ディアフーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Deerhoof
DEERHOOF February 10, 2011.jpg
2/10/11 Cambridge, MA @ The Middle East
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サンフランシスコ
ジャンル ノイズポップ
ノイズミュージック
アートロック
インディー・ロック
エクスペリメンタル
活動期間 1994年 -
レーベル ポリヴァイナル
公式サイト 公式ウェブサイト
メンバー サトミ・マツザキ
グレッグ・ソーニア
ジョン・ディートリック
エド・ロドリゲス
旧メンバー ケリー・グッド
ロブ・フィスク
クリス・コーエン

ディアフーフ: Deerhoof)は、アメリカノイズロックバンド

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • ケリー・グッド
  • ロブ・フィスク
  • クリス・コーエン

来歴[編集]

Deerhoof (2012).jpg

1994年にグレッグ・ソーニアとロブ・フィスクによってサンフランシスコで結成される。翌1995年、アメリカのインディーミュージックフェス「YOYO-A-GOGO」で行ったライブをスリム・ムーン(キル・ロック・スターズ・レコードの設立者)が見ていたことがきっかけとなり、シングル『Return of the Wood M'lady』のリリースが決定する。

1995年東京都出身のサトミ・マツザキがボーカルとして加入。当時は全く楽器の演奏経験が無かったが、1週間後にツアーを決行した。1997年にロブ・フィスクが脱退。その後マツザキとグレッグは最初のアルバム『The Man, the King, the Girl』をキル・ロック・スターズと5 Rue Christine: 5 Rue Christineの2つのレーベルから共同リリースする。

1998年頃からマツザキはベースを演奏し始める。ロブがギタリストとして再び加入し、同時にケリー・グッドが加入する。1999年にアルバム『Holdypaws』のレコーディングの後にロブとケリーが脱退。その後ジョン・ディートリックがギタリストとして加入。5月、クリス・コーエンが平行して所属していたバンドであるThe Curtains: The Curtainsでの活動に専念するために脱退。

2007年フジロック・フェスティバルに出演。2008年2月、これまでGorge Trio: Gorge Trioでジョンと共に活動してきたエド・ロドリゲスがギタリストとして加入。再び4人編成となる。

2011年、キル・ロック・スターズからポリヴァイナル・レコーズへ移籍。同年のフジロックフェスティバルに出演。

ディスコグラフィ[編集]

発売日 タイトル 収録曲 レーベル
アメリカ合衆国の旗1997年10月28日 The Man, the King, the Girl キル・ロック・スターズ
5 Rue Christine
アメリカ合衆国の旗1999年6月13日 Holdy Paws キル・ロック・スターズ
5 Rue Christine
アメリカ合衆国の旗2001年 Halfbird Menlo Park Recordings
アメリカ合衆国の旗2002年6月4日
日本の旗2006年12月15日
Reveille
レヴェリ
キル・ロック・スターズ
5 Rue Christine
P-VINE
アメリカ合衆国の旗2003年3月24日
日本の旗2008年2月2日
Apple O'
アップル・オー
キル・ロック・スターズ
5 Rue Christine
P-VINE
アメリカ合衆国の旗2004年3月9日
日本の旗2004年2月6日
Milk Man
ミルク・マン
キル・ロック・スターズ
5 Rue Christine
P-VINE
アメリカ合衆国の旗2005年10月11日
日本の旗2005年4月23日
Green Cosmos
緑のコズモ
Menlo Park Recordings
TOAD RECORDS
アメリカ合衆国の旗2005年10月11日
日本の旗2008年2月2日
The Runners Four
ザ・ランナーズ・フォー
キル・ロック・スターズ
5 Rue Christine
P-VINE
アメリカ合衆国の旗2007年1月23日
日本の旗2006年12月15日
Friend Opportunity
フレンド・オポチュニティ
キル・ロック・スターズ
5 Rue Christine
P-VINE
アメリカ合衆国の旗2008年10月7日
日本の旗2008年10月3日
Offend Maggie
オフェンド・マギー
キル・ロック・スターズ
P-VINE
アメリカ合衆国の旗2011年1月25日
日本の旗2011年1月6日
Deerhoof vs. Evil
ディアフーフ vs. イーヴィル
ポリヴァイナル
P-VINE
アメリカ合衆国の旗2012年9月4日
日本の旗2012年9月19日
Breakup Song
ブレイクアップ・ソング
ポリヴァイナル
contrarede
アメリカ合衆国の旗2014年11月4日
日本の旗2014年10月22日
La Isla Bonita
ラ・イスラ・ボニータ
ポリヴァイナル
felicity
アメリカ合衆国の旗2015年11月27日
日本の旗2015年10月21日
FEVER 121614 (Live In Japan)
FEVER 121614 (Live In Japan)
ポリヴァイナル
felicity
アメリカ合衆国の旗2016年6月24日
日本の旗2016年6月8日
The Magic ポリヴァイナル
felicity
アメリカ合衆国の旗2017年9月8日
日本の旗2017年9月16日
MOUNTAIN MOVES
マウンテン・ムーヴス
Joyful Noise Records

日本公演[編集]

日程 タイトル・イベント名 公演規模・会場 備考
2003年6月9日 - 6月11日 - アメリカのバンドThe Folk Implosion: The Folk Implosionの日本ツアーのゲスト出演。
2004年3月21日 - 下北沢ERA
2004年10月1日 - 10月9日 DEERHOOF fall tour 2004 with 54-71
2004年10月10日 ボロフェスタ04 京都大学西部講堂
2006年2月22日 - 3月1日 -
2007年1月17日 - 1月20日 DEERHOOF Japan Tour 2007 OOIOOとのツアー[1]
2007年7月28日・7月29日 フジロックフェスティバル 苗場スキー場 28日に苗場食堂、29日はホワイトステージで演奏。
2008年6月14日 KILL ROCK STARS Showcase LIQUIDROOM ebisu
2008年6月18日 - 札幌BESSIE HALL
2009年1月30日 - 2月1日 -
2010年3月23日 - 3月26日 contrarede presents CHAMPION ROAD Vol.1
OGRE YOU ASSHOLE vs DEERHOOF
[3][4]
2011年7月29日・7月30日 フジロックフェスティバル 苗場スキー場 29日にレッド・マーキー、30日にオレンジ・コートでCongotronics: Congotronicsと共演。
2011年11月29日 - 12月1日 JAPAN TOUR 2011 DEERHOOF[5][6]
2012年10月13日 THE OTHER NEWEST ONE vol.0
attack of the killer panda
[7][8][9]
Shibuya O-EAST
2012年10月14日 DEERHOOF 『Breakup Song』Release!Special Live
〜ディアフーフ VS カラスは真っ白
[10]
札幌Sound Crue
2012年10月16日 V.I.I.M × WWW vol.002 渋谷WWW The Floating Guitar Borchestra Of Boredomsらも出演[11]
2014年6月14日・6月15日 DUM-DUM PARTY' 2014
2014年12月2日 - 12月19日 DEERHOOF JAPAN TOUR 2014[13][14]  東京新代田Feverの演奏はFEVER 121614 (Live In Japan)としてリリースされた。
2016年12月14日 - 12月19日 DEERHOOF  "The Magic Japan Tour 2016"[16] 同年11月にレッド・ホット・チリ・ペッパーズThe Getaway World Tourのオープニングアクトを務める。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DEERHOOF Japan Tour 2007/new album | VAMP! NEWS
  2. ^ RO69 ディアフーフ @ 恵比寿リキッドルーム
  3. ^ RO69 OGRE YOU ASSHOLE × ディアフーフ @ 恵比寿リキッドルーム
  4. ^ contrarede DEERHOOF TOUR DIALY
  5. ^ 『フジロック』沸かせたDEERHOOF、11月から東名阪で来日ツアー開催 - CINRA.NET
  6. ^ RO69 ディアフーフ @ 恵比寿リキッドルーム
  7. ^ THE OTHER NEWEST ONE - contrarede
  8. ^ RO69 ディアフーフ&私立恵比寿中学
  9. ^ Qetic 音楽イベントの新たな可能性を刻んだディアフーフとエビ中(私立恵比寿中学)の対バン・イベント<attack of the killer panda>。そこで体験できたカルチャー・ショックとは?
  10. ^ カラスは真っ白 [DEERHOOF 『Breakup Song』Release!Special Live 〜ディアフーフ VS カラスは真っ白〜]at 北海道 (2012.10.14) - SPACE SHOWER MUSIC
  11. ^ DEERHOOF / The Floating Guitar Borchestra Of Boredoms / rokapenis<VJ> / mitchel<VJ> - WWW
  12. ^ osaka universe heavenward neon compilation
  13. ^ DEERHOOF JP — DEERHOOF JAPAN TOUR 2014 - Tumblr
  14. ^ Deerhoof来日ツアーにBuffalo Daughter、ゆるめるモ!ら追加”. ナタリー (2014年11月7日). 2014年11月7日閲覧。
  15. ^ ディアフーフ(Deerhoof) @ 名古屋アポロベース 2014.12.04
  16. ^ DEERHOOF、2年ぶりとなる来日ツアーが決定!

外部リンク[編集]

インタビュー等[編集]