フライハイワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フライハイワークス株式会社: Flyhigh Works Co., Ltd.)は、東京都台東区駒形に所在する日本のゲームソフト開発会社。

概要[編集]

台湾系日本人[1]の黄政凱によって2011年に設立。主にダウンロードゲームのローカライズや開発、インディーズゲームの配信を行っている[2]。会社名はセガサターン用ソフト『バーニングレンジャー』(セガ)のテーマソング「Burning Hearts 〜炎のANGEL〜」の歌詞が由来[2]

日本製ゲームソフトの中国語繁体字版、英語版ローカライズより始まり、2013年4月にニンテンドー3DSダウンロードソフト『魔女と勇者』(スマートフォン用アプリを自社で移植)でパブリッシングを開始、これが14万ダウンロードのスマッシュヒットとなる[2]

2017年には、Nintendo Switchのローンチ(同時発売タイトル)として、Rayarkがスマートデバイス向けに展開していたゲームアプリ『VOEZ』の移植版を投入[3]。同年末にはニンテンドーeショップにて配信中のニンテンドー3DSとWii U用のダウンロードソフトが累計100万ダウンロード(製品版のみ)を突破した[4]

ゲームソフト[編集]

フライハイワークス公式サイトを参照。

Wikipediaにある記事についてはCategory:フライハイワークスのゲームソフトを参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本(大宮)生まれで両親が台湾人
  2. ^ a b c 畑佐雄大 (2017年6月20日). “「すべてはゲームに携わり続けるために」──フライハイワークス代表・黄 政凱が貫くポリシー”. シシララTV. 2017年12月22日閲覧。
  3. ^ Switch『VOEZ』のパッケージ版が2018年初頭に発売。コントローラー操作モードなど追加予定”. 電撃オンライン (2017年9月22日). 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ フライハイワークス,Wii Uと3DSソフトの累計DL数が100万を突破。記念セールを12月27日に開始”. 4Gamer.net (2017年12月19日). 2017年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]