チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チェンナイ・エクスプレス
〜愛と勇気のヒーロー参上〜
Chennai Express
Promotion of Chennai Express on Comedy Nights with Kapil.jpg
プロモーションのためテレビ番組に出演するシャー・ルク・カーン、ディーピカー・パードゥコーン、ローヒト・シェッティ
監督 ローヒト・シェッティ
脚本 ユヌス・サジャワル
ロビン・バット
サジード=ファラード英語版
原案 K・スバーシュ英語版
製作 ゴウリー・カーン英語版
カリム・モラニ英語版
ロニー・スクリューワーラー英語版
シッダールト・ロイ・カプール英語版
ナレーター シャー・ルク・カーン[1]
出演者 ディーピカー・パードゥコーン
シャー・ルク・カーン
音楽 アマル・モヒレ
撮影 ダッドリー
編集 スティーヴン・H・バーナード
製作会社 レッド・チリーズ・エンターテインメント英語版
配給 インドの旗 UTVモーション・ピクチャーズ英語版[2]
日本の旗 日活
公開 世界の旗 2013年8月8日[3][4]
インドの旗 2013年8月9日[5]
日本の旗 2014年10月26日
上映時間 141分[3]
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
製作費 ₹1,150,000,000[6]
興行収入 ₹4,230,000,000[7]
テンプレートを表示

チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』(チェンナイ・エクスプレス〜あいとゆうきのヒーローさんじょう〜、Chennai Express)は、2013年に公開されたインドアクションコメディ映画ローヒト・シェッティが監督を務め、シャー・ルク・カーンディーピカー・パードゥコーンニキティン・ディールサティヤラージが主要キャストとして出演している。各国で英語、フランス語、スペイン語、アラビア語、ドイツ語、ヘブライ語、オランダ語、トルコ語、マレー語字幕版が公開されている[8]主要撮影メーブーブ・スタジオ英語版ウダカマンダラムを中心に行われ、2013年8月8日に海外市場で、翌9日にインドで公開された。興行収入42億3000万ルピーを記録するヒット作となり、『きっと、うまくいく』の記録を塗り替え、2013年当時のボリウッド映画歴代興行成績第1位となった。

ストーリー[編集]

ムンバイで暮らすラーフルは幼少期に両親を事故で喪い、祖父母の元で成長した。祖父の100歳の誕生日を控えた日、ラーフルは友人のサリムとボビーに誘われゴア州に旅行に行くことにしたが、誕生日の前日に祖父が急死する。祖父の死後、ラーフルの祖母は「自分の死後、遺灰をガンジス川ラーメーシュワラムに撒いて欲しい」という遺言を伝え、ラーメーシュワラムに向かうように告げる。ラーフルはゴア州の川から遺灰を撒こうと考え、祖母を安心させるためチェンナイ・エクスプレスに乗り込み、途中のカリヤーン・ジャンクション駅で友人たちと合流しようとする。しかし、遺灰を列車内に置き忘れたことに気付いたラーフルは列車に戻り、その際に列車に乗り込もうとしていた男女を手助けしている間に列車を降りられなくなってしまう。乗車を手助けしたミーナはタミル・ナードゥ州コンバン村の実力者ドルゲーシュハラの娘であり、父の勢力拡大のため隣村のタンガバッリとの政略結婚を強要されていた。列車を降りたミーナは迎えに来たドルゲーシュハラに対し、「ラーフルと結婚するつもりだ」と嘘を伝え、ドルゲーシュハラは今後のことを決めるためラーフルを村に連れて行く。そこでタンガバッリと決闘することになったラーフルは、決闘の夜に逃げ出してサムシェール警部に匿ってもらうが、隠れ場所が密漁船だったため船はそのままスリランカに向かい、密猟者の一味と間違われて海洋警察に拘束される。

ラーフルは身元確認のためコンバン村に戻され、ドルゲーシュハラやタンガバッリの前に差し出される。ミーナを人質にしたラーフルは車に乗り込み、再び村を脱出する。途中で車が故障して2人は喧嘩別れするが、最終的に進退に困ったラーフルはミーナを頼り、2人は近隣のヴィダンバ村に向かい「駆け落ちした夫婦」を装い村人たちの庇護を受け、村での日々を通してミーナはラーフルに想いを寄せるようになる。タンガバッリたちに見付かった2人は村人たちの助けを借りて脱出に成功し、ラーフルはミーナと別れてラーメーシュワラムに向かおうとするが、ミーナはラーフルと同行することを選び、2人でラーメーシュワラムに向かう。遺灰の散布を終えたラーフルは、ミーナを連れてコンバン村に戻り、ドルゲーシュハラと対峙する。彼はドルゲーシュハラやタンガバッリにミーナを自由の身にするように説得し、その中で彼女に愛を告白する。決闘の末にタンガバッリを倒したラーフルは、ドルゲーシュハラやタンガバッリに勇気を認められ、ミーナは父の支配から解放され自由の身となり、ラーフルとの結婚を認められる。

キャスト[編集]

ディーピカー・パードゥコーン
シャー・ルク・カーン
ニキティン・ディール
サティヤラージ

製作[編集]

企画[編集]

プロモーション活動中のシャー・ルク・カーン

当初、ローヒト・シェッティは1982年にグルザール英語版が製作した『Angoor』のリメイクを製作するためにシャー・ルク・カーンの起用を計画していた。ローヒトは2011年に『Singham』が公開された後に新作映画『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』の脚本執筆を開始したが、脚本は未完成のまま執筆が中断した。新作映画の脚本は、シャー・ルクのスケジュール確保が困難だったため、決定稿ではなく予備脚本として扱われた[20]。しかし、脚本を読んだシャー・ルクが内容を気に入り出演契約を結んだため、進められていた『Angoor』のリメイク企画は延期された。ローヒトは新作映画の内容について「ロマンティックな側面を持つハードコアな商業映画です。そして、物語は主人公の男がムンバイからラーメーシュワラムに向かう旅の中で起きる騒動を描いています」と語っている[21]。上映時間のうち68分間の映像にはリライアンス・メディアワークス英語版が手掛けたCGIが使用されている[22]

シャー・ルクは新作映画の出演交渉を受けた最初の俳優であり、同時に最初に起用された俳優だった。ローヒトによると、シャー・ルクは新作映画のタイトルに反して南インドの人間は演じないだろうと語っている。ヒロイン役についてはカリーナ・カプールアシン・トーットゥンカルディーピカー・パードゥコーンが候補として報じられた[23]。シェッティは報道を否定し、2012年4月にキャストの起用は終了するとし、ヒロイン役はキャリアが確立されている女優が演じることになると語っている[24]。同年10月にディーピカー・パードゥコーンがヒロイン役に起用され、シャー・ルクとの共演シーンが公表された[25]。2人が共演するのは、ディーピカーのデビュー作『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』以来2度目となる[26][27]。また、シャー・ルクの意向により、スタッフロールではディーピカーの名前がシャー・ルクよりも先にクレジットされた[9]

ディーピカーの父親役にはタミル語映画で活動するサティヤラージが起用され、彼にとってのヒンディー語映画デビュー作となった[28]。2013年1月にプリヤマニ英語版アイテム・ナンバーに起用され[29]、助演俳優にはデリー・ガネーシュ英語版モハン・ラマン英語版などのタミル俳優が起用された[30]。当初、新作映画のタイトルは「Ready Steady Po」だったが、南インドとの関りを強調するため「Chennai Express」に変更され、「Ready Steady Po」は映画のキャッチフレーズとして使用された[31]

撮影[編集]

主要ロケ地となったムンナールヒル駅

2012年10月5日からムンバイのメーブーブ・スタジオ英語版で撮影が開始された[32]。追加撮影は最小限のスタッフでチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅で行われた[33]。同月中旬にシャー・ルクのスクリーン・ショットが非公式公開され[34]、11月からはゴア州での撮影が開始された[35]。同地のヴァスコ・ダ・ガマ駅英語版ではカリヤーン・ジャンクション駅英語版のシーンが撮影され、同時にダッドサガル滝英語版のロマンスシーンも撮影された[36]。カリヤーン・ジャンクション駅でシャー・ルクがディーピカーの乗車を手助けするシーンは、シャー・ルク主演作『シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦』のオマージュとなっている[37]。12月にはジャカルタで撮影が行われている[38]

2013年1月からはウダカマンダラムで撮影が行われる予定だったが、「ムンバイから距離が離れ過ぎている」というシャー・ルクの判断で、美術監督ナレンドラ・ルハリカルによってワイ英語版パンチガニ英語版近郊にウダカマンダラムの撮影セットが作られ[39]、建設に40日以上の日数と1500万ルピーの費用が投じられた[39][40]。同地での撮影は1か月間行われた[41]。4月からはケーララ州ムンナール英語版で10日間のスケジュールでデヴィクラム英語版ミーサプリマラ英語版、ワガヴァラ、カニマラで撮影が行われた[42]。しかし、大雨のため撮影が中断され、同月末までスケジュールがずれ込んだ[43]。同地では製作記者会見も開かれている[44]。5月から北ゴア県英語版で撮影が行われ[45][46]、同月25日にディーピカーの撮影が終了した[47]。同地での撮影終了後、シャー・ルクは残りのシーンを撮影するためハイデラバードに移動した[48]。いくつかのシーンではタミル語での会話シーンが登場するが、文脈を維持するため字幕表記はされなかった[49]

レッド・チリーズ・エンターテインメント英語版の下でゴウリー・カーン英語版カリム・モラニ英語版ロニー・スクリューワーラー英語版シッダールト・ロイ・カプール英語版がプロデューサーとして参加し、UTVモーション・ピクチャーズ英語版が国際配給を担当している[50]

サウンドトラック[編集]

映画音楽の作曲はアマル・モヒレ[51]、歌曲の作曲はヴィシャール=シェーカル英語版[52]、作詞はアミターブ・バッタチャールヤ英語版ヨー・ヨー・ハニー・シン英語版が手掛けている[53]。2012年10月下旬にレコーディングが行われ、11月に「Ready Steady Po」のレコーディングが行われた。複数のメディアはローヒトとシャー・ルクが映画音楽に不満を抱き、別の曲を考えていると報じられた[54]。しかし、作曲家たちは報道を否定している[55]

2013年4月上旬にS・P・バーラスブラマニアムが「Chennai Express」のレコーディングのため、15年ぶりにヒンディー語映画に参加した。彼の起用はヴィシャール=シェーカルのアイディアであり、映画の内容を気に入ったバーラスブラマニアムは参加を承諾した[56]。「1 2 3 4 Get on the Dance Floor」はフェット・ドゥ・ラ・ミュジック英語版に合わせてリリースされた。6月27日に「Titli」、7月11日に「Kashmir Main Tu Kanyakumari」のプロモーション映像が公開された[57][58]。同月19日にはT-Seriesの公式YouTubeチャンネルで「ルンギー・ダンス英語版」が公開された。曲名はタミル俳優ラジニカーントに敬意を表して名付けられている[59]。同月25日に「Tera Rasta Main Chhodoon Na」のプロモーション映像が公開された[60]。アルバムは7月1日に発売されている[61]

公開[編集]

マーケティング[編集]

上映イベントに出席したシャー・ルク・カーンとニキティン・ディール

2013年1月1日に映画ポスターが公開され[62]、5月23日にはバーラスブラマニアムが歌う31秒間のトラック・ティーザーが公開された[56]。6月13日にムンバイで開催されたイベントで予告編が公開され、2日後にはYouTubeの再生回数が400万回を超えた[63]。また、映画で使用されたシャー・ルクとディーピカーの衣装はオークション販売され、売り上げは全額慈善団体に寄付された[64]。オークションは公開日に合わせて実施された[65]。8月2日にスウェーデン企業シンボックスが開発したカラオケアプリがアンドロイド・iOSスマートフォン向けにリリースされた[66]

シャー・ルクは映画の宣伝のために『Comedy Nights with Kapil』『Taarak Mehta Ka Ooltah Chashmah』『Madhubala – Ek Ishq Ek Junoon』『Dance India Dance』『Jhalak Dikhhla Jaa』『Indian Idol Junior』などのテレビ番組に出演した[67]。また、2013年のインドでは「Chennai Express」がGoogleで最も検索された話題に選ばれた[68]。衛星放送の権利はジー・ネットワーク英語版が4億8000万ルピーで購入し[69]、10月20日にテレビ放送された[70]

上映状況[編集]

2013年8月8日からインドに先行して海外市場での上映が始まり、インドではマルチプレックスで先行上映が行われた[71]。『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』は従来とは異なる海外市場での上映を視野に入れており、ペルーではインドと同日公開された最初のヒンディー語映画になった[8][72]。この他にモロッコドイツスイスオーストリアフランスイスラエルで上映された[73]。チケット価格は平均よりも高く、平日は通常価格の40%増、週末は20%増となっている。ただし、この料金設定は全てのマルチプレックスで適用されたわけではない[74]

インドでは2550館3550スクリーン[75]、海外700スクリーン(北米196スクリーン、イギリス175スクリーン[76]、中東55スクリーン、オーストラリア30スクリーン含む)で上映され、当時最も広範囲で上映されたヒンディー語映画となった[77][78][79]

トラブル[編集]

『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』は『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ムンバイ2英語版』と共にパキスタンでの配給が中止された。これは配給業者がロリウッド英語版の『Waar』『Main Hoon Shahid Afridi』『Ishq Khuda』『Josh』の上映を優先したためである[80]。そのため、両作の公開日がそれぞれ8月15日、16日に延期された[81]。また、ワイでの撮影中にサドーム・ダム英語版の水を使い過ぎたため、干ばつに見舞われたサーターラー県英語版からの反発を招き、マハーラーシュトラ州政府大臣パタングラオ・カダム英語版も懸念を表明した[82]

TwitterとYouTubeで映画ポスターと予告編が公開された後、一部のタミル・メディアからタミル人のステレオタイプの描写やタミル語の台詞について批判を浴びた。また、ディーピカーのタミル語台詞のアクセントがタミル人のものではなかったという批判も起きた[83][84]。彼女は批判に対し、撮影に参加したスタッフの多くは南インドの出身であり、映画に南インドを風刺する意図はないと反論している[85]

2013年7月31日にマハラシュトラ・ナヴニルマン・セーナーが『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』の上映を妨害する旨の声明を発表した。これはミニシアターで同作を上映するために、配給会社がマラーティー語映画Duniyadari』の上映中止を求めたという報道に対する報復だった。8月1日にマハラシュトラ・ナヴニルマン・セーナー党首ラージ・タークレー英語版はローヒト・シェッティと『Duniyadari』監督サンジャイ・ジャーダヴ英語版と面会して解決策を模索するように求めた。話し合いの結果、『Duniyadari』のミニシアターでの上映が阻害されない限り、マハラシュトラ・ナヴニルマン・セーナーはマハーラーシュトラ州内での『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』の上映に反対しないことを決定した[86]。同作は最終的に10言語の吹替版が製作されている[87]

評価[編集]

興行収入[編集]

『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』は興行収入39億6000万ルピーを記録した時点で、当時のボリウッド映画興行成績第1位となった[88][89]。2015年時点では第11位にランクインしている。Box Office Indiaによると、同作は『きっと、うまくいく』の興行成績(39億2000万ルピー)を超えている[90][91]。最終的な興行収入は42億3000万ルピーとなっている[7]

国内興行収入[編集]

有料プレミア上映の興行収入は6750万ルピーを記録し、『きっと、うまくいく』の保持していた記録を塗り替えた[92]。公開初日の興行収入は2億9250万ルピーを記録し、『タイガー 伝説のスパイ』に次ぐ2番目の興行成績となった[93][94]。公開2日目に2億6430万ルピー[95][96]、公開3日目に2億9210万ルピーの興行収入を記録し[75]、累計興行収入は8億7080万ルピー(有料プレミア上映を含めた場合は9億3830万ルピー)となり[97]、『若さは向こう見ず』が記録した前週の興行成績を超えた[98][99]。海外市場も含めた累計興行収入は15億9000万ルピーとなった[100][101]。公開第1月曜日の興行収入は1億2000万ルピーを超え、火曜日は1億1500万ルピーを記録し、シャー・ルク主演作品の最高興行成績を記録した[102][103]。水曜日には1億2560万ルピーを記録しており[104][105]、木曜日の興行収入は1億9000万ルピーを記録し、公開第1週の累計興行収入は14億6150万ルピーとなり、『タイガー 伝説のスパイ』の記録を超えた[106][107][108][109]。公開7日目の海外興行収入を含めた累計興行収入は25億ルピーを記録し[110]、公開第2週末の興行収入は2億3750万ルピーとなり、国内純利益は16億8000万ルピー、海外興行収入を含めた累計興行収入は31億4000万ルピーを記録した[111][112]。公開第3週末には累計興行収入19億4000万ルピーを記録した[113]。公開第3週の国内累計興行収入は20億750万ルピーとなり[114]、公開第4週末には『きっと、うまくいく』の国内純利益記録を超えている[115][116]。公開第4週の興行収入は5740万ルピーを記録し、累計興行収入は20億6000万ルピーとなった[117][118][119]。公開第6週の興行収入は350万ルピーを記録し、最終的な国内累計興行収入は20億8250万ルピーとなった[120][121][脚注 1]

海外興行収入[編集]

イギリスの有料プレミア上映では同国の公開初日を上回る興行成績を記録し[123]、公開週末の海外興行収入は710万ドル(アメリカ合衆国:222万ドル、アラブ首長国連邦:773万ディルハム、イギリス:93万4118ユーロ含む)を記録した[124][125][126]。これは当時のボリウッド映画の歴代公開週末海外興行収入成績を塗り替えるものだった[127]パキスタンでも成功を収め、公開週末の興行収入は1840万ルピーを記録した[128]。同国では8月18日までに4000万ルピーの興行収入を記録し、同国におけるインド映画歴代興行成績を塗り替えた[129][130]。公開9日目の累計興行収入は1000万ドルを記録し[131][132][133]、公開第2週末までに1400万ドルの累計興行収入を記録した[134]。公開第3週末の累計興行収入は1600万ドル、公開第4週末には1685万ドルを記録した[135]。公開第5週末までに海外市場の累計興行収入は1725万ドルを記録し、公開第6週末には1740万ドルを記録した[136]

興行記録[編集]

『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』の興行記録
記録 数字 以前の記録 出典
スクリーン数 3700スクリーン ダバング2英語版』(2012年、3450スクリーン) [137]
有料プレミア上映 6750万ルピー 『きっと、うまくいく』(2009年、2750万ルピー) [92][138]
公開2日目 2億6430万ルピー ラ・ワン英語版』(2011年、2億2900万ルピー) [139]
公開3日目 2億9210万ルピー 『若さは向こう見ず』(2013年、2億2440万ルピー) [75]
公開週末 8億7000万ルピー
(有料プレミア上映を含めると9億2000万ルピー)
『若さは向こう見ず』(2013年、6億3000万ルピー) [97]
公開第1週 13億9000万ルピー
(有料プレミア上映を含めると14億6150万ルピー)
『タイガー 伝説のスパイ』(2012年、12億8000万ルピー) [108]
公開週末(国内外合計) 15億9000万ルピー 『若さは向こう見ず』(2013年、10億7000万ルピー) [100]
公開週末(アメリカ合衆国) 222万497ドル マイネーム・イズ・ハーン』(2010年、194万4027ドル) [124][125]
公開週末(海外市場) 710万ドル 『マイネーム・イズ・ハーン』(2010年、530万ドル) [140]
国内純利益(娯楽税英語版を除く) 20億8250万ルピー 『きっと、うまくいく』(2009年、20億2000万ルピー) [115][120]
配給業者利益(インド) 11億5000万ルピー 『タイガー 伝説のスパイ』(2012年、10億7000万ルピー) [141]
最終興行収入(国内外合計) 42億3000万ルピー 『きっと、うまくいく』(2009年、39億2000万ルピー) [7]

批評[編集]

インド[編集]

ローヒト・シェッティ

ボリウッド・ハンガマタラン・アダルシュは4/5の星を与え、「ローヒト・シェッティの基本はシンプルです。つまり観客を楽しませるための力強いヒロイズム、面白い物語、ハイピッチなドラマ、場当たり的で激しい台詞、足を踏み鳴らすような音楽、重力を感じさせないアクション、魅力的なユーモア……そして勿論、可能な限り爆破される自動車。『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』にはこの全てが含まれています」と批評している[142]フィルムフェアのラチット・グプタは4/5の星を与え、「この映画はユーモラスなセットと色鮮やかなロケ地と曲に飾られた映画である。あなたがドラマティックな要素や物語を多面的に批評するつもりがないのならば、映画を楽しむことができるでしょう」と批評している[143]。デイリー・ニュース&アナライシスのサリタ・タンワルは3.5/5の星を与え、「これは全てのヒンディー語映画愛好家にとってのご馳走です。映画にはあなたが大商業マサラ映画に望む全ての成分、つまり大スター俳優、ドラマ、アクション、コメディ、歌曲、カーチェイス、大団円がローヒト・シェッティの申し分のないスタイルで描かれています。全体的に、これはバブルガム・ブロックバスター映画です」と批評している[144]ザ・タイムズ・オブ・インディアのミーナ・アイヤールは3.5/5の星を与えている[145]

ニューデリー・テレビジョン英語版サイバル・チャテルジーは3/5の星を与え、「SRK(シャー・ルク・カーン)とディーピカーの心からの熱意と気の利いたジョークがシェッティの目的を果たし、『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』を完全なマサラ映画にしている」と批評している[12]ジー・ニュース英語版は3/5の星を与え、映画の平凡さと「パンチ」のなさ、予測可能な脚本に目を瞑るなら、その人は『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』を楽しむことができると批評している[146]インディア・トゥデイは3/5の星を与え[147]インディア・テレビ英語版のアビシェーク・グプタは2.5/5の星を与え「刺激的でも挑戦的でもない」と批評している[148]

インディアン・エクスプレス英語版のシューブラ・グプタは2.5/5の星を与え、ディーピカーの外見を賞賛したが、演技力については低い評価を与えた[149]Rediff.comのスカニヤ・ヴェルマは2.5/5の星を与え、「『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』はいくつかの笑いを誘うが、それ以外の場面では滑稽なコメディから恐ろしいドラマに路線を変えている」と批評している[150]デカン・クロニクル英語版のカリド・モハメドは2.5/5の星を与え、「チェンナイ・エクスプレスへの乗車は自己責任でお願いします」と述べている[151]CNNニュース18英語版ラジーヴ・マサンドは2.5/5の星を与え、映画は「膨れ上がった虚栄のプロジェクト」であり、「主演俳優たちはもっと上手く役を演じることができただろう」と批評している[152]ダイニク・バースカル英語版マヤンク・シェーカル英語版は1/5の星を与え、「チケットは購入しましたか?それでは、着席して苦痛を味わってください」と述べている[153]

海外[編集]

ニューヨーク・タイムズのレイチェル・サルツは「『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜』は厳選したワインと美味しい前菜のある豪華な食事のように感じられるが、メインコースは失敗だった」と批評している[154]エミレーツ24/7英語版のスニーハー・メイ・フランシスは、ディーピカーの演技の方がシャー・ルクよりも優れていると批評している[155]バラエティ誌のロニー・シャイブは「シャー・ルク・カーンとディーピカー・パードゥコーンは、このロマンス/コメディ/アクションには不釣り合いだった」と批評している[50]スペシャル・ブロードキャスティング・サービスのサイモン・フォスターは2/5の星を与えている[156]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果 出典
好意的な賞
第59回フィルムフェア賞英語版 ソニー・トレンドセッター・オブ・ザ・イヤー チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜 受賞 [157]
最優秀作品賞英語版 ノミネート
最優秀監督賞英語版 ローヒト・シェッティ
最優秀主演男優賞英語版 シャー・ルク・カーン
最優秀主演女優賞英語版 ディーピカー・パードゥコーン
最優秀音楽監督賞英語版 ヴィシャール=シェーカル
最優秀女性プレイバックシンガー賞英語版 チンマイ英語版
第15回国際インド映画アカデミー賞英語版 最優秀作品賞英語版 チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜 [158][159]
最優秀監督賞英語版 ローヒト・シェッティ
最優秀主演男優賞英語版 シャー・ルク・カーン
最優秀主演女優賞英語版 ディーピカー・パードゥコーン 受賞
最優秀録音賞英語版 ヴィノード・ヴェルマ
最優秀音響デザイン賞 アヌープ・デーヴ
プロデューサーズ・ギルド・フィルム・アワード英語版 最優秀作品賞 チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜 ノミネート [160][161]
最優秀監督賞 ローヒト・シェッティ
最優秀主演女優賞 ディーピカー・パードゥコーン 受賞
最優秀音楽監督賞 ヴィシャール=シェーカル ノミネート
最優秀振付賞 チンニ・プラカーシュ英語版
最優秀台詞賞 サジード=ファラード
エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー シャー・ルク・カーン 受賞
第20回スター・スクリーン・アワード英語版 最優秀主演男優賞英語版 ノミネート [162]
最優秀主演女優賞英語版 ディーピカー・パードゥコーン 受賞
最優秀女性プレイバックシンガー賞英語版 チンマイ ノミネート
最優秀マーケット映画賞 チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜 受賞
最優秀主演男優賞英語版 シャー・ルク・カーン
最優秀主演女優賞英語版 ディーピカー・パードゥコーン
ジー・シネ・アワード 最優秀作品賞 チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜 [162][163][164]
最優秀監督賞 ローヒト・シェッティ ノミネート
最優秀主演男優賞英語版 シャー・ルク・カーン 受賞
最優秀主演女優賞英語版 ディーピカー・パードゥコーン
最優秀音楽監督賞英語版 ヴィシャール=シェーカル ノミネート
最優秀女性プレイバックシンガー賞英語版 チンマイ
最優秀振付賞英語版 ラージュ・スンダラム英語版
最優秀台詞賞英語版 サジード=ファラード
ビッグスター・エンターテインメント・アワード英語版 最優秀作品賞 チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜 [165]
最優秀コメディ映画賞 受賞
最優秀コメディエンヌ賞 ディーピカー・パードゥコーン
最優秀音楽賞 ヴィシャール=シェーカル ノミネート
最優秀歌曲賞 「ルンギー・ダンス」
最優秀男性プレイバックシンガー賞 ヨー・ヨー・ハニー・シン 受賞
ジョディ・オブ・ザ・イヤー シャー・ルク・カーン、ディーピカー・パードゥコーン
エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー シャー・ルク・カーン
ボリウッド・ハンガマ・サーファーズ・チョイス・アワード 最優秀作品賞 チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜 ノミネート [166]
最優秀主演男優賞 シャー・ルク・カーン
最優秀主演女優賞 ディーピカー・パードゥコーン
最優秀マーケット映画賞 チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜
最優秀監督賞 ローヒト・シェッティ 次点
第6回ミルチ・ミュージック・アワード英語版 最優秀女性プレイバックシンガー賞英語版 チンマイ「Titli」 受賞 [167]
最優秀録音賞 シェーカル・ラヴジアーニー英語版「Titli」
否定的な賞
ゴールデンケーラ賞英語版 最低作品賞 チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜 ノミネート [168][169]
最低主演女優賞 ディーピカー・パードゥコーン
最低監督賞 ローヒト・シェッティ
イリテイティング・ソング賞 「ルンギー・ダンス」
最低作詞賞 「1 2 3 4 Get on the Dance Floor」

ゲーム[編集]

2013年7月24日、UTVソフトウェア・コミュニケーションズ英語版からシャー・ルクとディーピカーをフィーチャーしたアンドロイド向けのプラットフォーム・ゲーム『Chennai Express: Escape from Rameshwaram』が発売された[170][171]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ Box Office Indiaでは国内興行収入を20億8250万ルピーを発表しているが、タラン・アダルシュやコマル・ナータは22億7000万ルピーと分析している[122]

出典[編集]

  1. ^ Suprateek Chatterjee (2013年8月9日). “Movie Review: SRK's Chennai Express is Rohit Shetty's tribute to DDLJ”. Firstpost. 2013年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月11日閲覧。
  2. ^ Shalvi Mangaokar (2012年9月28日). “Chennai Express Finally Chugs Off”. Hindustan Times. オリジナルの2012年9月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120929105613/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/Chennai-Express-finally-chugs-off/Article1-936909.aspx 2012年9月28日閲覧。 
  3. ^ a b Chennai Express (12A)”. British Board of Film Classification (2013年7月31日). 2013年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月1日閲覧。
  4. ^ Chennai Express (2013) International Box Office Results – Box Office Mojo”. Box Office Mojo. 2013年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月11日閲覧。
  5. ^ 'Chennai Express' Release Date Delayed: Shah Rukh-Deepika Starrer Pushed to 9 August”. International Business Times (2013年7月19日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月26日閲覧。
  6. ^ Highest Budget Movies All Time”. Box Office India. 2015年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月18日閲覧。
  7. ^ a b c Cain, Rob (2016年3月20日). “Shah Rukh Khan's 'Fan' Aims To Continue Movie Megastar's Global Hit Streak” (英語). Forbes. オリジナルの2017年11月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171113165918/https://www.forbes.com/sites/robcain/2016/03/20/shah-rukh-khans-fan-aims-to-continue-movie-megastars-global-hit-streak/ 
  8. ^ a b “2 years of Chennai Express: 10 facts about the movie you probably did not know”. News18. https://www.news18.com/news/buzz/2-years-of-chennai-express-10-facts-about-the-movie-you-probably-did-not-know-1034433.html 2018年6月26日閲覧。 
  9. ^ a b Thakkar, Mehul S (2013年3月17日). “Women's Day: It's ladies first for Shah Rukh Khan”. The Times of India. オリジナルの2015年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150311235943/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Womens-Day-Its-ladies-first-for-Shah-Rukh-Khan/articleshow/18843611.cms 2014年8月30日閲覧. "Starting with his upcoming film Chennai Express, the credit rolls will not feature his name first, but that of his leading actress." 
  10. ^ “'Chennai Express' has made me a better actor: Nikitin Dheer”. The Times of India. (2013年9月12日). オリジナルの2017年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170906184629/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Chennai-Express-has-made-me-a-better-actor-Nikitin-Dheer/articleshow/22510795.cms 2013年12月28日閲覧。 
  11. ^ Introducing The Characters of Chennai Express”. Koimoi (2013年7月2日). 2013年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月2日閲覧。
  12. ^ a b Saibal Chatterjee (2013年8月8日). “Chennai Express movie review”. NDTV. 2013年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月28日閲覧。
  13. ^ a b c “Bollywood Hungama Chennai Express(2013)”. Bollywood Hungama. (2013年1月1日). オリジナルの2013年7月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130712015825/http://www.bollywoodhungama.com/moviemicro/cast/id/570145/Chennai%20Express 2013年7月25日閲覧。 
  14. ^ Ramchander (2013年12月16日). “Priyamani eyes for Salman and Shahrukh Khan movies”. One India. 2013年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月28日閲覧。
  15. ^ IB Times Staff Reporter (2013年3月24日). “'Chennai Express': Priyamani's Item Song with Shahrukh Khan to be Shot Again!”. 2020年4月11日閲覧。
  16. ^ Shah Rukh Khan's latkas jhatkas in Chennai Express item number - Indian Express”. archive.indianexpress.com. 2020年4月11日閲覧。
  17. ^ South actor Priyamani is excited about her item number in Shahrukh Khan's Chennai Express! - Bollywoodlife.com”. 2020年4月11日閲覧。
  18. ^ Ramachandran, Mythily (2013年8月1日). “Southern Spice: The Southern girl in SRK's "Chennai"”. 2020年4月11日閲覧。
  19. ^ Chennai Express song One two three four: What exactly is Shahrukh Khan up to? - Bollywoodlife.com”. 2020年4月11日閲覧。
  20. ^ SRK says yes to Rohit Shetty's Chennai Express”. NDTV (2011年12月9日). 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月19日閲覧。
  21. ^ “I'm making Chennai Express with SRK – Rohit Shetty”. Bollywood Hungama. (2011年11月16日). オリジナルの2012年2月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120207233235/http://www.bollywoodhungama.com/celebrities/features/type/view/id/2889 2012年3月5日閲覧。 
  22. ^ Philip Bode (2013年9月5日). “68 minutes of CGI to augment narrative”. Bollywood Hungama. オリジナルの2015年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150113185544/http://www.bollywoodhungama.com/movies/slideshow/type/view/id/1518 2015年1月27日閲覧。 
  23. ^ Nabanita (2012年3月19日). “Shahrukh Khan develops Beefy Muscles for Chennai Express”. One India. 2013年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月1日閲覧。
  24. ^ Nabanita (2011年2月21日). “Rohit Shetty Furious”. One India. 2013年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月5日閲覧。
  25. ^ Jhunjhunwala, Udita (2013年8月7日). “I bullied Shah Rukh Khan a lot: Deepika Padukone on Chennai Express”. 2018年6月26日閲覧。
  26. ^ StarGaze: SRK, Deepika Padukone on the sets of 'Chennai Express' and more”. CNN-IBN (2012年10月6日). 2013年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月14日閲覧。
  27. ^ Deepika to star with Shah Rukh”. CNN-IBN (2012年8月12日). 2013年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月14日閲覧。
  28. ^ Ramchander (2012年11月21日). “Sathyaraj turns Deepika Padukone's Father in Chennai Express?”. One India. 2012年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月2日閲覧。
  29. ^ Ramchander (2013年2月3日). “Priyamani to shake her booty for Shahrukh in Chennai Express!”. Oneindia Entertainment. 2013年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  30. ^ Meena Venkatraman (2013年5月16日). “King Can”. The Hindu. オリジナルの2018年2月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180205101233/http://www.thehindu.com/features/cinema/king-can/article4720707.ece 2015年1月29日閲覧。 
  31. ^ Chennai Express : Lesser Known Facts”. 2018年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月2日閲覧。
  32. ^ Shah Rukh-Salman spotted together at Mehboob studio”. India TV News (2013年8月8日). 2013年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月27日閲覧。
  33. ^ Chennai Express: Shah Rukh Khan, Deepika Padukone Bring Back 'DDLJ' Memories”. Businessofcinema (2012年11月27日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月29日閲覧。
  34. ^ Rubina A. Khan (2012年10月15日). “SRK's working Sunday for Chennai Express!”. Firstpost. オリジナルの2012年12月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121219091803/http://www.firstpost.com/bollywood/srks-working-sunday-for-chennai-express-491061.html 2013年5月24日閲覧。 
  35. ^ Simran Chopra (2012年8月12日). “Chennai Express: Shah Rukh Khan, Deepika Padukone Shoot At Iconic Dudhsagar Falls”. Business of Cinema. 2015年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月26日閲覧。
  36. ^ Steven Baker (2012年12月8日). “Shah Rukh Khan, Deepika Padukone shoot waterfall sequence”. Digital Spy. 2013年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  37. ^ Shah Rukh Khan, Deepika Padukone's DDLJ moment in Chennai Express”. The Indian Express (2013年6月18日). 2014年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月25日閲覧。
  38. ^ Shahrukh Khan leaves for Jakarta with Chennai Express team”. Glamsham (2012年12月8日). 2012年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  39. ^ a b Upala KBR (2013年3月30日). “Shah Rukh Khan brings Ooty to Wai!”. Daily News and Analysis. 2013年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  40. ^ Bollywood Hungama (2013年1月2日). “Shah Rukh Khan, Deepika Padukone flaunt lungi for Chennai Express”. Hindustan Times. 2013年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  41. ^ Team 'Chennai Express' Wraps Up Wai Schedule”. Koimoi (2013年4月1日). 2013年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  42. ^ King Khan in Munnar for 'Chennai Express' shooting”. The New Indian Express (2013年4月30日). 2013年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  43. ^ Awasthy K (2013年4月30日). “Munnar Diaries”. The New Indian Express. 2013年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  44. ^ Shahrukh Khan not to act in Malayalam cinema”. Asianet News. 2016年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月26日閲覧。
  45. ^ “Salman and SRK together in Goa”. Filmfare. (20 May 2013). オリジナルの24 May 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130524095949/http://www.filmfare.com/news/salman-and-srk-together-in-goa-3187.html 2013年5月24日閲覧。. 
  46. ^ Puri (2013年5月24日). “New Pictures: Shahrukh Khan, Deepika Padukone on Chennai Express sets”. Oneindia Entertainment. 2013年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  47. ^ Akshata Shetty (2013年4月27日). “Deepika Padukone wraps up 'Chennai Express' shoot”. The Times of India. 2013年5月24日閲覧。
  48. ^ Karan Johar Picks Aamir Khan Over SRK at Birthday Bash!”. Business of Cinema (2013年5月27日). 2013年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月27日閲覧。
  49. ^ Will wait for 3–4 days to count 'Chennai Express' collections: Shah Rukh Khan”. The Times of India (2013年8月10日). 2013年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月15日閲覧。
  50. ^ a b McNary, Dave (2013年8月9日). “Film Review: 'Chennai Express'”. Variety. 2013年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  51. ^ “We are living in an age of fast and furious change: Joi”. The Times of India. (2013年11月19日). オリジナルの2018年2月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180205101233/https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/music/news/We-are-living-in-an-age-of-fast-and-furious-change-Joi/articleshow/26025886.cms 2015年1月29日閲覧。 
  52. ^ Apoorva Dutt (2013年8月7日). “Chennai Express: Why Vishal Dadlani is wrong about Yo Yo Honey Singh”. Firstpost. オリジナルの2014年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140408041423/http://www.firstpost.com/bollywood/chennai-express-why-vishal-dadlani-is-wrong-about-yo-yo-honey-singh-1016965.html 2015年1月29日閲覧。 
  53. ^ Udita Jhunjhunwala (2013年6月29日). “Amit Trivedi & Amitabh Bhattacharya”. Livemint. 2014年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月29日閲覧。
  54. ^ Dibyojyoti Baksi (2013年4月22日). “Shah Rukh Khan not happy with music of Chennai Express”. Hindustan Times. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  55. ^ Akshata Shetty (2013年4月27日). “Not asked to re-work 'Chennai Express' music: Vishal-Shekhar”. The Times of India. 2013年5月24日閲覧。
  56. ^ a b Mehul S Thakkar (2013年5月24日). “Salman's voice now belongs to Shah Rukh”. Mumbai Mirror. オリジナルの2013年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130608034806/http://www.mumbaimirror.com/entertainment/bollywood/Salmans-voice-now-belongs-to-Shah-Rukh/articleshow/20236261.cms 2013年5月24日閲覧。 
  57. ^ Titli Chennai Express Official Video”. T-Series (2013年6月27日). 2015年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月30日閲覧。
  58. ^ Kashmir Main Tu Kanyakumari: Chennai Express song”. T-Series (2013年7月11日). 2013年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月30日閲覧。
  59. ^ The Thalaivar Tribute (Lungi Dance) Feat. Yo Yo Honey Singh”. T-Series (2013年7月23日). 2013年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月23日閲覧。
  60. ^ Tera Rastaa Chhodoon Na Song Chennai Express”. T-Series (2013年7月25日). 2015年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月30日閲覧。
  61. ^ Chennai Express Music Album”. Taran Adarsh (2013年7月2日). 2013年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月3日閲覧。
  62. ^ First Look: Ready Steady Po for Chennai Express!”. India Today (2013年1月2日). 2013年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月2日閲覧。
  63. ^ Sunitra Pacheco (2013年6月13日). “SRK and Deepika launch Chennai Express trailer!”. The Indian Express. 2013年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月15日閲覧。
  64. ^ Apurva Singh (2013年7月26日). “SRK, Deepika's Chennai Express costumes to be auctioned for charity”. The Indian Express. オリジナルの2013年11月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131127211542/http://www.indianexpress.com/news/srk-deepikas-chennai-express-costumes-to-be-auctioned-for-charity/1147110 2013年12月18日閲覧。 
  65. ^ IANS (2013年7月25日). “Shah Rukh, Deepika Padukone's outfits in 'Chennai Express' to be auctioned”. CNN-IBN. 2013年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月25日閲覧。
  66. ^ “Chennai Express Karaoke app launched”. Bollywood Hungama. (2013年8月6日). オリジナルの2015年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924144928/http://www.bollywoodhungama.com/news/2003703/Chennai-Express-Karaoke-App-for-Android 2015年1月27日閲覧。 
  67. ^ Chennai Express: 10 innovative marketing techniques used for the film”. IBN Live (2013年8月8日). 2015年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月27日閲覧。
  68. ^ “Sunny Leone most searched personality on Google in 2013”. The Indian Express. Press Trust of India. (2013年12月18日). オリジナルの2013年12月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131222020458/http://www.indianexpress.com/news/sunny-leone-most-searched-personality-on-google-in-2013/1209093/ 2015年1月27日閲覧。 
  69. ^ Nandini Raghavendra (2013年8月1日). “Zee buys satellite rights of Chennai Express for its upcoming channel '& Pictures'”. The Economic Times. http://articles.economictimes.indiatimes.com/2013-08-01/news/40963081_1_satellite-rights-zee-entertainment-film-rights 2013年12月24日閲覧。 
  70. ^ Roshini Olivera (2013年11月1日). “Chennai Express helps ZEE TV overtake Star Plus”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2013-11-03/news/43611698_1_tvt-colors-amita-ka-amit 2015年1月27日閲覧。 
  71. ^ Chennai Express Paid Previews Draw Bumper Response at Multiplexes (Internet Archive)”. Box Office India (2013年8月8日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月12日閲覧。
  72. ^ “Latin America's Peru hooked on to Bollywood culture”. Business Standard. PTI. (2013年9月4日). オリジナルの2015年1月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150129212951/http://www.business-standard.com/article/pti-stories/latin-america-s-peru-hooked-on-to-bollywood-culture-with-pix-113090400398_1.html 2015年1月29日閲覧。 
  73. ^ “Bollywood rides on Chennai Express to new international markets”. Hindustan Times. Indo-Asian News Service. (2013年8月3日). オリジナルの2013年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130804073006/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/Bollywood-rides-on-Chennai-Express-to-new-international-markets/Article1-1102702.aspx 2013年8月3日閲覧。 
  74. ^ Vickey Lalwani (2013年8月3日). “Shah Rukh's 'Chennai Express' turn costlier for cinemagoers”. The Times of India. 2013年8月4日閲覧。
  75. ^ a b c Meena Iyer (2013年8月14日). “'Chennai Express' breaks multiple records”. The Times of India. 2013年8月15日閲覧。
  76. ^ “Shah Rukh Khan-starrer Chennai Express to get biggest Bollywood release in UK?”. Hindustan Times. Press Trust of India. (2013年7月31日). オリジナルの2013年8月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130801052856/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/Shah-Rukh-Khan-starrer-Chennai-Express-to-get-biggest-Bollywood-release-in-UK/Article1-1101053.aspx 2013年7月31日閲覧。 
  77. ^ “Movie preview: Fun ride on Chennai Express. Deccan Herald. (2013年8月6日). オリジナルの2013年8月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130810055239/http://www.deccanherald.com/content/349516/movie-preview-fun-ride-chennai.html 2013年8月7日閲覧。 
  78. ^ Besharam To Have Second Widest Release of All Time”. Box Office India (2013年10月1日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月3日閲覧。
  79. ^ Top Screen Counts 2013”. Box Office India (2013年9月26日). 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月3日閲覧。
  80. ^ “Shahrukh, Akshay shelved in Pakistan”. DAWN. (2013年4月24日). オリジナルの2015年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150419132653/http://www.dawn.com/news/793988/shahrukh-akshay-shelved-in-pakistan 2015年1月29日閲覧。 
  81. ^ Pakistan to blackout Shah Rukh's 'Chennai Express' and Akshay's 'Once Upon A Time in Mumbaai 2'”. The Indian Express (2013年4月23日). 2013年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月25日閲覧。
  82. ^ 13 Interesting Facts you did not know about Chennai Express”. Daily Bhaskar (2013年6月24日). 2015年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月28日閲覧。
  83. ^ Vivadha Medai [The debate dais] (Television) (Tamil). SUN News. 2013. 2013年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月17日閲覧
  84. ^ Shah Rukh Khan's 'Chennai Express' posters spark debate; much ado about nothing?”. CNN-IBN (2013年1月3日). 2013年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月31日閲覧。
  85. ^ Not spoofing South India in Chennai Express: Deepika Padukone : Bollywood, News”. India Today (2013年8月6日). 2013年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月15日閲覧。
  86. ^ “Raj Thackeray gives Chennai Express green signal after meeting Rohit Shetty”. Indo-Asian News Service. NDTV. (2013年8月1日). オリジナルの2013年8月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130802065833/http://movies.ndtv.com/bollywood/raj-thackeray-gives-chennai-express-green-signal-after-meeting-rohit-shetty-400076 2013年8月2日閲覧。 
  87. ^ Chennai Express will be released in ten languages” (2013年8月7日). 2018年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月3日閲覧。
  88. ^ Worldwide TOP TEN 2013”. Box Office India (2013年12月12日). 2014年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月20日閲覧。
  89. ^ Chennai Express”. Box Office India. 2015年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月21日閲覧。
  90. ^ What Will Be The Final Worldwide Business Of Krrish 3 And What Was Chennai Express Worldwide?”. Box Office India. 2013年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月28日閲覧。
  91. ^ Chennai Express Crosses Ek Tha Tiger Worldwide In Ten Days” (2013年8月19日). 2013年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  92. ^ a b Chennai Express Has Huge Paid Previews”. Box Office India (2013年8月7日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月12日閲覧。
  93. ^ Chennai Express Has Excellent Opening”. Box Office India (2013年8月9日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月15日閲覧。
  94. ^ How Much Will Once Upon A Time In Mumbai Dobara Open With On Day One?”. Box Office India (2012年8月13日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月15日閲覧。
  95. ^ Chennai Express Second Day Territorial Breakdown – Box Office India”. Box Office India. 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月18日閲覧。
  96. ^ All Time Highest Second Day Collections – Box Office India”. Box Office India. 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月18日閲覧。
  97. ^ a b Top Weekends 2013: Goliyon Ki Raasleela Ram Leela 3rd”. Boxofficeindia.com (2013年11月18日). 2013年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  98. ^ All Time Top Opening Weekends: Chennai Express Leads By A Distance- Box Office India”. Box Office India (2013年8月12日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月18日閲覧。
  99. ^ Top Weekends 2013: Grand Masti 4th – Box Office India”. Box Office India (2013年9月16日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月18日閲覧。
  100. ^ a b Top Worldwide Weekends 2013: Goliyon Ki Raasleela Ram Leela 3rd”. Box Office India (2013年11月19日). 2013年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  101. ^ Worldwide Opening Weekend: KRRISH 3 Sixth”. Box Office India (2013年11月7日). 2013年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  102. ^ Chennai Express Is Highest Shahrukh Khan Grosser in Five Days”. Box Office India (2013年8月14日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月15日閲覧。
  103. ^ Chennai Express crosses 125 cr; 200 cr target?”. The Times of India (1970年1月1日). 2013年8月15日閲覧。
  104. ^ Chennai Express Wednesday business”. Box Office India (2015年8月15日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月16日閲覧。
  105. ^ Chennai Express: 137.1 cr till Wednesday”. The Times of India (2013年8月15日). 2013年8月26日閲覧。
  106. ^ Top Ten All Time First Week Grossers: DHOOM 3 Leads By 25%”. Box Office India (2013年12月27日). 2013年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月27日閲覧。
  107. ^ Chennai Express Beats Ek Tha Tiger First Week Record”. Box Office India (2013年8月16日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  108. ^ a b Chennai Express Week One Territorial Breakdown”. Box Office India (2013年8月19日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  109. ^ Chennai Express Beats Ek Tha Tiger First Week Record”. Box Office India (2013年8月16日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月23日閲覧。
  110. ^ Top Worldwide First Weeks 2013: Besharam 50% Of Yeh Jawaani Hai Deewani”. Box Office India (2013年10月9日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月17日閲覧。
  111. ^ Chennai Express Second Weekend Business”. Box Office India (2013年8月19日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  112. ^ Chennai Express Crosses Ek Tha Tiger Worldwide in Ten Days”. Box Office India (2013年8月19日). 2013年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月12日閲覧。
  113. ^ Chennai Express third weekend”. Box Office India (2013年8月26日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
  114. ^ Chennai Express Hits 200 Crore in Three Weeks”. Box Office India (2013年8月30日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月30日閲覧。
  115. ^ a b Chennai Express Is All Time Record Grosser Without Records in Big Circuits”. Box Office India (2013年9月5日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月17日閲覧。
  116. ^ Chennai Express Only Bright Spot in a Dull August”. Box Office India (2013年9月5日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月17日閲覧。
  117. ^ Chennai Express 206 Cr in Four Weeks Madras Cafe 41 Cr in Two Weeks”. Box Office India (2013年9月6日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月17日閲覧。
  118. ^ Shudh Desi Romance Opens Well Zanjeer Dull”. Box Office India (2013年9月7日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月17日閲覧。
  119. ^ Chennai Express Week Four Territorial Breakdown”. Box Office India (2013年9月9日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月17日閲覧。
  120. ^ a b Chennai Express Final Lifetime Business”. Box Office India (2013年9月18日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月17日閲覧。
  121. ^ Chennai Express Totals Multiplex: v Single Screens”. Box Office India (2013年9月18日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月17日閲覧。
  122. ^ “BO Report Card: Krrish 3 is the first highest grosser of 2013 so far”. Bollywood Hungama. (2013年11月4日). オリジナルの2015年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150107182333/http://www.bollywoodhungama.com/box-office/special-features/id/279 2015年1月12日閲覧。 
  123. ^ Chennai Express Has Huge Start in Overseas”. Box Office India (2013年8月9日). 2013年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月11日閲覧。
  124. ^ a b Weekend Box Office Results for August 9–11 – Box Office Mojo”. Box Office Mojo. 2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月23日閲覧。
  125. ^ a b Weekend Report: Audiences Travel to 'Elysium' Over Crowded Weekend”. Box Office Mojo (2013年8月11日). 2013年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月15日閲覧。
  126. ^ Shekhar (2013年8月13日). “Chennai Express 1st Weekend Collection at Overseas Box Office”. Oneindia Entertainment. 2013年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月16日閲覧。
  127. ^ Top Overseas First Weekends 2013: Besharam 4th”. Box Office India (2013年10月9日). 2013年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月11日閲覧。
  128. ^ 'Chennai Express' a big hit in Karachi – The Times of India”. The Times of India (2015年1月12日). 2013年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  129. ^ Shah Rukh Khan's Chennai Express earns Rs 40 million in Pakistan”. The Indian Express (2013年8月19日). 2013年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  130. ^ Shah Rukh Khan's 'Chennai Express' breaks records in Pak”. Deccan Chronicle (2013年8月18日). 2015年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  131. ^ Malvania, Urvi (2013年8月17日). “Chennai Express reaches Rs 157-crore station in one week”. Business Standard. オリジナルの2013年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130820062305/http://www.business-standard.com/article/companies/chennai-express-from-0-to-157-core-in-one-week-113081701100_1.html 2013年8月26日閲覧。 
  132. ^ Ankita Mehta (2013年8月17日). “'Chennai Express' Box Office Collection: SRK Starrer Crosses ₹200 Crore Worldwide in 9 Days”. International Business Times. 2013年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  133. ^ SRK's Chennai Express breaks records overseas”. Hindustan Times (2013年8月17日). 2013年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  134. ^ Once Upon A Time in Mumbaai Dobaara Dull Chennai Express Heads For $16 Plus”. Box Office India (2013年7月21日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  135. ^ Satyagraha $1.35 Million Weekend Chennai Express At $16.85 Million”. Box Office India (2013年9月4日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月13日閲覧。
  136. ^ Grand Masti Is Poor Chennai Express Still Going”. Box Office India (2013年9月18日). 2013年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月15日閲覧。
  137. ^ Besharam To Have Second Widest Release of All Time”. Box Office India (2013年10月1日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月1日閲覧。
  138. ^ Chennai Express Paid Previews Draw Bumper Response at Multiplexes”. Box Office India (2013年8月8日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月24日閲覧。
  139. ^ All Time Highest Second Day Collections”. Box Office India (2013年8月11日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月27日閲覧。
  140. ^ Top Overseas Opening Weekends: Chennai Express Tops”. Box Office India (2013年8月14日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月23日閲覧。
  141. ^ Chennai Express Heads For ALL TIME RECORD Distributor Share - Box Office India”. Box Office India (2013年8月20日). 2013年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月10日閲覧。
  142. ^ Adarsh, Taran (2013年8月8日). “Chennai Express”. Bollywood Hungama. 2013年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月8日閲覧。4/5stars
  143. ^ Rachit Gupta (9 August 2013). “Movie Review: Chennai Express”. Filmfare. オリジナルの10 August 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130810184007/http://www.filmfare.com/reviews/movie-review-chennai-express-3917.html 2013年8月9日閲覧。. 4/5stars
  144. ^ Sarita Tanwar (2013年8月8日). “Movie Review: Grab a bucket of popcorn, sit back and enjoy the ride as Chennai Express is here to entertain”. Daily News and Analysis. オリジナルの2013年8月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130810184515/http://www.dnaindia.com/entertainment/1871888/review-movie-review-grab-a-bucket-of-popcorn-sit-back-and-enjoy-the-ride-as-chennai-express-is-here-to-entertain 2013年8月8日閲覧。 3.5/5stars
  145. ^ Meena Iyer (2013年8月8日). “Chennai Express”. The Times of India. 2013年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月8日閲覧。3.5/5stars
  146. ^ Resham Sengar (2013年8月9日). “'Chennai Express' review: This vehicle is worth being onboard for once!”. Zee News. 2013年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月9日閲覧。
  147. ^ Chennai Express review: A typical sambar-and-sandalwood creation”. India Today (2013年8月9日). 2013年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  148. ^ Chennai Express movie review”. India TV (2013年8月8日). 2013年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月8日閲覧。
  149. ^ Shubhra Gupta (2013年8月9日). “Review: Chennai Express”. The Indian Express. 2013年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月9日閲覧。2.5/5stars
  150. ^ Sukanya Verma (2013年8月9日). “Review: Chennai Express is a rollicking trip to nowhere!”. Rediff.com. 2013年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  151. ^ 'Chennai Express' review: Board at your own risk”. Deccan Chronicle. 2013年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  152. ^ 'Chennai Express' review: It's a big, fat bore. A bloated vanity project for an actor capable of so much more”. IBNlive.in.com (2013年8月16日). 2013年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  153. ^ Mayank Shekhar (2013年8月9日). “Movie Review: Chennai Express”. Daily.bhaskar.com. 2013年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  154. ^ Rachel Saltz (2013年8月8日). “Taking the Fast Train to Win a Mob Princess”. The New York Times. オリジナルの2013年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130928092627/http://movies.nytimes.com/2013/08/09/movies/chennai-express-with-the-bollywood-star-shah-rukh-khan.html?_r=0 2013年8月9日閲覧。 
  155. ^ Sneha M. Francis (2013年8月9日). “Bollywood review: Deepika Padukone outshines SRK in 'Chennai Express'”. Emirates247.com. 2013年8月26日閲覧。
  156. ^ Simon Foster (2013年8月8日). “Bollywood blockbuster railroads logical storytelling”. Special Broadcasting Service. 2013年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  157. ^ List of winners of 59th Filmfare Awards”. NDTV (2014年1月24日). 2014年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月24日閲覧。
  158. ^ IIFA Awards 2014: The list of nominees”. IBN Live (2014年2月22日). 2014年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月22日閲覧。
  159. ^ “IIFA 2014 Technical Awards Winners”. Bollywood Hungama. (2014年2月28日). オリジナルの2014年2月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140228111933/http://www.bollywoodhungama.com/movies/features/type/view/id/6228 2014年2月28日閲覧。 
  160. ^ 6th Apsara Film & Television Producers Guild Awards nomination”. Oneindia Entertainment (2011年1月7日). 2015年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月29日閲覧。
  161. ^ Star Guild Awards - Winners”. Star Guild Awards. 2014年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月29日閲覧。
  162. ^ a b Screen Awards 2015, Latest News on Screen Awards 2015, Photo Gallery”. The Indian Express (2014年1月31日). 2015年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月26日閲覧。
  163. ^ Deepu Madhavan (2014年2月24日). “Zee Cine Awards 2014: Farhan, Deepika, Shahrukh, Sonakshi Sweep Trophies”. NDTV. 2014年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月26日閲覧。
  164. ^ “Nominations for Zee Cine Awards 2014”. Bollywood Hungama. (2014年2月5日). オリジナルの2014年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141213020800/http://www.bollywoodhungama.com/movies/features/type/view/id/6127 2015年1月26日閲覧。 
  165. ^ Winners List Announced Of Big Star Entertainment Awards 2013”. Koimoi (2013年12月18日). 2015年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月29日閲覧。
  166. ^ “Winners: Bollywood Hungama Surfers Choice Movie Awards 2013”. Bollywood Hungama. (2014年3月5日). オリジナルの2014年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141021133830/http://www.bollywoodhungama.com/movies/features/type/view/id/6246 2015年1月26日閲覧。 
  167. ^ Parande, Shweta (2014年2月28日). “Mirchi Music Awards 2014 winners: Shahrukh Khan, Farhan Akhtar honoured; Aashiqui 2 wins 7 trophies” (英語). India.com. http://www.india.com/showbiz/mirchi-music-awards-2014-winners-shahrukh-khan-farhan-akhtar-honoured-aashiqui-2-wins-7-trophies-17842/ 2018年4月24日閲覧。 
  168. ^ Golden Kela Awards 2014: Ranveer and Deepika get nominated for worst actors”. India Today (2014年1月30日). 2014年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月1日閲覧。
  169. ^ 'Golden Kela Awards 2014′: SRK, Deepika, Priyanka, Aamir Get Nominated In Their List”. Koimoi (2014年1月31日). 2014年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月31日閲覧。
  170. ^ “Shah Rukh Khan launches Chennai Express game”. DNA India. (2013年7月24日). オリジナルの2013年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130726120813/http://www.dnaindia.com/entertainment/1865083/report-shah-rukh-khan-launches-chennai-express-game 2013年7月25日閲覧。 
  171. ^ Ltd, Indiagames (2016年3月1日). “Chennai Express Official Game”. 2016年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]