ジャナ・ガナ・マナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒンディー語: जन गण मन
ベンガル語: জন গন মন
jana gaṇa mana
和訳例:インドの朝、人々の意志

国歌の対象
インドの旗 インド

作詞 ラビンドラナート・タゴール(1911年)
作曲 ラビンドラナート・タゴール(1911年)
採用時期 1950年
試聴
テンプレートを表示

ジャナ・ガナ・マナヒンディー語: जन गण मन; jana gaṇa mana; ベンガル語: জন গণ মন; jôno gôno mono、「人々の意志」の意。)は、インド国歌ラビンドラナート・タゴールによって作詞・作曲され、1911年12月27日のインド国民会議カルカッタ大会ではじめて歌われた[1]。はじめ音楽は一定していなかったが、1919年に神智学の教育者であるジェイムズ・カズンズ(en)の妻マーガレット(en)がタゴールと相談の上で現在の曲にまとめあげた[2]インド憲法制定会議は、1950年1月24日にインドの国歌としてこの曲を公式に採用した[3]

オリジナルの詩は5番まであるが、国歌としては1番のみが歌われる[4]。「インドの朝」とも呼ばれる。

もともとタゴールはベンガル語で作詞したが、国歌はヒンディー語で歌われることになっている[5]。ベンガル語とヒンディー語はかなり異なる言語だが、サンスクリットの借用語が非常に多い歌詞のため、ベンガル語版とヒンディー語版の歌詞は実際にはほとんど同じである[6]

国歌に近い扱いがなされている曲にはほかにバンキムチャンドラ英語版作詞『ヴァンデー・マータラム英語版』があり、インドの国民歌(राष्ट्रगीत、National Song)とされている[5]


歌詞[編集]

日本語訳[編集]

汝はすべての民の心の支配者

インドの運命の裁定者

汝の名は奮い起こす

ドラビタ、オリッサ、ベンガルの

パンジャブ、シンド、グジャラート、マラータの民の心を

それはヴィンドゥーヤやヒマラヤの丘にこだまし、

ヤムナー川とガンジス川の奏でを混ぜ、

インド洋の波によって歌われる

彼らは汝の祝福を求め祈り、汝の喜びを歌う

人々全ての保護は汝の手の中にあり、

インドの運命の裁定者

勝利を、勝利を、汝に勝利を

ベンガル語[編集]

জনগণমন-অধিনায়ক জয় হে ভারতভাগ্যবিধাতা!
পঞ্জাব সিন্ধু গুজরাট মরাঠা দ্রাবিড় উৎ‍‌কল বঙ্গ
বিন্ধ্য হিমাচল যমুনা গঙ্গা উচ্ছলজলধিতরঙ্গ
তব শুভ নামে জাগে, তব শুভ আশিষ মাগে,
গাহে তব জয়গাথা।
জনগণমঙ্গলদায়ক জয় হে ভারতভাগ্যবিধাতা!
জয় হে, জয় হে, জয় হে, জয় জয় জয় জয় হে॥

ベンガル語のローマ字転写[編集]

Jônogônomono-odhinaeoko jôeô he, Bharotobhaggobidhata
Pônjabo Shindhu Gujorato Môraṭha, Drabiṛo Utkôlo Bônggo
Bindho Himachôlo Jomuna Gôngga, Uchchhôlojôlodhitoronggo
Tôbo shubho name jage, Tôbo shubho ashisho mage,
Gahe tôbo jôeogatha
Jônogônomonggolodaeoko jôeô he, Bharotobhaggobidhata
Jôeo he, jôeo he, jôeo he, jôeo jôeo jôeo, jôeo he

ヒンディー語[編集]

जनगणमन-अधिनायक जय हे भारतभाग्यविधाता!
पंजाब सिंध गुजरात मराठा द्राविड़ उत्कल बंग
विंध्य हिमाचल यमुना गंगा उच्छलजलधितरंग
तव शुभ नामे जागे, तव शुभ आशिष मागे,
गाहे तव जयगाथा।
जनगणमंगलदायक जय हे भारतभाग्यविधाता!
जय हे, जय हे, जय हे, जय जय जय जय हे।।

ヒンディー語のローマ字転写[編集]

Janagaṇamana-adhināyaka jaya he Bhāratabhāgyavidhātā
Pañjāba Sindhu Gujarāṭa Marāṭhā Drāviḍa Utkala Baṅga
Vindhya Himācala Yamunā Gaṅgā Ucchalajaladhitaraṅga
Tava śubha nāme jāge, Tava śubha āśiṣa māge,
Gāhe tava jayagāthā
Janagaṇamaṅgaladāyaka jaya he Bhāratabhāgyavidhātā
Jaya he jaya he jaya he, Jaya jaya jaya jaya he

英語訳[編集]

英語訳、タゴールによる自筆

英語訳『インドの朝の歌』(The Morning Song of India)は、タゴール自身によって1919年に作られた[7]

Thou art the ruler of the minds of all people,
Dispenser of India's destiny.
Thy name rouses the hearts of Punjab, Sind,
Gujarat and Maratha,
Of the Dravida and Orissa and Bengal;
It echoes in the hills of the Vindhyas and Himalayas,
mingles in the music of Yamuna and Ganges and is
chanted by the waves of the Indian Sea.
They pray for thy blessings and sing thy praise.
The saving of all people waits in thy hand,
Thou dispenser of India's destiny.
Victory, victory, victory to thee.

脚注[編集]

外部リンク[編集]