ノアム・カリサール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノアム・カリサール
Noam Calisar
琉球ブルーオーシャンズ #48
基本情報
国籍 イスラエルの旗 イスラエル
出身地 テルアビブ
生年月日 (1997-12-14) 1997年12月14日(23歳)
身長
体重
187 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手右翼手左翼手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム イスラエルの旗 イスラエル

ノアム・カリサールNoam Calisar, 1997年12月14日 - )は、イスラエルテルアビブ出身のプロ野球選手内野手)。琉球ブルーオーシャンズ所属。

経歴[編集]

イスラエル人の父と日本人の母の間に生まれる[1]。3歳から9歳の頃まで日本で過ごし[2]、7歳の頃に野球を始めた[3]。イスラエルに戻ってからはビニャミナ英語版に住み、友達に一から野球を教えて小学生野球チームを結成していた[3]。11歳の時にはイスラエルの代表チーム入りをしており、16歳でU-19のヨーロッパ代表にも選ばれた[3]

2014年チェコプラハで開催されたU-16のポニートーナメントイスラエル代表に選出され、銀メダル獲得に貢献[4]。同年、オランダホーフトドルプのMLBミニキャンプに参加し[5][6]、翌年から欧州のMLBアカデミーに参加。トーナメント[7]とトレーニングキャンプに数回参加。

2015年からは継続してヨーロッパ野球選手権大会・Bプール(予選)のイスラエル代表に選出されている[8]

MLBアカデミーにドイツ野球ブンデスリーガのコーチがいたことから、高校卒業後の2017年は同リーグのレーゲンスブルク・レギオネーレに参加[2]。1部リーグには13試合に出場し、打率.129(31打数4安打)の成績[9][10]、2部リーグには9試合に出場し、打率.400(25打数10安打)の成績だった[11]

スポーツ特待として海外でプレーをする特別許可が出て、日本体育大学で2ヶ月の野球留学を経験[3]。日本の独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグ群馬ダイヤモンドペガサスからスカウトを受け、2018年5月7日より練習生として入団[12]。同年9月13日に自由契約になるも[13]2019年も同リーグの福島レッドホープスに練習生として入団した。

2019年シーズン中にはヨーロッパ野球選手権大会予選・Bプール英語版のイスラエル代表メンバーとして出場。4試合に出場し、17打数3安打3打点で打率.176の成績だった[14]。この大会でイスラエルは優勝し、2020年東京オリンピックの野球競技予選を兼ねた本選に出場を決めた[15]。なお、本選以降はカリサールはメンバーから外れている[16]

2020年2月8日のベースボール・チャレンジ・リーグの合同トライアウトに参加したが、入団先は決まらなかった[17]。同年3月20日、リーグには属さない日本の独立球団・琉球ブルーオーシャンズにテスト生として参加していることが球団公式Twitterで報告された[18]8月7日、正式に選手契約を結んだ[19]

人物[編集]

イスラエルではまだ野球が一般的ではないため、国際大会での活躍をもって、イスラエル国内に野球を普及させようという考えを持っている[20]。将来選手をやめた後も、イスラエルの子供たちに野球を広めていくのが夢[3]

一番得意な言語はヘブライ語で、日本語英語も話せる。小さい頃に日本語に慣れ親しんでいたため、咄嗟に出る言葉が日本語のこともあるが、敬語表現は得意ではない[3]

詳細情報[編集]

独リーグでの打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 レギオネーレ 13 32 31 4 4 0 2 0 8 2 0 0 - - 1 - 0 16 2 .129 .156 .258 .414
通算:1年 13 32 31 4 4 0 2 0 8 2 0 0 - - 1 - 0 16 2 .129 .156 .258 .414

背番号[編集]

  • 10 (2017年)
  • 48 (2020年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “五輪初出場、裏方に日本人 野球イスラエル代表に貢献”. 日本経済新聞. (2019年12月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52884720T01C19A2CR0000/ 2020年3月20日閲覧。 
  2. ^ a b Noam Calisar – Representing Israel Baseball in Germany” (英語). IAB - Israel Association of Baseball. 2020年3月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f イスラエル人の父、日本人の母を持つノアム・カリサールさん。”. イスラエル大使館 / Israel in Japan Facebook (2020年3月18日). 2020年3月20日閲覧。
  4. ^ A Diary of a Tournament – Israel National U16 Team at the PONY Tournament in Prague” (英語). IAB - Israel Association of Baseball. 2020年3月20日閲覧。
  5. ^ “Israel Baseball Ranks 19th in World Ratings” (英語). The Jewish Press - JewishPress.com. (2014年9月22日). https://www.jewishpress.com/news/breaking-news/israel-baseball-ranks-19th-in-world-ratings/2014/09/22/ 2020年3月20日閲覧。 
  6. ^ Noam Calisar Chosen for MLB Mini Camp” (英語). IAB - Israel Association of Baseball. 2020年3月20日閲覧。
  7. ^ Noam Calisar Represented Israel at the MLB Academies Fall Tournament” (英語). IAB - Israel Association of Baseball. 2020年3月20日閲覧。
  8. ^ Israel National Team Player with experience in Europe and Japan, seeking club for 2020 season” (英語). Baseball Jobs Overseas. 2020年3月20日閲覧。
  9. ^ Noam Calisar | Stats and Spray Charts” (英語). GameChanger. 2020年3月20日閲覧。
  10. ^ Statistiken Deutscher Baseball und Softball Verband: Noam Calisar” (ドイツ語). Baseball & Softball Portal. 2020年3月20日閲覧。
  11. ^ Statistiken Deutscher Baseball und Softball Verband: Noam Calisar” (ドイツ語). Baseball & Softball Portal. 2020年3月20日閲覧。
  12. ^ 新入団練習生のお知らせ”. 群馬ダイヤモンドペガサス (2018年5月7日). 2020年3月20日閲覧。
  13. ^ 退団選手のお知らせ”. 群馬ダイヤモンドペガサス (2018年9月13日). 2020年3月20日閲覧。
  14. ^ European Championship Seniors B - Pool 2 - ISRAEL” (英語). CONFEDERATION OF EUROPEAN BASEBALL. 2020年3月20日閲覧。
  15. ^ “Israel team wins European baseball Olympic qualification tournament” (英語). The Jerusalem Post. (2019年7月7日). https://www.jpost.com/Israel-News/Sports/Israel-team-wins-European-baseball-Olympic-qualification-tournament-594904 2020年3月20日閲覧。 
  16. ^ Team Israel Roster - European Championships 2019” (英語). IAB - Israel Association of Baseball. 2020年3月20日閲覧。
  17. ^ “BCリーグのトライアウトに密着。有名選手の弟、高校中退からプロ目指す16歳も・・・”. やる気ラボ. (2020年2月10日). https://www.yaruki-lab.jp/bcleague2 2020年3月20日閲覧。 
  18. ^ 琉球ブルーオーシャンズ [@RYUKYUBLUEOCEAN] (20 March 2020). "お知らせ 本日から、イスラエル代表のノアム カリサーノ選手がテスト生として、参加しています。" (ツイート). Twitterより2020年3月20日閲覧
  19. ^ 選手契約のお知らせ”. 琉球ブルーオーシャンズ (2020年8月7日). 2020年8月7日閲覧。
  20. ^ 真相究明1 イスラエルの野球事情 謎に包まれたライバル国に潜入 | World Baseball エンタテイメントたまッチ! 2019/12/30(月)12:50のニュース”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2020年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]