ランニング・ワイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ランニング・ワイルド
Running Wild
Running Wild – Wacken Open Air 2015 01.jpg
ドイツ・ヴァッケン公演 (2015年7月)
基本情報
別名 グレニット・ハート
(Granite Hearts) (1976-1979)
出身地 ドイツの旗 ドイツ
ハンブルク
ジャンル ヘヴィメタル
パワーメタル
スピードメタル
ジャーマンメタル
活動期間 1976年 - 2009年
2011年 - 現在
レーベル ノイズ・レコード
GUN レコード
SPV
公式サイト running-wild.net
メンバー ロックン・ロルフ(Vo/G)
ピーター・ジョーダン(G)
オーレ・ヘンペルマン(B)
マイケル・ウォルパース(Ds)
旧メンバー 以下を参照
バンドのロゴ

ランニング・ワイルドRunning Wild)は、ドイツヘヴィメタルバンド[1]

海賊をモチーフにした楽曲を多く手がける。2009年に解散後、2011年に再結成を発表した。

略史[編集]

ドイツ・ボン公演 (2005年)
ロックン・ロルフ(Vo/G) 2015年
ピーター・ジョーダン(G) 2015年
オーレ・ヘンペルマン(B) 2015年

1976年 前身となるスクール・バンドグレニット・ハート結成。当初のメンバーは以下のとおり。   

G,Vo:ロックン・ロルフ
G:ウヴェ・ベンディヒ
B:ヨルグ・シュワルツ
Ds:ミハエル・ホフマン
結成からまもなく、ベースがカースティン・ダヴィドにチェンジ。
この年の内に初のライブを経験する。

1979年 バンド名をランニング・ワイルドに変更。前年にリリースされたジューダス・プリーストの同名曲にちなむ。

1981年 デモテープ、「Hallow The Hell」「War Child」「King Of The Midnight Fire」をレコーディング。ベーシストはマティアス・カウフマンに、ドラマーはハッシェ(ヴォルフガング・ハーゲマン)にそれぞれチェンジしている。

1983年 マティアスが兵役のために脱退。ほぼ同時にウヴェも脱退する。後任には、ギタリストにプリーチャー(ゲラルド・ヴァーネッケ)、ベーシストにステファン・ボリスが迎えられた。

新しいデモテープ、「Heavy Metal Like A Hammerblow」を製作。
新興レーベルノイズコンピレーション・アルバム『Rock From Hell』に、「Heavy Metal Like〜」から「Adrian」「Chains & Leather」の2曲を提供。このアルバムにはグレイヴ・ディガーも参加していた。

1984年 ノイズのコンピレーション・アルバム『Death Metal』に「Iron Heads」「Bones To Ashes」の2曲を提供。

ノイズと正式に契約し、6月にデビュー・アルバムのレコーディングを開始。
1stアルバム『Gates To Purgatory』リリース。
シングル「Victim Of States Power」リリース。このシングルにはそもそもタイトルが付けられておらず、便宜的に「Walpurgis Night」と呼ばれていた。
10月、デビュー後初のライブ。グレイヴ・ディガーシナーとのライブだった。

1985年 4月、シナーとともにドイツ国内をツアー。

神学を学んでいたプリーチャーが脱退、聖職者に転身した。これに伴い、ギタリストとしてマイク・モティが加入。
2ndアルバム『Branded And Exiled』リリース。

1986年 モトリー・クルーのヨーロッパツアーのオープニングアクトに大抜擢される。

5月、初のアメリカツアーを行う。

1987年 3rdアルバム『Under Jolly Roger』リリース。前2作の悪魔的イメージを払拭し、現在まで引き継がれる海賊のイメージを確立。

ベーシストがステファンからヤンス・ベッカーに、ドラマーがハッシェからステファン・シュワルツマンにチェンジ。
4月、ヘッドライナーとして初めてヨーロッパツアー。
10月、「Ready For Boarding」と銘打ってヨーロッパツアー。

1988年 前年の「Ready〜」ツアーから、ドイツ・ミュンヘンおよびボーフムでのライブを録音したライブアルバム『Ready for Boarding』をリリース。未発表曲「Puragatory」も披露している。

4thアルバム『Port Royal』リリース。
ステファンがU.D.O.に引き抜かれ、後任にイアン・フィンレイが加入。

1989年 イアンが腕を骨折し、ツアーのための代役にヨルグ・マイケルが起用される。

先行シングル「Bad To The Bone」リリース。
5thアルバムDeath Or Gloryリリース。
ツアーに合わせてシングルのレコーディングを開始。

1990年 シングル「Wild Animal」リリース。

イアンが脱退し、ヨルグを再びツアーメンバーとして起用。
1月、1ヵ月半にわたる「Death Or Glory」ツアーが大成功を収める。
5月、『Death〜』の日本盤がリリースされ、デビュー6年目、アルバム5枚目にして日本デビューを飾る。
正式ドラマーとして、バンドのローディーだったA.C.が加入。
マイクが脱退し、後任にシンバルメーカーパイステの社員だったアクセル・モーガンが加入。

1991年 シングル「Little Big Horn」をリリース。

4月、3ヶ月にわたるヨーロッパツアーがスタート。
5月、6thアルバムBlazon Stoneリリース。売り上げ12万枚を記録。
初のベスト・アルバム『First Years Of Piracy』リリース。全曲『Blazon Stone』時のメンバーによってリ・レコーディングが行われている。
ツアー終了後、ヤンスとA.C.が脱退。

1992年 新しいリズム隊を、U.D.Oから引き抜く。ベーシストはトーマス・ズムズンスキー、ドラマーは出戻る形になったステファン・シュヴァルツマン

7月、シングル「Lead Or Gold」リリース。
9月、7thアルバム『Pile of Skulls』リリース。
11月、ロルフとアクセルがプロモーションのために来日。

1993年 1月、ツアースタート。

ツアー終了後、『Pile〜』レコーディングからロルフとの関係が悪化していたアクセル、ステファンの2人が解雇される。
12月、ギタリストとして元リスクシロ・ハーマンが加入。ドラマーは以前ツアーに帯同したヨルグ・マイケルを正式メンバーに迎える。

1994年 2月、先行シングル「The Privateer」リリース。

4月、8thアルバム『Black Hand Inn』リリース。翌月からグレイヴ・ディガーとともにヨーロッパツアー。

1995年 6月、レイジグレイヴ・ディガーガンマ・レイアイスド・アースなどとともに、「Summer Metal Meeting」と銘打たれたパッケージツアー。

10月、9thアルバム『Masquerade』リリース。このアルバムを最後に、レコード会社をノイズ・レコードからG.U.N.に移籍。

1996年 「Masquerade」ツアー。

1998年 10thアルバム『The Rivalry』リリース。

日本オリジナル選曲で、ロルフも選曲に参加したベスト・アルバム『The Story of Jolly Roger』リリース。
3月、ストラトヴァリウスへの専念を理由にヨルグが脱退。翌月からのドイツツアーにはレイジのクリス・エフティミアディアスを起用。
9月、再度のドイツツアーが、ロルフのガールフレンドの急病のためキャンセルされる。

1999年 『Death〜』から『Masquerade』までの5枚が、ノイズからリマスターバージョンとして再発される。

新作のレコーディングに向け、スタジオ・ドラマーとしてアンジェロ・サソを起用。

2000年  1月、11thアルバム『Victory』リリース。

3月、ドイツツアー。ドラマーとして再びクリスを起用。
スウェーデン、ドイツ、スペインなど、ヨーロッパ各地でのロック・フェスティバルに多数出演。

2001年 シロ、トーマスが脱退。ベーシストとしてペーター・ピヒェルを迎え、ロルフがギタリスト兼務、スタジオ・ドラマーは再びアンジェロという形で新作のレコーディングを開始。

2002年 2月、12thアルバム『The Brotherhood』リリース。

3月、ライヴギタリストとしてベアンド・アウファーマンが、正式ドラマーとしてマティアス・リーベトゥルースが加入し、このメンバー4人でドイツツアー。
6月、イタリアの「Gods Of Metal Festival」に出演。この年のフェスティバルにはマノウォーブラインド・ガーディアンシンフォニー・エックスなども出演した。
9月、オスナブリュックでのライブを収録した『Live』を2CD、CD&DVD、DVDの形でそれぞれリリースされた。

2003年 8月、ドイツの「Wacken Open Air」に出演。

9月、デビュー20周年を記念したアルバム『20 Tears In History』リリース。

2004年 『20 Years〜』が日本でキング・レコードからリリースされる。

2005年 13thアルバム『Rouges En Vogue』リリース。この後、ギタリストのピーター・ジョーダンが加入。

2009年 7月30日、Wacken Open Airへの出演を最後に解散。

2011年 秋頃、ロルフが再結成を発表。復活作『Shadowmaker』を2012年4月にリリース[2]

2013年 再結成後2作目(通算14作目)のアルバム『Resilient』を10月にリリース[3]

2016年 15thアルバム『Rapid Foray』を8月にリリース[4]

補足[編集]

1992年に、ロックン・ロルフと、当時のギタリスト アクセル・モーガンが、プロモーションのために来日したのみで、日本でライブが行われたことはない。

1990年代東芝EMIビクターが日本盤を発売していたが、2002年以降のスタジオ・アルバムは日本盤が発売されず、2013年に『レジリエント』がスピリチュアル・ビーストから日本発売された。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

ギター
  • ウヴェ・ベンディヒ Uwe Bendig (1976-84)
  • ジェラリド "プリーチャー" ワーネッケ Gerald "Preacher" Warnecke (1984-85)
  • マイク・モティ Majk Moti (1985-90)
  • アクセル・モーガン Axel Morgan (1990-93)
  • シロ・ハーマン Thilo Herrmann (1994-01)
  • ベアンド・アウファーマン Bernd Aufermann (2002-04)
ベース
  • ヨルグ・シュワルツ Jörg Schwarz (1976)
  • クリステン・デヴィッド Carsten David (1976-79)
  • マティアス・カウフマン Matthias Kaufmann (1980-83)
  • ステファン・ボリス Stephan Boriss (1984-87)
  • ヤンス・ベッカー Jens Becker (1987-92)
  • トーマス・シュムジンスキー Thomas Smuszynski (1992-02)
  • ピーター・ピヒェル Peter Pichl (2002-09)
  • ヤン・S・エッカート Jan S. Eckert (2009)
ドラムス
  • マイケル・ホフマン Michael Hoffmann (1976-82)
  • ウォルフガング "ハッシェ" ハーゲマン Wolfgang "Hasche" Hagemann (1982-87)
  • ステファン・シュヴァルツマン Stefan Schwarzmann (1988-90)
  • ヨルグ・マイケル Jörg Michael (1990, 1994-98)
  • リュディガー "AC" ドレッファイン Rudiger Dreffein (1990-92)
  • クリス・エフティミアディス Christos Efthimiadis (1998-99, 2001)
  • アンジェロ・サッソ Angelo Sasso (2000-02)
  • マティアス・リーベトゥルース Matthias Liebetruth (2002-09)

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 1984 Gates to Purgatory
  • 1985 Branded and Exiled
  • 1987 アンダー・ジョリィ・ロジャー - Under Jolly Roger
  • 1988 ポート・ロイヤル - Port Royal
  • 1989 デス・オア・グローリー - Death or Glory
  • 1991 ブレイズン・ストーン - Blazon Stone
  • 1992 パイル・オブ・スカルズ - Pile of Skulls
  • 1994 ブラック・ハンド・イン - Black Hand Inn
  • 1995 マスカレード - Masquerade
  • 1998 ライヴァルリー - The Rivalry
  • 2000 ヴィクトリー - Victory
  • 2002 The Brotherhood
  • 2005 Rouges en Vogue
  • 2012 Shadowmaker
  • 2013 レジリエント - Resilient
  • 2016 Rapid Foray

ライヴ・アルバム[編集]

  • 1988 レディ・フォー・ボーディング - Ready for Boarding
  • 2002 Live
  • 2011 The Final Jolly Roger

シングル[編集]

  • 1984 Victim Of States Power
  • 1989 Bad to the Bone
  • 1990 Wild Animal
  • 1991 Little Big Horn
  • 1992 Lead or Gold
  • 1994 The Privateer

ベスト・アルバム[編集]

  • 1991 ザ・ファースト・イヤーズ・オブ・パイラシー - The First Years of Piracy
    初期3枚から選曲された再録ベスト。
  • 1998 ストーリー・オブ・ジョリー・ロジャーThe Story of Jolly Roger
    日本独自選曲のベスト・アルバム。
  • 2003 20イヤーズ・イン・ヒストリー - 20 Years in History
    『The Brotherhood』までのアルバムから、各2曲ずつ収録した2枚組。全曲にリミックスが施されており、未発表曲や初レコーディングとなったアルバム・デビュー前の2曲も収録。
  • 2006 Best of Adrian

脚注[編集]

外部サイト[編集]