チョゴリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チョゴリ
Korea-Busan-Beomeosa-04.jpgSeattle - Korean Cultural Celebration 2007 04.jpg
各種表記
ハングル 저고리
漢字 赤古里・襦
発音 チョゴリ
ローマ字 jeogori
テンプレートを表示

チョゴリ (저고리jeogori、赤古里・襦) は、韓国朝鮮民族衣装韓服)で、男女共に着る上衣である。

(yu、襦)、ポクサム (복삼boksam、複杉)、ウィヘ (위해uihae、尉解) とも呼ぶ。チョゴリの語源モンゴル語である[1]。チョゴリとユ(襦)は別語だが、チョゴリに襦の漢字を当てることもある[1]

構造[編集]

和服に似た打合わせ前開きだが、胸元にリボン状のオッコルム (옷고름otgoreum) が縫い付けられており、左右のオッコルムを結んで前を留める。ただし近年はボタン等で留めオッコルムは飾りにすぎないこともある。打合わせは男女とも左前である。右側のオッコルムは非常に長く、結んだ余りを下に垂らす。

は筒袖の長袖。

になっており、表は木綿、裏はは薄手の木綿である。

伝統的な色は、男性はで、女性は未既婚等により色が決まっていた。

チョゴリのバリエーション[編集]

チョクサム적삼jeoksam、赤衫)
袷のチョゴリに対し単衣に着られる。
タンウィ (당의dangui、唐衣)
かつて貴婦人が礼服に着たチョゴリ。前後に垂れがあるのが特徴で、チマチョゴリの上に着用する。

組み合わせ[編集]

チョゴリに合わせ、女性は巻きスカートのチマ(치마chima)を着用し、合わせてチマチョゴリと呼ぶ。男性はズボン状のパジ(바지baji)を穿き、合わせてパジチョゴリと呼ぶ。

出典[編集]

  1. ^ a b 広辞苑

関連文献[編集]