フライハイワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

フライハイワークス株式会社: Flyhigh Works Co., Ltd.)は、東京都台東区駒形に所在する日本のゲームソフト開発会社。

概要[編集]

台湾系日本人[1]の黄政凱によって2011年4月12日に設立[2]。主に海外製インディーゲームのローカライズや配信を行っている。会社名はセガサターン用ソフト『バーニングレンジャー』(セガ)のテーマソング「Burning Hearts 〜炎のANGEL〜」の歌詞と、かつて黄が在籍していたゲーム会社・アークシステムワークスが由来となっている[3][4][2]

起業当初は社員が黄ひとりの状態で日本製ゲームソフトの中国語繁体字版、英語版ローカライズを請け負い、5pb.(現・MAGES.)が発売したゲームソフト『STEINS;GATE』の中国版などを担当[3][2]。また、開発元として個人製作のスマートデバイスアプリ『「いつでも一緒に。」BLACK JACK』のニンテンドー3DS(以下3DS)向け移植(発売元はトムクリエイト)なども行った[2]。その後、同じくスマートデバイス用アプリを3DS向けに移植した『魔女と勇者』を自社パブリッシング第1弾タイトルとして2013年4月にリリースし、14万ダウンロードのヒットとなった[3]

2017年には、Nintendo Switchローンチタイトルとして、Rayarkがスマートデバイス向けに展開していたゲームアプリ『VOEZ』の移植版を投入[5]。同年末にはニンテンドーeショップにて配信中のニンテンドー3DSとWii U用のダウンロードソフトが累計100万ダウンロード(製品版のみ)を突破した[6]

ゲームソフト[編集]

フライハイワークス公式サイトを参照。

Wikipediaにある記事についてはCategory:フライハイワークスのゲームソフトを参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]