マリア・カポビージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリア・カポビージャ
María Capovilla
María Capovilla.JPG
(2005年、115歳の時のカポビージャ)
生誕 (1889-09-14) 1889年9月14日
エクアドルの旗 エクアドル グアヤキル
死没 (2006-08-27) 2006年8月27日(116歳没)
エクアドルの旗 エクアドル グアヤキル
死因 肺炎
住居 エクアドルの旗 エクアドル グアヤキル
国籍 エクアドルの旗 エクアドル
配偶者 アントニオ・カポビージャ
子供 5人

マリア・エステル・エレディア・レカロ・デ・カポビージャMaría Esther Heredia Lecaro de Capovilla1889年9月14日 - 2006年8月27日)は、エクアドルグアヤキルに住んでいた長寿世界一だった女性。彼女はエクアドル及び南アメリカで最も長生きをした人物であり、2015年2月16日大川ミサヲに追い抜かれるまでは3世紀を生きた人物の中では最高齢の人物でもあった。

1917年に結婚し子供を5人もうけるが、夫のアントニオは1949年に死去。5人の子のうち、マリアが死去した2006年の時点で生存していたのは3人だけであった。また、マリアには2006年の時点で孫が12人、曾孫が20人、玄孫が2人いた。

最晩年まで元気な生活を送り、新聞を読んだり、テレビを観たり、杖を使わずに歩いたりしていたという。2004年5月29日以降は世界最高齢の人物としてギネス世界記録に認定されていたが、2006年8月27日に肺炎のため116歳347日で没した。

なお、エクアドル人としては長寿世界一になった唯一の人である。また、1880年代生まれの最後の生き残りであった。

出典[編集]

記録
先代:
ラモナ・イグレシアス
存命人物のうち世界最高齢
2004年5月29日 - 2006年8月27日
次代:
エリザベス・ボールデン