼女は、同園内のサウナやレストランのほか、同園内に設置された北朝鮮最先端の技術を持つ美容師たちが集まった美容室を愛用していることが知られ、彼女のヘアスタイルは北朝鮮の特権階級中高年女性の間で流行の先駆けとなっている。

また、北朝鮮のファッションの最先端を創出する「被服研究所」で調製された被服類も、上級アナウンサーに対して無償で提供(一般アナウンサーにもタダ同然の価格で販売される)ため、彼女が身につけている衣装は、朝鮮服・洋服を問わず北朝鮮国内の最先端ファッションであり、ヘアスタイルと同様、特権階級中高年女性の間で流行を巻き起こすのが常である。

ただ、彼女に影響された流行は全国民に浸透するわけではない。国内向けテレビ放送はすべて有線(ケーブル)テレビであって地上波は存在せず、有線テレビ視聴器具も一般国民の家庭にあることは稀であるため、テレビ放送を視聴できる特権階層の婦人達のみの影響力にとどまっている。

手法[ソースを編集]

報道内容によって抑揚や言葉遣いを自由に操る。金正日や金正恩に関する報道の際には荘厳で丁重な語調、正日や正恩へ慈悲の念を表現する際には声を震わせ、国民への喚起・統制に関する報道では絶叫調に、アメリカ韓国日本についての報道を行うときには強い語調で、敵国を非難する声明の際には威圧的な語調でと、報道内容によって瞬時に声質を変える。

韓国においても、通常、アナウンサーはニュース読み上げにおいて、語尾に丁寧表現「〜ムニダ(〜スムニダ)」(〜でございます)を用いるのは同様だが、決して[要検証 ]威圧的な語調はとらない。また、くだけたニュースコーナーでは、主に女性アナウンサーなどが丁寧表現「〜ヨ」(〜です)などのややくだけた表現をする場合がある。しかし、北朝鮮の放送においては、くだけたニュース報道自体が存在しない。

教示報道[ソースを編集]

指導者一族に関する報道においては、必ず最上級の尊敬表現がなされ、逸話や教示を述べる場合には、荘厳で丁重な語調を用い、時にはその慈悲に対する感謝と尊敬の念を表現するために声を震わせて感情的に読み上げる。人民軍や人民への訪問を報道する際には、その教示が最大限に賞賛される。いずれにしても、ニュース視聴者はテレビ画面の彼女の背後に指導者の影を強く感じることとなる。

例えば、指導者への言及は「偉大な領導者であり軍事の天才でいらっしゃる朝鮮人民軍最高司令官金正日同志は、…」、「敬愛する最高領導者金正恩同志は、…」などの言葉で始まり、「…国のため、人民のために、先軍政治を貫き闘ってゆかねばならないとの、誠にありがたいお言葉をお与えになられました」などと荘厳で力をこめた論調で読み上げるのがパターンとなっている。しかし、実際の教示訪問からある程度日数が経過してからしか報道されず、訪問がなされた日時も明確に述べられない。

また、金日成の逝去関連報道の際には、彼女はホロホロと声を振るわせ、想い出のように過去の日成教示の言葉をはさみ、泣きながら読み上げていた。これは別に、彼女固有のものではなく、天気予報のキャスターに至るまで泣きながら天気予報解説をしていた(これは正日が亡くなったときも同様である)。なお、1994年7月9日正午の臨時報道でこのニュースの第1報を報じたリ・サンビョク人民放送員は、泣きながら報道しなかったという不敬を理由に左遷されている。

重要行事報道[ソースを編集]

新年1月1日午前0時になると、彼女の姿がテレビ画面に現れるほか、4月15日の日成の誕生日や2月16日の金正日誕生日を始めとする重要行事、核実験の成功弾道ミサイルの発射(人工衛星打ち上げ)成功の報道には、必ず彼女が現れる。

公式文献報道[ソースを編集]

北朝鮮の放送業界用語で言う「公式文献報道」とは、政府・軍関係の声明や外交関連の声明を報道することを言う。公式文献報道においては、内向きには国民を喚起統制する内容や、外向きには敵国を強い口調で罵倒する内容などが多いため、口語丁寧表現の「〜ムニダ(〜スムニダ)」(〜でございます)を用いず、しばしば「〜ハヨッタ」(〜した)、「〜イダ」(〜だ)などの強い印象を受ける文語表現をあえて多用して、非常に威圧的ないし恫喝的な態度でニュースを読み上げる。

例えば、板門店で開催されていた南北実務者協議が、1994年3月12日に、北朝鮮側代表の「ソウルは遠くない。戦争が始まればソウルは火の海になる」との発言をもって決裂した際には、「ソウルは火の海になる」という言葉を、彼女がそのままおどろおどろしく報道したのが有名である。

日本安倍晋三内閣2006年7月5日の安全保障会議において、貨客船万景峰92号の日本への入港禁止措置を決定した際には、「日本当局は、最大規模の治安兵力と手段を動員して、ものものしい殺伐とした雰囲気を作り出したことにより、ついに船の入港を困難にした」と、絶叫調で読み上げた。

月刊画報『朝鮮』記事[ソースを編集]

北朝鮮の写真雑誌である「月刊画報『朝鮮』」(월간 화보 ‘조선’2008年4月号の特集記事「放送人、リチュニ」(방송인 리춘히)において、彼女のプロフィールエピソードが、放送出演風景、後輩アナウンサーたちとの準備打合せ風景、孫とともに帰宅途中の写真などを添えて紹介された。

  • 「首都平壌の美しい場所にある彼女の自宅には、夫と二人の息子、そして嫁や孫娘らが暮らしている。現代風の自宅も高級乗用車もすべて国から贈られた」と、生活は国家から特別待遇を受けていることが紹介された。[2]
  • テレビアナウンサーに就任した1974年の5月に金日成に接見した際、直接『仕事がんばれよ』と励ましてくれた金日成の言葉を受け「心に響き、話術表現を習得するため絶えぬ努力を続けた」結果、「迫力があり訴求性の高い声質を身につけ、声で視聴者を喚起鼓舞するアナウンサーになれた」とし、「(対外向けの)声明・談話を発表する際には、敵方が肝を冷やすような強硬で攻撃的な話法を使える」「万能で優秀なアナウンサーに成長した」と紹介されている。[3]。迫力ある原稿読みは金正日が革命的な雰囲気を出すようにと教示したものである[9]
  • 金正日から『労力英雄』の称号を授けられた際に、金正日に感謝の手紙を送ったが、これを受けて「おめでとうございます」という内容の金正日親筆の祝賀書簡を返信してもらい感激した。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

 

外部リンク[ソースを編集]