ネイト・フレイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネイト・フレイマン
Nate Freiman
オークランド・アスレチックス (マイナー)
Nate Freiman on August 23, 2013.jpg
2013年8月23日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントンD.C.
生年月日 1986年12月31日(28歳)
身長
体重
6' 7" =約200.7 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 2009年 ドラフト8巡目(全体234位)でサンディエゴ・パドレスから指名
初出場 2013年4月3日 シアトル・マリナーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム イスラエルの旗 イスラエル
WBC 2013年

ネイサン・サミュエル・フレイマンNathan Samuel Freiman, 1986年12月31日 - )は、アメリカ合衆国ワシントンD.C.出身のプロ野球選手一塁手)。右投右打。現在は、MLBオークランド・アスレチックス傘下に所属している。

夫人は元プロゴルファーのアマンダ・ブルーメンハースト

経歴[編集]

2008年MLBドラフトテキサス・レンジャーズから28巡目指名されたが、この時は入団しなかった。

2009年MLBドラフトサンディエゴ・パドレスから8巡目(全体234位)指名され、6月15日に入団。この年は傘下のA-級ユージーン・エメラルズで72試合に出場し、打率.294・11本塁打・68打点という打撃成績をマークし、プロ初年度から強打を発揮した。

2010年はA級フォートウェイン・ティンキャップスでプレーしたが、2年連続で打率.294を記録した。

2011年はA+級レイクエルシノア・ストームで138試合に出場して22本塁打・111打点という好成績を記録。守備面では一塁で16失策を犯し、守備率.987という成績だった。

2012年はレギュラーシーズンでは、メジャー昇格はならなかったものの、AA級サンアントニオ・ミッションズで打率.298・24本塁打・105打点という成績を残し、ランクの異なるマイナーでの成績ながら、2年連続で20本塁打・100打点のラインをクリアした。さらに第3回WBC予選のイスラエル代表に選出された[1]。オフの12月6日ルール・ファイブ・ドラフトヒューストン・アストロズから2巡目指名され、移籍した。

2013年3月23日ウェーバーオークランド・アスレチックスへ移籍した[2][3]4月3日シアトル・マリナーズ戦でメジャーデビューを果たした[4]。この年は80試合に出場して打率.274を記録、4本塁打を放った。守備では59試合で一塁守備に就き、1失策・守備率.997という成績を残した。

2014年、出場試合数が前年の半減以下となる36試合に留まったが、前年を上回る5本のアーチを放った。しかし、打率は大幅に低下した。

2015年7月2日DFAとなった。7月5日にAAA級ナッシュビル・サウンズに異動した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 OAK 80 208 190 10 52 8 1 4 74 24 0 0 0 2 14 0 2 31 8 .274 .327 .389 .716
2014 36 93 87 12 19 5 0 5 39 15 0 0 0 0 5 1 1 23 6 .218 .269 .448 .717
通算:2年 116 301 277 22 71 13 1 9 113 39 0 0 0 2 19 1 3 54 14 .256 .309 .408 .717
  • 2014年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 7 (2013年)
  • 35 (2014年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]