シンフォニー・エックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シンフォニー・エックス
Symphony X
Symphony X - Wacken Open Air 2016-AL8990.jpg
ドイツ・ヴァッケン公演 (2016年8月)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州 ミドルタウン
ジャンル プログレッシブ・メタル[1][2][3]
ヘヴィメタル[1][2]
ネオクラシカルメタル[1][2]
パワーメタル[1][2]
シンフォニックメタル[1][3]
スピードメタル[2]
スラッシュメタル[2]
活動期間 1994年 - 現在
レーベル Inside Out Music
ニュークリア・ブラスト
ビクターエンタテインメント
公式サイト www.symphonyx.com
メンバー ラッセル・アレン (Vo)
マイケル・ロメオ (G)
マイケル・レポンド (B)
マイケル・ピネーラ (Key)
ジェイソン・ルロ (Ds)
旧メンバー 別記参照

シンフォニー・エックスSymphony X)は、アメリカ合衆国出身のプログレッシブ・メタルバンド[1][3]

1980年代ネオクラシカルメタル勢らに続く、同種の第2世代に当たるバンドの一つ。当初は日本で人気を博し、後に欧米でも実績を上げた。

略歴[編集]

黎明期
1986年ニュージャージー州マイケル・ロメオ(G)と交流があったコリー・ブライスが「Gemini」という4人組バンドを結成。このバンドにロメオがツアー・メンバー等として関わるようになる[4]
1989年、ブライスは新たなバンドの結成に着手、ロメオが正式なギタリストとして参加したのを含め同年秋にメンバーが決定。1991年春にアルバムを完成させた時点でバンド名を「Phantom's Opera」に改称した[5]
結成
その後バンドのメンバーの間に確執が生まれ、ロメオとジャック・ヤング(Key)を除く3人が脱退。ロメオは「Phantom's Opera」を再編しながら活動を継続し、並行してソロアルバム『Dark Chapter』を製作。これが契機となり1994年に、ロッド・タイラー(Vo)、マイケル・ピネーラ(Key)、トーマス・ミラー(B)、ジェイソン・ルロ(Ds)の編成で、新たに「シンフォニー・エックス」を結成する。
1990年代
同年、バンドと同名のデビューアルバム『シンフォニー・エックス』をリリース。その後、2ndアルバム『ザ・ダムネイション・ゲーム』制作開始と前後してタイラーが脱退を表明し、ラッセル・アレン(Vo)に交代した。
1996年、3rdアルバム『ザ・ディヴァイン・ウィングス・オブ・トラジディ』をリリースする。このアルバムは、母国アメリカでの評価やセールスは上がらず、アルバム自体もアメリカ国内での正規リリースがなされていないままだった[6]
1997年の終わりに、個人的な理由により、ルロがバンドを一時離脱[7]。バンドはサポートとしてトーマス・ウォーリング(Ds)を迎えての4thアルバム『トワイライト・イン・オリンポス』をリリースし、1998年6月に初来日公演を催行。その後ワールドツアーを行う。
これと前後してレーベルが「ゼロ・コーポレーション」から「InsideOut」に変わり、母国アメリカでも配給可能となった。同年、InsideOutレーベルからの第1弾としてベスト・アルバム『Prelude To The Millennium -Essentials Of Symphony-』をリリース。このアルバムには1stアルバム『シンフォニー・エックス』に収録されていた楽曲「Masquerade」がアレンのボーカルで再録されたことが話題となったが、同じく1998年にミラーからマイケル・レポンド(B)へと交代している。
一方、これらのツアーが契機となって[8]2000年にルロ(Ds)が復帰し、同年に初のコンセプトアルバムでもある5thアルバム『ファイヴ-新・神話組曲』がリリースされる。その後、このアルバムを演目の主体としたヨーロッパ・ツアーを行い、フランスで行ったライヴがライヴアルバム『ライヴ!!イン・ヨーロッパ 2000-2001』として2001年にリリースされる[9]
2000年代
イタリア・ボローニャ公演 (2004年)
2002年には、6thアルバム『ジ・オデッセイ』をリリースしたが、その後はライヴやメンバー各人の他バンドへのゲスト参加、ソロアルバムなど多方面に活動が展開されるようになったため、新作までの間隔はこれまでより長くなった。2005年にはメガデスドリーム・シアターのダブルヘッドライナーの「Gigantour」に参加し、全米ツアーを行った[10]
2007年、前作から4年半ぶりの7thアルバム『パラダイス・ロスト』をリリース、ジョン・ミルトン叙事詩「パラダイス・ロスト(失楽園)」を根本テーマとして扱っている。
2010年代
2011年には8thアルバム『アイコノクラスト』をリリース。2014年には、10月19日の『LOUD PARK 14』出演による16年ぶりの来日公演を行う予定だったが、レコーディングスケジュールの都合によりキャンセルとなった[11]
2015年に9thアルバム『アンダーワールド』をリリース。翌2016年、『LOUD PARK 16』にて18年ぶり2度目の来日公演[12]

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオアルバム
ライブアルバム
コンピレーション

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Symphony X reviews, music, news - sputnikmusic・2015年10月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Symphony X|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年10月3日閲覧。
  3. ^ a b c Symphony X - シンフォニーX - キューブミュージック・2015年10月04日閲覧。
  4. ^ アルバム『ザ・ダムネイション・ゲーム』のライナーノーツより
  5. ^ シンフォニーXのファーストアルバム国内盤のライナーノーツでは、マイケル・ロメオがPhantom's Operaを結成したと記述されているが、セカンドアルバムのライナーノーツでは「後にPhantom's Operaと名乗るバンドにマイケル・ロメオが参加」と記述者の藤本昌生自身が訂正している
  6. ^ アルバム『ザ・ディヴァイン・ウィングス・オブ・トラジディ』日本国内盤ライナーノーツ解説より
  7. ^ アルバム『パラダイス・ロスト』日本国内盤ライナーノーツより。ただし、アルバム『トワイライト・イン・オリンポス』日本国内盤ライナーノーツでは「音楽性の違い」と記述されている
  8. ^ アルバム『ジ・オデッセイ』日本国内盤ライナーノーツ解説より
  9. ^ 前年にコンセプトアルバムを製作し、ライヴにて「アルバムの完全再現」を行ったドリーム・シアターのように、ライヴでのアルバムの完全再現をするのかという点に注目が集まったが、実現しなかった
  10. ^ ボストンなどの一部の地域では出演しなかった
  11. ^ NEWS - LOUDPARK 14 - 2014年8月27日閲覧
  12. ^ LOUD PARK 16、日程別&第6弾ラインナップを発表。ホワイトスネイクの出演が決定 - NME JAPAN

外部リンク[編集]