ダンガル きっと、つよくなる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダンガル きっと、つよくなる
Dangal
Geeta Phogat and Babita Kumari at the special screening of ‘Dangal’.jpg
フォーガット姉妹とザイラー・ワシーム、スハーニー・バトナーガル
監督 ニテーシュ・ティワーリー
脚本 ニテーシュ・ティワーリー
ピユス・グプタ
シュレヤース・ジャイン
ニキール・メハロトラ
製作 アーミル・カーン
キラン・ラオ
シッダールト・ロイ・カプール英語版
出演者 アーミル・カーン
ファーティマー・サナー英語版
サニヤー・マルホートラ
音楽 プリータム・チャクラボルティー英語版
撮影 サタジット・パンデ
編集 バッル・サルジャ
製作会社 アーミル・カーン・プロダクション
UTVモーション・ピクチャーズ英語版
ウォルト・ディズニー・カンパニー・インディア英語版
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年12月21日
インドの旗 2016年12月23日
日本の旗 2018年4月6日
上映時間 161分(オリジナル版)[1]
140分(日本公開版)
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
ハリヤーンウィー語
製作費 ₹700,000,000[2]
興行収入 ₹21,223,000,000[3][4]
テンプレートを表示

ダンガル きっと、つよくなる』(原題:Dangal)は、2016年に公開されたインドスポーツ英語版ドラマ英語版伝記映画。元アマチュアレスリング選手マハヴィル・シン・フォーガット英語版と彼の娘であるフォーガット姉妹英語版の半生を描いており、監督はニテーシュ・ティワーリー、主演はアーミル・カーンが務めた[5]

公開直後から高い評価を得ており、北京国際映画祭BRICsフェスティバルなどで上映され[6]第62回フィルムフェア賞英語版第64回ナショナル・フィルム・アワード英語版第7回AACTA賞英語版豆瓣映画賞英語版第68回ベルリン国際映画祭英語版で多くの映画賞を受賞した[7][8][9][10][11][12][13]

あらすじ[編集]

アマチュアレスリングのインド代表になったマハヴィルは国際大会でインド人選手初の金メダルを目指すが、父親から生活苦を理由に反対され引退を余儀なくされる。マハヴィルは息子に自分の夢を託そうと考えるが、生まれてくる子供は娘ばかりで、彼は夢を諦めてしまう。十数年後、長女のギータと次女のバビータが同じ歳頃の男児を喧嘩で打ち負かし、2人に才能を見出したマハヴィルは1年だけという条件で妻ダーヤを説得し、2人に対してレスリングの特訓を開始する。マハヴィルはギータとバビータを男と同じ服装・髪型にし、甥オムカルを巻き込んで特訓するが、娘たちは自分の夢を押し付ける父親に反発して特訓をサボるようになる。しかし、友人の結婚式に出席した際、花嫁になった友人から自分の意思を無視した結婚を強いられた境遇を語られ、「父親から将来を案じられている2人が羨ましい」と言われる。友人の言葉を聞いた2人はそれまでの態度を改め、特訓に励むようになる。

娘たちの成長を確認したマハヴィルは、ギータを地域のレスリング大会に出場させる。主催者たちは女性の出場を拒もうとするが、客足が伸びると考えてギータの出場を認める。結果は惜敗だったが、闘争心を刺激されたギータは次の大会への出場を希望し、彼女は数々の大会で結果を出していく。ギータに遅れて出場するようになったバビータも結果を出すようになり、ギータは女子レスリング州大会で優勝する。州代表になったギータは国立スポーツ・アカデミーのインド代表団入りして国際大会を目指すようになるが、選手仲間や新しいコーチに囲まれ次第に父親の厳格な特訓方法を「古臭い方法」として嫌悪するようになる。その結果、ギータは国際大会で連敗するようになり、反対にマハヴィルの特訓方法を遵守するバビータは州大会で優勝してインド代表団入りを果たす。

ギータは2010年コモンウェルスゲームズを前に結果を出せずにスランプに陥り、バビータの助言でマハヴィルに助けを求める。マハヴィルはオムカルを連れて姉妹の元に向かい、インド代表団とは別に娘たちの特訓を開始するが、コーチのプラモドに知られてしまう。プラモドは国立スポーツ・アカデミー会長に姉妹を代表団から追放するように訴えるが、会長はマハヴィルの謝罪を受け入れて追放を取り止め、彼のアカデミー施設への出入り禁止を決定する。しかし、マハヴィルは電話を通してギータを指導し続ける。

コモンウェルスゲームズが開催され、ギータは事前の予想を覆して初戦に勝利する。彼女はその後もプラモドの指示を無視して観客席にいるマハヴィルの指示に従い決勝戦に進む。決勝戦の前夜、マハヴィルはギータに「低い立場に置かれている全ての女性たちの希望になれ」と激励する。決勝当日、マハヴィルとオムカルは会場に到着するが、コーチの面目を潰されたプラモドの差し金により、マハヴィルは倉庫に閉じ込められてしまう。ギータは父親不在の中で決勝戦に挑むが、次第に追い詰められてしまう。しかし、マハヴィルの言葉を思い出したギータは逆転勝利を収めてインド人選手初の金メダルを獲得する。会場にはインド国歌「ジャナ・ガナ・マナ」が流れ、それを聞いたマハヴィルはギータが優勝したことを知り涙を流す。倉庫から脱出したマハヴィルは会場に姿を現し、ギータとバビータを抱きしめる。

キャスト[編集]

製作[編集]

企画[編集]

ニテーシュ・ティワーリー

2012年にディズニーの製作チームメンバーのディヴァ・ラーオは、マハヴィル・シン・フォーガット英語版の娘に関する新聞記事を読んだ。ラーオは彼のエピソードが素晴らしい映画の題材になると考え、シッダールト・ロイ・カプール英語版や他のディズニー製作スタッフと協議し、ニテーシュ・ティワーリーに監督と脚本を依頼した。ティワーリーはフォーガットと彼の娘に会い、映画化の同意を得た[14][15]。彼は1年間かけて脚本を執筆した後、UTVモーション・ピクチャーズ英語版CEOのロニー・スクリヴァラ英語版に製作を持ちかけ、脚本の最終段階でアーミル・カーンを主演に提案した[16]

2014年3月にカーンは自身が司会を務めるトーク番組「Satyamev Jayate」にフォーガット姉妹を招待し、2人にインタビューしている[17]。その数か月後、彼はティワーリーと面会してストーリーを確認し、カーンは冒頭シーンのナレーションを気に入った[18]。カーンは『チェイス!』の撮影を終えたばかりだったが、すぐに『PK』の撮影に入ってしまう。彼はフォーガットよりも若かったため、60代を迎える5年-10年後に撮影を始めることを希望していたが、ストーリーが頭から離れず、数か月後にティワーリーに電話をかけ、企画を進めるように依頼した[19]。同年12月の『PK』公開後、カーンが次回作としてティワーリーが監督を務める『Dangal』に主演として出演することが発表され、製作には彼も参加することになった[20]

2015年3月、カーンとアーミル・カーン・プロダクションのスタッフは、ジュニア・インディア・レスリング・チームのコーチを務めるクリパ・シャンカール・パテル・ビシュノイを招き、撮影に向けた訓練を行った。ビシュノイはインタビューで、「ほとんどのインド人は、女性レスリングを応援しない。映画は視覚的な変化を起こす。人々は希望を持って、彼女たちがスポーツとしてレスリングを始めることを観たいと思っている」と語っている[21]。カーンは撮影に向けて減量を行い、ハリヤーンウィー語を学び[22][23]、映画で20代と60代のフォーガットを演じることになった[24][25]。また、カーンの甥パブロ(マンスール・カーン英語版の息子)が助監督として参加している[26][27]

キャスティング[編集]

アーミル・カーン

2015年3月、カーンの娘役としてタープシー・パンヌ英語版ディークシャ・セス英語版アクシャラ・ハッサン英語版の起用が検討されていると報じられ、4月にはファーティマー・サナー英語版サニヤー・マルホートラ英語版の起用が発表された[28][29][30][31]。2015年6月には、ザイラー・ワシームとスハーニー・バトナーガルがフォーガット姉妹の幼少期を演じることが決定した[32]。また、アーユシュマーン・クラーナーの弟アパルシャクティ・クラーナー英語版の起用も発表され、悪役としてヴィクラム・シン英語版が出演交渉中と報じられた[33][34][35]。この他にマリカ・シェラワットもオーディションを受けており、ラージクマール・ラーオ英語版が重要な役として出演交渉を行っていた[36][37]。最終的に、オーディションを受けた70人の中からサークシー・タンワル英語版がカーンの妻役に起用され、10月にはヴィヴァン・バテナ英語版の起用が発表された[38][39][40][41]。カーンがオファーを断っていた場合には、モハンラル英語版またはカマル・ハーサン英語版が起用される予定だった[42]

撮影[編集]

撮影に協力したオランダ国際ロールボール・チームの選手

2015年9月1日から撮影が開始された[43][44]。フォーガットの故郷の村のシーンはルディヤーナーナラングワール英語版キラ・ライクール英語版ダンゴン英語版で撮影が行われた[45][46]。9月21日の撮影はフォーガット父娘が撮影現場に同席して行われている[47][48]。11月20日の撮影でカーンは肩を負傷して現場を離れ、12月9日にプネーでの撮影に合流した[49][50]。撮影場所のシュリー・シヴ・チャトラパティ・スポーツコンプレックスではロールボール・ワールド・カップ英語版が開催されており、オランダ国際ロールボール・チーム英語版とスロベニア国際ロールボール女性チームの選手が撮影に協力している。この他にシンビオシス・インターナショナル大学英語版でも撮影が行われた[51][52]

2016年1月19日からデリータルカトラ・スタジアム英語版でレスリングの試合シーンが撮影された[53]。その後、コモンウェルスゲームズナショナル・ゲーム・オブ・インディア英語版の試合シーンを撮影するため、タヤガラージ・スポーツコンプレックス英語版に移動した[54]

公開[編集]

上映状況[編集]

2016年12月21日からアメリカ合衆国で、12月23日から各国で公開となり、インド国内で4,300スクリーン、世界で1,000スクリーンで上映された[55][56][57]。また、テルグ語タミル語吹き替え版の『Yuddham』も公開された[58][59]ウッタル・プラデーシュ州ウッタラーカンド州ハリヤーナー州チャッティースガル州マディヤ・プラデーシュ州デリーでは、女性の福祉サービス改善・権利向上を啓蒙するインド共和国政府英語版のキャンペーン「Beti Bachao, Beti Padhao Yojana」の一環として娯楽税英語版が免除された[60][61][62][63][64][65]

2017年3月24日から台湾で公開され、4月には北京国際映画祭で上映された[66][67]。5月5日から中華人民共和国で公開となり、「これまでのインド映画で最も広範囲」となる9,000スクリーンで上映されたが、公開されたのはオリジナルよりも20分短縮されたバージョンだった[68][69][70]香港では8月24日から公開された[71]。6月にアーミル・カーンは、日本と南アメリカで公開する予定があることを発表した[72]。日本では2018年4月6日から公開され、4月25日から韓国でも公開された[73][74]

トラブル[編集]

2015年11月、アーミル・カーンと妻キラン・ラオはインドの宗教的不寛容さに懸念を表明したため国内から批判を浴び、身体に危害を加える旨の脅迫を受けるなどの被害を受けた[75][76][77][78][79]。批判の影響は映画にも及び、2016年10月に世界ヒンドゥー協会英語版は映画への抗議を表明し、12月にはTwitter上で「#BoycottDangal」のハッシュタグが浮上した[80][81][82]。また、インド人民党書記長カイラシュ・ヴィジャイヴァルギア英語版も映画への抗議を表明している[83]

パキスタンでは劇場関係者により、インドとの政治的緊張を原因として上映を取り止める動きが見られた。映画はアーミル・カーン人気のため上映されることになったが、検閲の際にインド国旗が映るシーンとインド国歌「ジャナ・ガナ・マナ」が流れるシーンをカットするように求められ、カーンが拒否したためパキスタンでの公開が中止された。パキスタンでは1億2,000万ルピーの興行収入が見込まれており、また上映中止により海賊版が横行することが危惧されたが、カーンは上映中止の意思を変えなかったという[84]

興行収入[編集]

インド[編集]

インドでは公開初日に2億9,800万ルピーの収益を挙げ、『チェイス!』に次ぐ興行収入を記録した[85][86]。2日目の興行成績は3億4,800万ルピー、3日目に4億2,400万ルピー、週末に10億400万ルピーの興行収入を記録した。2017年1月9日には『PK』が打ち立てた興行成績を塗り替えた[87]。また、全言語版の興行成績は51億2,000万ルピーを記録し、最終的な国内興行成績は58億7,000万ルピーとなった[88][89][90][91][92]

世界市場[編集]

Deadline.comによると、北米では331スクリーンで公開されている[93]。公開初日にアメリカでは28万2,280ドル、カナダでは4万2,816ドルの興行収入を記録し、最終的な興行成績は1,240万ドルを記録した[94][95][96]。湾岸諸国では95スクリーンで公開され、5億9,040万ルピーの興行収入を記録した[97]オーストラリアでは41スクリーンで公開され、初週に52万8,000ドルの興行収入を記録し、最終的に1億2,650万ルピーの興行収入を記録している[98][99][100]ニュージーランドでは46万ドル、イギリスでは4,000万ドルの興行収入を記録した[101][102]。2017年6月には、世界市場の興行成績がインド映画史上最高額を記録した[103]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果 出典
第62回フィルムフェア賞英語版 最優秀作品賞英語版 ダンガル きっと、つよくなる 受賞 [104]
最優秀監督賞英語版 ニテーシュ・ティワーリー
最優秀主演男優賞英語版 アーミル・カーン
最優秀アクション賞英語版 シュヤム・カウシャル
ニュース18映画賞英語版 最優秀作品賞 ダンガル きっと、つよくなる [105]
最優秀主演男優賞 アーミル・カーン
最優秀作詞家賞 アミターブ・バッタチャールヤ英語版
最優秀監督賞 ニテーシュ・ティワーリー
最優秀助演女優賞 ザイラー・ワシーム
最優秀新人女優賞 ファーティマー・サナー
サニヤー・マルホートラ ノミネート
ジー・シネ・アワード 最優秀作品賞 ダンガル きっと、つよくなる 受賞 [106]
第64回ナショナル・フィルム・アワード英語版 最優秀助演女優賞英語版 ザイラー・ワシーム [107]
インディアン・フィルム・フェスティバル・メルボルン テルストラ・ピープルズ・チョイス・アワード ダンガル きっと、つよくなる [108]
最優秀監督賞 ニテーシュ・ティワーリー
ナショナル・チャイルド・アワード 優秀業績賞英語版 ザイラー・ワシーム [109]
スター・スクリーン・アワード 最優秀作品賞 ダンガル きっと、つよくなる [110]
最優秀監督賞 ニテーシュ・ティワーリー [111]
最優秀バックグラウンドスコア賞 プリータム・チャクラボルティー
最優秀音楽監督賞
最優秀作詞家賞 アミターブ・バッタチャールヤ
最優秀編集賞 バッル・サルジャ
最優秀子役賞 スハーニー・バトナーガル [112]
最優秀アクション賞 シャム・カウシャル [113]
最優秀新人男優賞 アパルシャクティ・クラーナー
最優秀脚本賞 ニテーシュ・ティワーリー、シュレヤース・ジャイン
Star Plus Nayi Soch ダンガル きっと、つよくなる
最優秀新人女優賞 ザイラー・ワシーム [114][115]
最優秀コメディアン賞 アパルシャクティ・クラーナー ノミネート
最優秀主演女優賞(観客賞) ファーティマー・サナー
AACTA賞 アジア映画賞 ダンガル きっと、つよくなる 受賞 [9][8][116]
豆瓣映画賞英語版 外国映画賞 [10][11][12]
外国俳優賞 アーミル・カーン
Most Talked About Film ダンガル きっと、つよくなる ノミネート [117]
サウンドトラック賞
Movie of the Month (May) 受賞
第68回ベルリン国際映画祭英語版 アジア・ブリリアント・スター賞 ノミネート [13][118]
ミルチ・ミュージック・アワード英語版 ソング・オブ・ザ・イヤー英語版 「Haanikaarak Bapu」 [119][120]
アルバム・オブ・ザ・イヤー英語版 プリータム・チャクラボルティー、アミターブ・バッタチャールヤ
女性歌手オブ・ザ・イヤー英語版 ジョニタ・ガンディー英語版「Gilheriyan」 受賞
作詞家オブ・ザ・イヤー英語版 アミターブ・バッタチャールヤ「Haanikaarak Bapu」 ノミネート
男性歌手オブ・ザ・イヤー英語版 シャルワル・カーン、シャルタズ・カーン・バルナ「Haanikaarak Bapu」 受賞
音楽プロデューサー賞 アディティア・パシュカーナ、DJ・プカン英語版サニー・M・R英語版アヌラーグ・サイキア英語版「Dhaakad」 ノミネート
音楽エンジニア賞 シャダブ・ライエン、サニー・M・R、アシュウィンクルカーニ「Dhaakad」
バックグラウンド・スコア賞 プリータム・チャクラボルティー
リスナーズ・チョイス・アルバム・オブ・ザ・イヤー ダンガル きっと、つよくなる 受賞

出典[編集]

  1. ^ Dangal (2016)”. British Board of Film Classification. bbfc.co.uk. 2017年5月21日閲覧。
  2. ^ Dangal: 5 reasons Aamir's film is ruling the box office despite demonetisation woes”. India Today (2016年12月26日). 2017年5月21日閲覧。
  3. ^ “Aamir Khan’s Secret Superstar earns seven times more money in China in 1 week than what it did in India” (英語). Hindustan Times. (2018年1月26日). https://www.hindustantimes.com/bollywood/aamir-khan-s-secret-superstar-earns-seven-times-more-money-in-china-in-1-week-than-what-it-did-in-india/story-vxL1FtqQNNdHBty9BSVRQM.html 
  4. ^ All time box office revenue of the highest grossing Bollywood movies worldwide” (英語). Statista (2017年12月). 2018年4月14日閲覧。
  5. ^ Baahubali 2 vs Dangal box office collection: Aamir's film trailing Rajamouli's by a few crores”. India Today (2017年5月24日). 2017年5月24日閲覧。
  6. ^ China’s ‘Dangal’ mega-success echoes at second BRICS film festival”. 2018年4月16日閲覧。
  7. ^ “62nd Filmfare Awards 2017: Winners' list”. The Times of India. (2017年1月15日). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/62nd-filmfare-awards-2017-winners-list/articleshow/56541241.cms 2017年1月15日閲覧。 
  8. ^ a b Frater, Patrick (2017年12月6日). “‘Lion’ and Nicole Kidman Dominate Australia’s AACTA Awards”. Variety. 2018年4月14日閲覧。
  9. ^ a b Aamir Khan's Dangal Wins Best Asian Film at Australian Gala”. CNN-News18. 2017年12月6日閲覧。
  10. ^ a b 【豆瓣2017年度电影榜单】” (中国語). Douban. 2018年1月7日閲覧。
  11. ^ a b 第4届豆瓣电影年度榜单 (2017)” (中国語). Douban. 2018年1月19日閲覧。
  12. ^ a b “Meet the Secret Superstar of China, from India”. South China Morning Post. (2018年1月28日). http://www.scmp.com/week-asia/society/article/2130746/meet-secret-superstar-china-india-aamir-khan 
  13. ^ a b “Berlin: Asian Brilliant Stars Unveils Nominees for Expanded Second Edition”. The Hollywood Reporter. (2017年12月19日). https://www.hollywoodreporter.com/news/berlin-asian-brilliant-stars-unveils-nominees-expanded-second-edition-1069164 
  14. ^ Here's what was the inspiration behind Aamir Khan's 'Dangal'”. DNA India (2016年10月23日). 2016年11月2日閲覧。
  15. ^ Making of 'Dangal' inspired by a small newspaper article”. The Times of India (2016年10月23日). 2016年11月2日閲覧。
  16. ^ Dangal wasn’t an easy screenplay”. The Week (2016年12月25日). 2017年5月22日閲覧。
  17. ^ “The Real Phogat Sisters & Aamir's 'Dangal' Connection Began On The Sets Of Satyamev Jayate!” (英語). India Times. (2016年12月28日). https://www.indiatimes.com/entertainment/celebs/the-real-phogat-sisters-aamir-s-dangal-connection-began-on-the-sets-of-satyamev-jayate-268347.html 
  18. ^ “When Geeta and Babita Phogat Appeared on Aamir Khan's TV Show”. CNN-News18. (2016年12月27日). http://www.news18.com/news/movies/when-geeta-and-babita-phogat-appeared-on-aamir-khans-tv-show-1328288.html 
  19. ^ Aamir Khan wanted to do 'Dangal' when 60”. Times of India (2016年7月4日). 2016年11月14日閲覧。
  20. ^ Aamir Khan compares Dangal director with Raju Hirani”. Bollywood Hungama (2015年9月15日). 2016年7月27日閲覧。
  21. ^ MP: Arjun awardee wrestler trains Aamir Khan for Dangal”. Hindustan Times (2016年7月11日). 2016年8月5日閲覧。
  22. ^ Aamir Khan to lose weight for 'Dangal'”. The Times of India. 2015年11月7日閲覧。
  23. ^ Four new girls in Aamir Khan's life”. The Times of India. 2015年11月7日閲覧。
  24. ^ How Aamir Khan followed the calorie-count method to lose around 25 kg for Dangal”. Divya Goyal (2016年11月29日). 2018年4月15日閲覧。
  25. ^ Video: Aamir Khan's strict diet and workout plan for his fat to fit journey for Dangal” (2016年11月29日). 2018年4月15日閲覧。
  26. ^ Aamir Khan's nephew Pablo roped in as AD for 'Dangal'”. Deccan Chronicle. 2015年11月7日閲覧。
  27. ^ Aamir Khan to launch his nephew Pablo with 'Dangal'”. India TV News. 2015年11月7日閲覧。
  28. ^ Rakshit, Nayandeep (2015年3月11日). “Revealed: Who are playing Aamir Khan's daughters in 'Dangal'?”. Daily News and Analysis. オリジナルの2017年5月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170531050126/http://www.dnaindia.com/entertainment/report-revealed-who-are-playing-aamir-khan-s-daughters-in-dangal-2067855 2017年5月31日閲覧。 
  29. ^ Meet Aamir Khan's wrestler daughters”. Mumbai Mirror. 2015年11月7日閲覧。
  30. ^ Aamir Khan's daughters in 'Dangal' finally revealed!”. Deccan Chronicle. 2015年11月7日閲覧。
  31. ^ Aamir Khan has found his onscreen daughters for 'Dangal'?”. The Indian Express (2015年4月22日). 2015年11月7日閲覧。
  32. ^ Bollywood Hungama. “Kids Zarina Wasim and Suhani Bhatnagar roped in for Aamir Khan starrer Dangal”. Bollywood Hungama. 2015年11月7日閲覧。
  33. ^ Bollywood Hungama. “Ayushmann Khurrana's brother to make debut in Dangal”. Bollywood Hungama. 2015年11月7日閲覧。
  34. ^ Makers of Aamir Khan's 'Dangal' found their villain?”. Mid Day (2015年7月10日). 2015年11月7日閲覧。
  35. ^ Makers of Aamir Khans Dangal Found Their Villain?”. NDTV. 2015年11月7日閲覧。
  36. ^ Mallika Sherawat auditioned for Dangal: Aamir Khan”. Hindustan Times. 2015年11月7日閲覧。
  37. ^ Aamir Khan wants Rajkummar Rao in Dangal”. Daily Bhaskar. 2015年11月7日閲覧。
  38. ^ Bollywood Hungama. “Check out: Aamir Khan and Sakshi Tanwar pose with Phogat girls”. Bollywood Hungama. 2015年11月7日閲覧。
  39. ^ Aamir Khan's Wife in Dangal Has Finally Been Cast. It's Not Mallika Sherawat”. NDTV. 2015年11月7日閲覧。
  40. ^ Sakshi Tanwar to play Aamir Khan's wife in Dangal?”. Hindustan Times. 2015年11月7日閲覧。
  41. ^ Vivan Bhatena playing negative role in Aamir Khan's 'Dangal'”. The Indian Express (2015年10月31日). 2015年11月7日閲覧。
  42. ^ Kannan, Arathi (2017年1月16日). “If not Aamir, then Mohanlal for Dangal: Divya Rao”. The New Indian Express. http://www.newindianexpress.com/cities/kochi/2017/jan/16/if-not-aamir-then-mohanlal-for-dangal-divya-rao-1559895.html 2017年1月25日閲覧。 
  43. ^ Aamir Khan to start shooting for 'Dangal' on September 1”. The Times of India. 2015年11月7日閲覧。
  44. ^ Aamir Khan's 'Dangal' update: Two more actresses finalised to play the younger daughters”. The Indian Express (2015年6月17日). 2015年11月7日閲覧。
  45. ^ For Aamir Khan's film 'Dangal', Punjab villages turn 'Haryanvi'”. The Indian Express (2015年9月1日). 2015年11月7日閲覧。
  46. ^ Stage is set: Villages near Ludhiana converted for Aamir Khan's Dangal”. Hindustan Times. 2015年11月7日閲覧。
  47. ^ Bollywood Hungama. “Aamir Khan shoots Dangal in one of oldest schools of Punjab”. Bollywood Hungama. 2015年11月7日閲覧。
  48. ^ 'Dangal' shuru: Aamir Khan shares first look poster of the movie”. The Indian Express. 2015年10月20日閲覧。
  49. ^ Dangal shooting stalled after Aamir Khan collapses on sets”. Hindustan Times (2015年11月22日). 2016年8月28日閲覧。
  50. ^ Back from the US, Aamir Khan resumes shooting for Dangal in Pune!”. Bollywoodlife (2015年12月9日). 2016年8月28日閲覧。
  51. ^ Aamir Khan in Pune to shoot for Dangal”. The Indian Express (2015年12月10日). 2016年8月23日閲覧。
  52. ^ Aamir Khan impressed with Symbiosis University's founder”. The Indian Express (2015年12月12日). 2016年8月23日閲覧。
  53. ^ Aamir Khan shoots in Delhi for 'Dangal'”. The Times of India (2016年1月20日). 2016年8月7日閲覧。
  54. ^ Aamir Khan's 'Dangal': The making”. The Times of India. 2015年11月7日閲覧。
  55. ^ Dangal: Aamir Khan's film has an impressive opening in US, Canada”. 2016年12月27日閲覧。
  56. ^ Dangal v PK Territory Comparison”. 2018年4月16日閲覧。
  57. ^ taran adarsh on Twitter”. 2016年12月27日閲覧。
  58. ^ Mind your language”. 2018年4月16日閲覧。
  59. ^ Sinha, Ashish. “$110 Million Prize Fight”. 2018年4月16日閲覧。
  60. ^ Aamir Khan's Dangal gets 'U' certificate from CBFC”. Firstpost (2016年12月8日). 2016年12月22日閲覧。
  61. ^ Dangal Tax Free in Uttar Pradesh”. Indicine (2016年12月15日). 2016年12月16日閲覧。
  62. ^ Dangal made tax-free in Haryana: Aamir Khan's film gets a thumbs up from India”. intoday.in. India Today. 2016年12月27日閲覧。
  63. ^ Dangal gets tax-free status in CG”. timesofindia.indiatimes.com/. The Times of India (2016年12月28日). 2018年4月16日閲覧。
  64. ^ Aamir Khan starrer Dangal made tax-free in Haryana”. indianexpress.com/. Indian Express. 2016年12月27日閲覧。
  65. ^ MP's BJP govt gets inspired by Aamir Khan's Dangal, declares it tax-free”. 2017年1月22日閲覧。
  66. ^ “Dangal China box office collection: movie entered Rs 800-crore club”. Blasting News. (2017年5月25日). http://uk.blastingnews.com/entertainment/2017/05/dangal-china-box-office-collection-movie-entered-rs-800-crore-club-001725183.html 
  67. ^ “Aamir Khan’s Dangal receives standing ovation in China”. The Indian Express. (2017年4月21日). http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/aamir-khan-dangal-receives-standing-ovation-in-china-4622832/ 2017年4月29日閲覧。 
  68. ^ “Dangal: India's wrestling blockbuster delights China”. BBC. (2017年5月18日). http://www.bbc.com/news/world-asia-39958041 2017年5月18日閲覧。 
  69. ^ Jingjing, Li. “Chinese fans crazy about ‘Dangal’ actor Aamir Khan”. Global Times. オリジナルの2017年5月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170514190702/http://www.globaltimes.cn/content/1046486.shtml 2017年5月14日閲覧。 
  70. ^ Fan, Xu (2017年5月11日). “A month of screen fun”. China Daily. http://usa.chinadaily.com.cn/epaper/2017-05/11/content_29302646.htm 2017年5月11日閲覧。 
  71. ^ “Aamir Khan’s Dangal wins Hong Kong bout, continues box office domination” (英語). Hindustan Times. (2017年8月28日). http://www.hindustantimes.com/bollywood/aamir-khan-s-dangal-wins-hong-kong-bout-continues-box-office-domination/story-v99Yk3mSC2MbIVCFrsBjZK.html 
  72. ^ “Dangal will release in Japan and South America : Aamir Khan”. TalkingMoviez. (2017年6月5日). http://www.talkingmoviez.com/dangal-will-release-in-japan-and-south-america-aamir-khan/ 
  73. ^ 映画『ダンガル きっと、つよくなる』公式サイト”. Gaga Corporation. 2018年3月21日閲覧。
  74. ^ 당갈 (2016)” (朝鮮語). Daum. 2018年4月9日閲覧。
  75. ^ Sugden, Joanna. “The Intolerant Response to Aamir Khan's Intolerance Comments”. WSJ Blogs. 2015年11月25日閲覧。
  76. ^ Iyengar, Rishi. “Bollywood Star Aamir Khan Faces Religious Backlash”. http://time.com/4126743/aamir-khan-intolerance-backlash-snapdeal-india/ 2015年11月25日閲覧。 
  77. ^ Aamir Khan took on religious intolerance, and Snapdeal got caught in the crossfire” (英語). Quartz. 2015年11月25日閲覧。
  78. ^ “Sena leader offers Rs 1 lakh to slap Aamir, party says not official view” (英語). Hindustan Times. (2015年11月26日). http://www.hindustantimes.com/india/shiv-sena-announces-cash-reward-of-rs-1-lakh-for-slapping-aamir-khan/story-nIwnMn0NEchY2sgjtk4erL.html 
  79. ^ “Site to slap Aamir Khan now showers kisses on the actor”. The Times of India. (2015年11月30日). https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/To-slap-Aamir-log-on-to-this-site/articleshow/49977503.cms 
  80. ^ “VHP to protest against Aamir, Fawad Khan films”. The Indian Express. (2016年10月13日). http://indianexpress.com/article/india/india-news-india/vhp-bengal-protest-pakistani-actors-fawad-aamir-khan-dangal-ban-mns-3079545/ 
  81. ^ “Aamir Khan facing Dangal trouble? #BoycottDangal trends on Twitter”. The Financial Express. (2016年12月23日). http://www.financialexpress.com/entertainment/aamir-khan-facing-dangal-trouble-boycottdangal-trends-on-twitter/484178/ 
  82. ^ “Twitter wants to boycott Aamir Khan's Dangal because of THIS shocking reason!”. InUth. (2016年12月23日). https://www.inuth.com/trends/social-virals/twitter-wants-to-boycott-aamir-khans-dangal-because-of-this-shocking-reason/ 
  83. ^ “Aamir Khan's film 'Dangal' deserves 'treatment': BJP leader - Times of India”. The Times of India. (2017年1月27日). https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Aamir-Khans-film-Dangal-deserves-treatment-BJP-leader/articleshow/50600524.cms 
  84. ^ “Aamir Khan refuses to release Dangal in Pakistan without national anthem” (英語). Hindustan Times. (2017年4月6日). http://www.hindustantimes.com/bollywood/aamir-khan-refuses-to-release-dangal-in-pakistan-without-national-anthem/story-KtqPyvubgNfeyJSnqSoJwO.html 
  85. ^ Dangal First Day (Opening) Box Office Collection: Excellent!” (2016年12月24日). 2018年4月22日閲覧。
  86. ^ 'Dangal' mints Rs 29 crore on opening day”. 2018年4月22日閲覧。
  87. ^ 'Dangal' shatters Bollywood box office record” (2017年1月9日). 2018年4月22日閲覧。
  88. ^ ‘Dangal’ crosses Rs 385 crore in India, Aamir thanks audience”. Telangana Today (2017年1月30日). 2018年4月22日閲覧。
  89. ^ Dangal Huge Worldwide Due To China”. 2018年4月22日閲覧。
  90. ^ Bahubali 2 Becomes Highest Grosser Of All Time In Five Days - Box Office India”. www.boxofficeindia.com. 2018年4月22日閲覧。
  91. ^ Frater, Patrick (2017年5月14日). “China Box Office: ‘Dangal’ Takes Weekend Win From ‘Guardians’”. Variety. オリジナルの2017年5月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170515075746/http://variety.com/2017/film/asia/china-box-office-dangal-weekend-win-beats-guardians-1202426567/ 2017年5月15日閲覧。 
  92. ^ Cain, Rob (2017年11月13日). “Aamir Khan's 'Secret Superstar' Winds Down Its Domestic Run With ₹83 Cr./$12.8M Gross” (英語). Forbes. https://www.forbes.com/sites/robcain/2017/11/13/aamir-khans-secret-superstar-winds-down-its-domestic-run-with-%E2%82%B983-cr-12-8m-gross/ 
  93. ^ Tartaglione, Nancy (2016年12月20日). “Aamir Khan’s ‘Dangal’ To Receive Record North America Release Before India Bow”. Deadline.com. http://deadline.com/2016/12/aamir-khan-dangal-record-north-america-release-bollywood-1201873846/ 2017年5月21日閲覧。 
  94. ^ Groves, Don (2016年12月22日). “Hefty North American Debut For Aamir Khan's True-Life Drama 'Dangal'”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/dongroves/2016/12/22/hefty-north-american-debut-for-aamir-khans-true-life-drama-dangal/#5e0e2e855809 2017年5月21日閲覧。 
  95. ^ Ghosh, Samrudhi (2017年5月9日). “Will Baahubali 2 box office collection suffer due to Dangal's fresh lease of life?”. India Today. http://indiatoday.intoday.in/story/baahubali-2-box-office-collection-dangal-china-release/1/949267.html 2017年5月21日閲覧。 
  96. ^ “Baahubali 2 surpasses Aamir Khan's Dangal at US box office”. Firstpost. (2017年5月4日). http://www.firstpost.com/entertainment/baahubali-2-surpasses-aamir-khans-dangal-at-us-box-office-3424402.html 2017年5月21日閲覧。 
  97. ^ “Box Office: Dangal grosses 32.28 mil. AED at the U.A.E/G.C.C box office”. Bollywood Hungama News Network. (2017年2月6日). オリジナルの2017年5月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170521143309/http://www.bollywoodhungama.com/news/box-office-special-features/box-office-dangal-grosses-32-28-mil-aed-u-eg-c-c-box-office/ 2017年5月21日閲覧。 
  98. ^ Groves, Don (2016年12月25日). “Aamir Khan Over-Delivers In Hindi Drama 'Dangal' Despite Rampant Piracy”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/dongroves/2016/12/25/aamir-khan-over-delivers-in-hindi-drama-dangal-despite-rampant-piracy/#1ff531a2a9f6 2017年5月21日閲覧。 
  99. ^ Australia Box Office for Dangal (2016)”. the-numbers.com. 2017年5月21日閲覧。
  100. ^ “Box Office: Dangal sets a new record, becomes All Time Highest Grosser at the Australia box office”. Bollywood Hungama News Network. (2017年1月3日). オリジナルの2017年5月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170521150206/http://www.bollywoodhungama.com/news/box-office-special-features/box-office-dangal-sets-new-record-becomes-time-highest-grosser-australia-box-office/ 2017年5月21日閲覧。 
  101. ^ Weekend New Zealand Chart for January 20th, 2017 (USD)”. the-numbers.com. 2017年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  102. ^ “Dangal box office collection day 30: Aamir Khan film earns Rs 378.24 cr”. The Indian Express. (2017年1月22日). http://indianexpress.com/article/entertainment/dangal-box-office-collection-day-30-aamir-khan-4485467/ 2017年5月21日閲覧。 
  103. ^ Dangal with Rs 2000-cr Box Office Collection makes Aamir beat Salman and Shah Rukh Khan’s highest overseas grossing movies put together!”. India.com (2017年6月27日). 2018年4月22日閲覧。
  104. ^ Winners of the Filmfare Awards 2017”. Filmfare. 2017年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月23日閲覧。
  105. ^ NEWS18 MOVIE AWARDS 2017”. Network 18. news18.com. 2017年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月23日閲覧。
  106. ^ 2017 Archives - Zee Cine Awards” (英語). Zee Cine Awards. 2017年12月20日閲覧。
  107. ^ “64th National Film Awards” (PDF) (プレスリリース), Directorate of Film Festivals, http://www.dff.nic.in/writereaddata/NFA64PressNote2016.pdf 2017年6月1日閲覧。 
  108. ^ http://www.iffm.com.au/winners.html
  109. ^ “Secret Superstar actor Zaira Wasim receives exceptional achievement award from President Kovind” (英語). Hindustan Times. (2017年11月16日). http://www.hindustantimes.com/bollywood/secret-superstar-actor-zaira-wasim-receives-exceptional-achievement-award-from-president-kovind/story-73exWfHjCGIJaCSVcK8o1M.html 
  110. ^ “Star Screen Awards: The complete list of winners”. WION. (2017年12月4日). http://www.wionews.com/india-news/entertainment-star-screen-awards-the-complete-list-of-winners-25795 2018年4月14日閲覧。 
  111. ^ “Star Screen Awards 2017: Dangal wins big, Vidya Balan-Rajkummar Rao named best actor and actress”. http://indiatoday.intoday.in/story/star-screen-awards-2017-vidya-balan-rajkummar-rao-full-winners-list/1/1102625.html 2018-04-142017-12-04閲覧。 
  112. ^ Suhani Bhatnagar - Best Child Actor Award”. Twitter. 2018年4月14日閲覧。
  113. ^ “Star Screen Awards 2018: Here's The Complete List Of Winners!” (英語). Desimartini. HT Media. (2017年12月4日). http://www.desimartini.com/news/martini-shots/awards/star-screen-awards-2018-complete-list-of-winners-bollywood/article69515.htm 
  114. ^ Zaira Wasim - Most Promising Newcomer”. Twitter. 2018年4月14日閲覧。
  115. ^ Star Screen Awards 2018”. Hotstar. 2018年4月14日閲覧。
  116. ^ “'Dangal' wins Best Asian Film at Australian gala”. IANS Live. (2017年12月6日). http://www.ianslive.in/index.php?param=news/Dangal_wins_Best_Asian_Film_at_Australian_gala-572083/ENTERTAINMENT/15 2018年4月14日閲覧。 
  117. ^ 摔跤吧!爸爸 Dangal 获奖情况” (中国語). Douban. 2018年1月19日閲覧。
  118. ^ “YOUTH - Biggest Winner Of The Second Asian Brilliant Stars In Berlin” (英語). PR Newswire. (2018年2月22日). https://www.prnewswire.com/news-releases/youth---biggest-winner-of-the-second-asian-brilliant-stars-in-berlin-300602872.html 
  119. ^ Nominations - Mirchi Music Awards”. MMAMirchiMusicAwards. 2018年3月21日閲覧。
  120. ^ Winners - Mirchi Music Awards”. MMAMirchiMusicAwards. 2018年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]