ブレイン・ボイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブレイン・ボイヤー
Blaine Boyer
HT-Blaine-Boyer20130605.jpg
阪神タイガース時代
(2013年6月5日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州アトランタ
生年月日 (1981-07-11) 1981年7月11日(37歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 MLBドラフト3巡目
初出場 MLB / 2005年6月12日
NPB / 2013年6月23日
最終出場 NPB / 2013年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブレイン・トーマス・ボイヤーBlaine Thomas Boyer, 1981年7月11日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身のプロ野球選手。右投右打。現在はフリーエージェント

愛称はグランデ・ロホ(スペイン語で「大きな赤」だが、ここでは「巨躯の赤髪」という意味で使われる)[1]

経歴[編集]

プロ入りとブレーブス時代[編集]

2000年6月13日MLBドラフト3巡目(全体100位)で地元ジョージア州アトランタ・ブレーブスから指名される。学生時代は主に外野手だったが、高校最後の試合で初めて投手として出場し、それがきっかけで投手として指名されている。

2005年6月12日オークランド・アスレチックス戦においてメジャーデビューを果たす。同年は43試合に登板し、防御率3.11の成績を挙げる[2]

2006年は、故障者リスト入りしメジャーでわずか2試合の登板だった[2]

2007年も5試合の登板にとどまった[2]

2008年にはリリーフとして76試合登板[2]。しかし、防御率は5.88と精彩を欠いた[2]

2009年は、開幕から打ち込まれ3試合で防御率40点台の乱調だった[2]

カージナルス時代[編集]

2009年4月20日ブライアン・バートンとのトレードで、セントルイス・カージナルスへ移籍した[3]。しかし、カージナルスでも思うような働きができず、6月4日DFAとなった[4]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2009年6月8日ウェイバー公示を経てアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[5]

2010年も54試合に登板[2]。オフの12月2日FAとなった[2]

メッツ時代[編集]

2011年1月21日ニューヨーク・メッツとマイナー契約を結び[6]、メジャーで5試合に登板[2]。しかし4月10日にDFAとなり[7]、13日にFAとなった。

パイレーツ傘下時代[編集]

2011年4月18日ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んだ[2]。AAA級インディアナポリス・インディアンス、AA級アルトゥーナ・カーブに所属したが、6月17日に自由契約となった[2]

カージナルス復帰[編集]

2011年7月5日セントルイス・カージナルスとマイナー契約を結んだ[8]8月13日に自由契約となった[9]

ロイヤルズ傘下時代[編集]

2013年1月3日カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだ[10]。開幕から傘下のAAA級オマハ・ストームチェイサーズでプレーしていたが、5月17日に自由契約となった[2]

阪神時代[編集]

2013年5月26日阪神タイガースと契約した。背番号は「44」で、登録名はボイヤー[11]。阪神では、長年セットアッパークローザーを務めていた藤川球児が開幕前にシカゴ・カブスへ移籍。これを機に先発からクローザーに回った久保康友や、セットアッパーの安藤優也福原忍が5月に入って調子を落としていたこともあって、速球派にして制球力の高いボイヤーの獲得で救援陣の強化を図った[12]

入団後は、二軍での調整を経て、6月21日に初めての出場選手登録。同月23日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)で、一軍デビューを果たした。その後は中継ぎ要員として登板を重ねていたが、150 km/h台の速球を連投しても相手打者から空振りを奪えないという弱点を露呈[13]。次第に集中打を浴びるようになったことから、7月26日に左腕投手のロバート・ザラテと入れ替わる格好で出場選手登録を抹消された[13]。二軍では投手コーチの久保康生のもとで投球フォームを修正し、球数を多く投げて動作を浸透させるために先発にも挑戦した[14]8月21日に救援要員として再び一軍へ昇格。来日10試合目の一軍戦登板になった8月23日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で来日初勝利を挙げる[15]と、翌24日の同カードでも救援登板で勝利投手になった[14]。その後の公式戦でも10試合中7試合に登板したが、登板過多の影響で右肩の張りを訴えたことから、9月5日に再び出場選手登録を抹消された[16]。なお、同月17日には一軍に復帰。終盤戦からクライマックスシリーズ(阪神がシーズン2位でファーストステージまで進出)にかけても、中継ぎ投手として登板を重ねた。しかし、球団がシーズン終了後に呉昇桓マウロ・ゴメスを獲得したことから、一軍で同時に出場できる外国人選手枠(最大4名)との兼ね合いで退団に至った。12月2日に自由契約となった[17]

パドレス時代[編集]

2014年1月10日サンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだ[18]。開幕後はAAA級エル・パソ・チワワズで18試合に登板。1勝2敗3セーブ・防御率3.32の成績で、5月22日にパドレスとメジャー契約を結んだ。同日のシカゴ・カブス戦で2回を無失点に抑えたものの、5月25日にDFAとなり[19]、27日に40人枠を外れる形でAAA級エル・パソへ降格した。6月15日に再びパドレスとメジャー契約を結んだ[20]。オフにFAとなった[2]

ツインズ時代[編集]

2015年1月7日ミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ[2]スプリングトレーニングで10試合に登板して防御率1.26を残し、開幕25人枠入りした[2]。同年は、キャリアで2番目に多い68試合に登板し、防御率はキャリアハイの2.49を記録した[2]。また同年、メジャーで通算300試合登板に到達した[2]11月2日にFAとなった[21]

ブルワーズ時代[編集]

2016年2月12日ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに合流した[22]4月2日にメジャー契約を結んで開幕25人枠入りした[2]。61試合に登板したが、オフにFAとなった[2]

レッドソックス時代[編集]

2017年1月17日にプロ入り時の古巣・ブレーブスとマイナー契約を結んだ。メジャーのキャンプに招待選手として参加した[2]が、3月25日に自由契約となった[23]

その後、4月18日ボストン・レッドソックスとマイナー契約を結び、傘下のAAA級ポータケット・レッドソックスへ配属された[2]5月28日にメジャー契約を結び、アクティブ・ロースター入りした[24]。同年は32試合にリリーフ登板して通算400試合登板に達したが、防御率4.35・1勝1敗・WHIP1.55という成績で、防御率とWHIPは2年連続で悪化するなど、低調な成績だった。なお、マイナーのAAA級ポータケットでは、11試合のリリーフ登板で防御率2.93・2敗・WHIP1.30という成績を記録した。オフの11月2日にFAとなった[25]

ロイヤルズ時代[編集]

2018年2月7日にロイヤルズとマイナー契約を結び、招待選手としてメジャーのスプリングトレーニングに参加することになった[26]3月29日にメジャー契約を結んで開幕25人枠入りした[27]5月28日ミネソタ・ツインズ戦で右腰の張りを訴え、5月30日5月29日に遡って10日間の故障者リスト入り、6月5日に60日間の故障者リストに移行した[2]8月12日に故障者リストから復帰し、8月14日トロント・ブルージェイズ戦に登板したが、ケビン・ピラーに本塁打を浴びるなど1回2失点で降板し[28]8月15日に自由契約となった[2]


投球スタイル[編集]

球の出どころの見づらいフォームから繰り出す最速159km/h、平均球速149km/hのフォーシームと、同じく平均球速149km/hのツーシームを主体とする速球派[29]。 変化球は、空振りの取れるスライダーのほか、カーブチェンジアップを投げる[30]。しかし、奪三振率は低く、基本的にはツーシームで打たせて捕るタイプの投手である。

人物[編集]

趣味は狩猟で、幼少期から森で狩りをしていた[29]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 ATL 43 0 0 0 0 4 2 0 9 .667 158 37.2 32 1 17 0 2 33 2 0 13 13 3.11 1.30
2006 2 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 7 0.2 4 0 1 0 0 0 0 0 3 3 40.50 7.50
2007 5 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 26 5.1 10 0 1 1 0 3 2 0 3 2 3.38 2.06
2008 76 0 0 0 0 2 6 1 14 .250 313 72.0 73 10 25 4 2 67 2 0 51 47 5.88 1.36
2009 3 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 11 1.1 3 0 3 0 1 2 0 0 6 6 40.50 1.39
STL 15 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 70 16.1 14 1 5 0 1 9 0 0 10 8 4.41 4.50
ARI 30 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 160 37.0 39 0 12 0 3 18 2 0 20 11 2.68 1.16
'09計 48 0 0 0 0 0 2 0 4 .000 241 54.2 56 1 20 0 5 29 2 0 36 25 4.12 1.38
2010 54 0 0 0 0 3 2 0 5 .600 251 57.0 59 3 29 1 1 29 2 0 32 27 4.26 1.54
2011 NYM 5 0 0 0 0 0 2 1 0 .000 33 6.2 13 2 1 0 1 1 0 0 8 8 10.80 2.10
2013 阪神 22 0 0 0 0 3 1 0 0 .750 104 27.0 20 3 4 0 0 21 0 0 8 8 2.67 0.89
2014 SD 32 0 0 0 0 0 1 0 5 .000 160 40.1 34 2 8 0 0 29 1 0 16 16 3.57 1.04
2015 MIN 68 0 0 0 0 3 6 1 19 .333 268 65.0 62 5 19 4 0 33 5 0 24 18 2.49 1.25
2016 MIL 61 0 0 0 0 2 4 1 5 .333 282 66.0 80 4 17 3 1 26 0 0 30 29 3.95 1.47
2017 BOS 32 0 0 0 0 1 1 0 2 .500 178 41.1 50 3 14 3 1 33 1 0 20 20 4.35 1.55
MLB:11年 426 0 0 0 0 15 26 4 65 .366 1917 446.2 473 31 152 16 13 283 17 0 236 208 4.19 1.40
NPB:1年 22 0 0 0 0 3 1 0 0 .750 104 27.0 20 3 4 0 0 21 0 0 8 8 2.67 0.89
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 48(2005年 - 2007年、2016年)
  • 56(2008年 - 2009年)
  • 54(2009年途中 - 同年途中)
  • 55(2009年途中 - 2010年)
  • 23(2011年)
  • 44(2013年)
  • 58(2014年)
  • 36(2015年)
  • 51(2017年 - 2018年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Red Sox Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月6日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w MLB公式プロフィール参照。2018年8月17日閲覧。
  3. ^ Matthew Leach (2009年4月20日). “Cards get Boyer from Braves for Barton” (英語). MLB.com. 2016年4月6日閲覧。
  4. ^ Matthew Leach (2009年6月4日). “Cards call up Todd, designate Boyer” (英語). MLB.com. 2016年4月6日閲覧。
  5. ^ Steve Gilbert (2009年6月8日). “D-backs claim Boyer off waivers” (英語). MLB.com. 2016年4月6日閲覧。
  6. ^ Spencer Fordin (2011年1月21日). “Mets ink veteran Boyer to Minor League deal” (英語). MLB.com. 2016年4月6日閲覧。
  7. ^ Mets call up pair of pitchers, designate Boyer” (英語). MLB.com (2011年4月10日). 2016年4月6日閲覧。
  8. ^ Cardinals sign Boyer, Mahay to Minors deals” (英語). MLB.com (2011年7月5日). 2016年4月6日閲覧。
  9. ^ Boyer released by Memphis” (英語). MLB.com (2011年8月13日). 2016年4月6日閲覧。
  10. ^ Gary Cotton (2013年1月3日). “Royals ink righty Boyer to Minor League deal” (英語). MLB.com. 2016年4月6日閲覧。
  11. ^ 【阪神】G狩り!新戦力ボイヤー入団会見”. 日刊スポーツ (2013年5月27日). 2013年5月27日閲覧。
  12. ^ 阪神助っ投ボイヤー獲得 今月末にも決定”. 日刊スポーツ (2013年5月20日). 2013年5月30日閲覧。
  13. ^ a b 虎・ボイヤー2軍落ち…藤浪降板後ぶち壊し炎上”. サンケイスポーツ (2013年7月26日). 2013年7月27日閲覧。
  14. ^ a b 阪神ボイヤー2回0封で2日連続白星”. 日刊スポーツ (2013年8月25日). 2013年8月26日閲覧。
  15. ^ 【阪神】ボイヤー1回無失点で来日初勝利”. 日刊スポーツ (2013年8月23日). 2013年8月24日閲覧。
  16. ^ 阪神・ボイヤー、続投断り2軍降格に不満発言”. サンケイスポーツ (2013年9月7日). 2013年9月7日閲覧。
  17. ^ 2013年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト (2013年12月2日) 2015年10月13日閲覧
  18. ^ Charlie Wilmoth (2014年1月10日). “Minor Moves: Blaine Boyer” (英語). MLB Trade Rumors. 2016年4月6日閲覧。
  19. ^ Corey Brock (2014年5月25日). “Buckner, Boyer designated to clear roster room”. MLB.com. 2016年4月6日閲覧。
  20. ^ Jake Kring-Schreifels (2014年6月15日). “Padres place Vincent on DL, call up Boyer”. MLB.com. 2016年4月6日閲覧。
  21. ^ Transactions | twinsbaseball.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2016年4月6日閲覧。
  22. ^ Andrew Simon (2016年2月12日). “Brewers sign Boyer to Minors deal” (英語). MLB.com. 2016年4月6日閲覧。
  23. ^ Mark Bowman (2017年3月25日). “Braves release veteran reliever Boyer” (英語). MLB.com. 2017年4月28日閲覧。
  24. ^ Quinn Roberts (2017年5月28日). “Red Sox call up Boyer, add righty to bullpen” (英語). MLB.com. 2017年5月29日閲覧。
  25. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月30日閲覧
  26. ^ 元阪神ボイヤー、ロイヤルズとマイナー契約 メジャー昇格目指しキャンプ参加 Full-Count 2018年2月8日
  27. ^ Jeffrey Flanagan (2018年3月29日). “Boyer, Goins make KC roster; Karns hits DL” (英語). 2018年4月7日閲覧。
  28. ^ Blue Jays vs. Royals | 08/14/18” (英語). MLB.com (2018年8月15日). 2018年8月17日閲覧。
  29. ^ a b 阪神新助っ人ボイヤー“ウサギ狩り”に自信”. スポニチ Sponichi Annex (2012年5月28日). 2013年5月29日閲覧。
  30. ^ 阪神新助っ人の右腕ボイヤー 威勢はいいけど大丈夫なの?”. 夕刊フジ (2013年5月29日). 2013年5月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]