ブルース・マックスウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルース・マックスウェル
Bruce Maxwell
モンクローバ・スティーラーズ
Bruce Maxwell 2018 Nashville.jpg
AAA級ナッシュビル時代(2018年6月29日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ドイツの旗 ドイツ
ヘッセン州ヴィースバーデン
生年月日 (1990-12-20) 1990年12月20日(28歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 2012年 MLBドラフト2巡目
初出場 2016年7月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドイツの旗 ドイツ

ブルース・タイロン・マックスウェルBruce Tyrone Maxwell, 1990年12月20日 - )は、 ドイツヘッセン州ヴィースバーデン出身のプロ野球選手捕手)。右投左打。2019年現在は、メキシカンリーグモンクローバ・スティーラーズ所属。

愛称は体型がプリンス・フィルダーを小型化したように見えることからリトル・プリンス[1]

経歴[編集]

ドイツの米軍基地で生まれ、後にアメリカ合衆国アラバマ州ハンツビルへ移る[2]

2012年MLBドラフト2巡目(全体62位)でオークランド・アスレチックスから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・アスレチックスでプロデビュー。A-級バーモント・レイクモンスターズ英語版でもプレーし、2球団合計で67試合に出場して打率.277、26打点、1盗塁を記録した。

2013年はA級ベロイト・スナッパーズ英語版とA+級ストックトン・ポーツでプレーし、2球団合計で104試合に出場して打率.275、7本塁打、49打点を記録した。

2014年はA+級ストックトンとAA級ミッドランド・ロックハウンズでプレーし、2球団合計で104試合に出場して打率.243、6本塁打、37打点を記録した。

2015年はAA級ミッドランドでプレーし、96試合に出場して打率.243、2本塁打、48打点を記録した。

2016年開幕前の3月8日に第4回WBC予選のドイツ代表に選出された[3]

シーズンでは開幕をAAA級ナッシュビル・サウンズで迎え、7月23日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りすると、同日のタンパベイ・レイズ戦でメジャーデビュー[4]。この年メジャーでは33試合に出場して打率.283、1本塁打、14打点を記録した。

2017年9月23日の試合前の国歌斉唱の際に、自身の出身であるハンツビルでNFLの選手で国歌斉唱の際に抗議する選手はクビにすべきと発言したドナルド・トランプに抗議し[2]、MLBの選手として初めて膝をつき抗議活動を行なった[5]。オフの10月24日に抗議行動の影響によってアラバマ州のレストランでトランプ大統領を支持するウェイターに食事の提供を拒否されたと主張したが[6]、レストランのウェイターはマックスウェルが誰なのか知らなかったと否定している[7]。しかし、一方で同席した市会議員はウェイターがマックスウェルの抗議行動の話題を持ち出していたと証言している[8]。10月28日にはアリゾナ州スコッツデールの自宅でフードデリバリーの女性配達員に銃を突きつけ、加重暴行および風紀紊乱の容疑[9]で逮捕された[10]。11月8日に加重暴行および風紀紊乱の罪で大陪審に起訴された[11]、有罪となれば最大15年の禁固刑。裁判は2018年8月9日に予定されている[12]

2018年9月1日にDFAとなり[13]、6日にマイナー契約でAAA級ナッシュビルへ配属された。オフの11月2日にFAとなった[14]

メキシカンリーグ時代[編集]

2019年メキシカンリーグモンクローバ・スティーラーズと契約。

人物[編集]

父親は黒人、母親は白人であり、アメリカ合衆国出身の黒人捕手は2005年チャールズ・ジョンソン以来11年ぶりだった[15]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 OAK 33 101 92 8 26 6 1 1 37 14 0 0 0 1 8 0 0 24 2 .283 .337 .402 .739
2017 76 253 219 21 52 12 0 3 73 22 0 0 1 2 31 0 0 63 10 .237 .329 .333 .663
MLB:2年 109 354 311 29 78 18 1 4 110 36 0 0 1 3 39 0 0 87 12 .251 .331 .354 .685
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 63(2016年)
  • 13(2017年 - 2018年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Explaining A's Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月9日閲覧
  2. ^ a b アスレチックスのマクスウェル 国歌吹奏の際に膝をついて抗議 大リーグでは初! スポニチアネックス (2017年9月24日) 2017年9月25日閲覧
  3. ^ Deutschlands Kader für World Baseball Classic Qualifier veröffentlicht Deutscher Baseball und Softball Verband e.V. (ドイツ語) (2017年3月8日) 2017年9月18日閲覧
  4. ^ Healy's HR caps 3-run 9th-inning rally, A's beat Rays 4-3
  5. ^ A's Maxwell kneels during anthem MLB.com (英語) (2017年9月24日) 2017年9月25日閲覧
  6. ^ MLB's Bruce Maxwell Pro-Trump Waiter Wouldn't Serve Me ... Over Kneeling Protest”. TMZ SPORTS (2017年10月24日). 2017年11月1日閲覧。
  7. ^ Hollie McKay (2017年10月26日). “Waiter: MLB catcher Bruce Maxwell made up story about service refusal over anthem protest” (英語). Fox News. 2018年9月2日閲覧。
  8. ^ Jacob Bogage (2017年10月24日). “‘It’s BS’: MLB player who knelt during national anthem denied service at Alabama restaurant”. The Washington Post. 2018年9月2日閲覧。
  9. ^ “人種差別に抗議のアスレチックス捕手、女性に銃向けた容疑で逮捕”. iSM (Yahoo!ニュース(iSM)). (2017年10月30日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000212-ism-base 2017年11月1日閲覧。 
  10. ^ A's issue statement after Maxwell incident MLB.com (英語) (2017年10月29日) 2017年11月5日閲覧
  11. ^ A’s Bruce Maxwell Indicted By Grand Jury”. CBS Sacramento (2017年11月8日). 2017年11月11日閲覧。
  12. ^ No plea agreement yet for A’s catcher Bruce Maxwell”. SFGATE (2018年2月12日). 2018年2月20日閲覧。
  13. ^ Alex Hall (2018年9月1日). “Oakland A’s call up 8 players in flurry of September moves” (英語). SB Nation. 2018年9月2日閲覧。
  14. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年2月21日閲覧。
  15. ^ Slugger 2018年1月号 31頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]