ミモラ 心のままに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミモラ 心のままに
Hum Dil De Chuke Sanam
Straight From the Heart
監督 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
脚本 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
ケネス・フィリップス
カナン・マニ
原案 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
リーラ・バンサリ
製作 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
ジャムー・スガーンド英語版
製作総指揮 イブラヒム・デサイ
出演者 サルマン・カーン
アジャイ・デーヴガン英語版
アイシュワリヤー・ラーイ
音楽 イスマーイール・ダルバール英語版
サンジャイ・リーラー・バンサーリー
撮影 アニル・メーヘター英語版
編集 ベーラー・セーガル
配給 インドの旗 SLBフィルムズ
日本の旗 ギャガ=ヒューマックス
公開 インドの旗 1999年6月18日
日本の旗 2002年4月27日
上映時間 187分
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
製作費 ₹160,000,000[1]
興行収入 ₹513,850,000[1]
テンプレートを表示

ミモラ 心のままに』(ミモラ こころのままに、原題:Hum Dil De Chuke Sanam/Straight From the Heart[2])は、1999年に公開されたインド恋愛映画サンジャイ・リーラー・バンサーリーが監督を務め、サルマン・カーンアジャイ・デーヴガン英語版アイシュワリヤー・ラーイが出演している。クレジットはされていないが、メイトリーイ・デヴィ英語版の小説『Na Hanyate』を原作としている。また、ドイツ映画『みずうみ英語版』の影響も受けている。映画は『Andha Ezhu Natkal』と『Woh Saat Din』のリメイクだと広く認識されている[3]

撮影はグジャラート州ラージャスターン州ブダペストで行われ、インド国際映画祭でプレミア上映された。2009年にはリメイク作品『Neel Akasher Chandni』が公開された。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

サウンドトラック[編集]

作曲はイスマーイール・ダルバール英語版、作詞はメーブーブ英語版が担当し、歌手としてカビータ・クリシュナマーシー英語版アルカ・ヤグニック英語版クマール・サーヌー英語版ユディット・ナラヤン英語版ハリハラン英語版ヴィノード・ラソッド英語版スルタン・カーン英語版シャンカル・マハデヴァン英語版KK英語版などが参加している。楽曲はフィルムフェア賞で9つの賞を受賞した[4]。プラネット・ボリウッドのヴィクラム・バトナガールは10点満点の星を与え、「これはヒンディー・サウンドトラックの歴史の中で最高の場所に位置している」と称賛している[5]

評価[編集]

興行収入[編集]

『ミモラ 心のままに』は1999年公開のインド映画の興行収入ランキングで第3位となっている[6]。海外市場の興行収入は8,500万ルピーを記録している[7]

批評[編集]

批評家からは撮影技法や音楽、主要キャストの演技、ゲスト出演したヘレンの演技が特に高く評価されている[8][9]。批評家アヌパマ・チョープラーは「この3時間にも及ぶ壮大な作品には、ボリウッド基準で見ても莫大な歌、ロマンス、コメディ、信心の素材、色付けされたダンスナンバーが詰め込まれている」と批評している[10]フィルムフェア英語版は「10年に1度の豪華な作品」と表現し、「映画学的にこの映画は完璧で、この事実だけで鑑賞するに値します。イスマーイール・ダルバールの音楽はシンプルに魅力的です」と批評している[11]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果
第47回ナショナル・フィルム・アワード英語版 最優秀プロダクションデザイン賞英語版 ニティン・チャンドラカント・デサイ英語版 受賞
最優秀音楽監督賞英語版 イスマーイール・ダルバール
最優秀振付賞英語版 バイブハビ・マーチャント英語版
最優秀撮影監督賞英語版 アニル・メーヘター
第45回フィルムフェア賞英語版 最優秀作品賞英語版 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
最優秀監督賞英語版
最優秀主演男優賞英語版 サルマン・カーン ノミネート
アジャイ・デーヴガン
最優秀主演女優賞英語版 アイシュワリヤー・ラーイ 受賞
最優秀男性プレイバックシンガー賞英語版 ユディット・ナラヤン(「Chand Chupa Badal Mein」)
最優秀美術監督賞英語版 ニティン・チャンドラカント・デサイ
最優秀撮影監督賞英語版 アニル・メーヘター
最優秀振付賞英語版 サロージ・カーン英語版(「Nimbooda」)
最優秀バックグラウンドスコア賞英語版 アンジャン・ビスワス
ニューミュージック・タレント賞英語版 イスマーイール・ダルバール
スター・スクリーン・アワード 最優秀作品賞 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
最優秀監督賞
最優秀主演女優賞英語版 アイシュワリヤー・ラーイ
最優秀女性プレイバックシンガー賞英語版 カビータ・クリシュナマーシー
最優秀脚本賞英語版 サンジャイ・リーラー・バンサーリー、ケネス・フィリップス
第1回国際インド映画アカデミー賞英語版 最優秀作品賞英語版 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
最優秀監督賞英語版
最優秀主演女優賞英語版 アイシュワリヤー・ラーイ
最優秀男性プレイバックシンガー賞英語版 ユディット・ナラヤン(「Chand Chupa Badal Mein」)
最優秀撮影監督賞英語版 アニル・メーヘター
最優秀脚色賞英語版 プロタプ・カルヴァット、サンジャイ・リーラー・バンサーリー
最優秀ダイアログ賞英語版 アムリク・ギル
最優秀脚本賞英語版 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
最優秀振付賞英語版 サロージ・カーン
最優秀録音賞英語版 ジーテンドラ・チョウダリー
サウンド・リ・レコーディング賞 スシュミタ・セン
ジー・シネ・アワード 最優秀作品賞 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
最優秀監督賞
最優秀主演女優賞英語版 アイシュワリヤー・ラーイ
フェイス・オブ・ザ・イヤー
最優秀男性プレイバックシンガー賞英語版 ユディット・ナラヤン
最優秀女性プレイバックシンガー賞英語版 カビータ・クリシュナマーシー
ジー・ゴールド・アワード 最優秀監督賞 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
最優秀主演女優賞(批評家賞) アイシュワリヤー・ラーイ
最優秀男性プレイバックシンガー賞 クマール・サーヌー
最優秀衣装デザイン賞 ニータ・ルッラー英語版
最優秀撮影監督賞 アニル・メーヘター
最優秀脚本賞 サンジャイ・リーラー・バンサーリー

出典[編集]

  1. ^ a b Hum Dil De Chuke Sanam”. boxofficeindia. BOI. 2017年4月5日閲覧。
  2. ^ Straight From the Heart”. Rotten Tomatoes. 2013年5月27日閲覧。
  3. ^ Hum Dil De Chuke Sanam (1999)”. IMDb. 2018年9月4日閲覧。
  4. ^ Filmfare nominations 1999”. IndiaTimes.com. 2010年5月20日閲覧。
  5. ^ Hum Dil De Chuke Sanam Music Review”. 2018年9月4日閲覧。
  6. ^ Box Office 1999”. BoxOfficeIndia.Com. 2010年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月19日閲覧。
  7. ^ Box Office India overseas earners”. BoxOfficeIndia.Com. 2010年5月19日閲覧。
  8. ^ Planet-Bollywood - Film Review - Hum Dil De Chuke Sanam”. Indolink.com (1999年6月18日). 2011年9月27日閲覧。
  9. ^ Rediff On The NeT, Movies: The review of Hum Dil De Chuke Sanam”. Rediff.com (1999年6月17日). 2011年9月27日閲覧。
  10. ^ Eisner, Ken (2000年11月5日). “Variety Reviews - Straight From the Heart - Film Reviews - - Review by Ken Eisner”. Variety.com. 2011年9月27日閲覧。
  11. ^ Hum Dil De Chuke Sanam”. Filmfare. 2001年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]