ホクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホクト株式会社
Hokto Corporation
ホクト本社
ホクト本社
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
381-8533
長野県長野市南堀138-1
北緯36度39分52.8秒 東経138度14分30.5秒 / 北緯36.664667度 東経138.241806度 / 36.664667; 138.241806座標: 北緯36度39分52.8秒 東経138度14分30.5秒 / 北緯36.664667度 東経138.241806度 / 36.664667; 138.241806
設立 1964年7月22日
業種 水産・農林業
法人番号 6100001003151
代表者 水野雅義(代表取締役社長
資本金 55億円
売上高 単独435億円
連結609億円
(2015年3月期)
純資産 単独501億円
連結500億円
(2015年3月31日現在)
総資産 単独724億円
連結817億円
(2015年3月31日現在)
従業員数 連結1,180名
(2015年3月31日現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 株式会社北斗 17.86%
(2015年3月31日現在)
外部リンク http://www.hokto-kinoko.co.jp/
テンプレートを表示
ホクトの商品例
ブナピー

ホクト株式会社: Hokto Corporation)は、食品包装資材の製造・販売、および食用きのこを製造する企業。東証一部上場(証券コード1379)。

概要[編集]

創業者は水野正幸。設立当初は、食品包装資材の販売を行う企業であったが、1968年昭和43年)に、ガラスに替わるポリプロピレン製のきのこ栽培容器を製造・販売することで、地震などでも割れないメリットが評価され、以後きのこ栽培用資材のトップメーカーとなった。1983年(昭和58年)に「きのこ総合研究所」を設立して以後、きのこの新品種の開発から製造、販売までの事業を開始、きのこ栽培の総合企業となった。

2002年平成14年)より、商品となっているきのこをキャラクター化、イメージソングとして「きのこの唄」を採用しテレビCMで放映することで、知名度が急上昇、それに伴いきのこ販売の売り上げを大きく上げている。

社名は北斗七星から来ており、その第7星「搖光」が古来時刻の基準とされたように、業界の指針を担うという自負を込めている[1]

沿革[編集]

  • 1964年昭和39年)7月22日 - 長野県長野市にて、包装資材の販売を手がけるデラップス商事株式会社を設立。
  • 1968年(昭和43年) - きのこ栽培用ポリプロピレンびんの製造を開始。
  • 1972年(昭和47年) - ホクト産業株式会社に社名変更。
  • 1983年(昭和58年) - 長野市に、きのこ総合研究所を設立。
  • 1986年(昭和61年) - エノキタケ新品種ホクトM-50を開発。
  • 1990年平成2年) - ブナシメジ新品種ホクト5号菌を開発。
  • 1994年(平成6年)11月 - 株式を店頭公開。
  • 1999年(平成11年)
  • 2002年(平成14年)
  • 2014年(平成26年)7月25日 - 自社で栽培したエリンギが食用キノコとして世界最長記録を達成したと発表[2]

事業所[編集]

商品・生産量[編集]

生産量はいずれも2014年度実績

CM[編集]

「きのこの唄」ときのこのキャラクターきのこ組」が登場し、コマーシャル内で彼らが歌にあわせて遊んでいる姿がかわいい、と一躍、有名になった会社。 CMソング「きのこの唄」(歌手は当初「石川和男、いしいゆうこ」となっていたが、CDの一般発売の際に「きのこオールスターズ」名義に変更された)として当初はプレゼントキャンペーン用のみでCD化、2003年(平成15年)には一般発売された。ショッピングセンターのきのこ売り場で音楽を流したり、小型テレビでCMを常に流しているため、幅広い世代に認知された。携帯電話着メロとしても人気がある。モーニングバード(木曜)や、話題のアンテナ 日本全国8時です(月曜~金曜)のスポンサーでもある。

2013年春から、主婦役に鈴木砂羽、”きのこの精”に要潤を起用したCMを放送していた。同年10月25日、同シリーズとして、扇情的な描写で話題を呼んだ「立派なキノコ」のCMを放送するが、「下品」「子供に見せられない」「卑猥すぎる」などの苦情が一定数寄せられたため放送中止となった。しかし、インターネット上で話題を呼び、YouTubeでは同CMの動画がわずか4日間で約130万回再生され、11月15日までの3週間では実に340万回以上に達した。同社では、テレビCMの放映前に、社長を交えた役員会で内容についても確認がなされ、会議の場では、「少しやり過ぎではないか」という声も挙がったものの、わずか2年で営業利益が4分の1以下になるという経営状況の中、多少のリスクを躊躇していては生まれ変われないという危機感や、「生まれ変わりたい」という強い思いから、同CMのテレビ放映に踏み切ったという[3]

2015年、テレビCMに空手家宇佐美里香を起用[4]

記念日[編集]

7月10日ブナピーの日。2002年(平成14年)7月10日にホワイトぶなしめじのブナピーがホクト株式会社より発売されたことから同社が制定した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]