タイガー 伝説のスパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイガー 伝説のスパイ
Ek Tha Tiger
Kabir Khan launches Blu-ray disc of 'Ek Tha Tiger.jpg
Blu-ray発売イベントに出席するカビール・カーン(右)
監督 カビール・カーン
脚本 カビール・カーン
ニーレシュ・ミスラ英語版
原案 アディティア・チョープラー
製作 アディティア・チョープラー英語版
ナレーター ランヴィール・ショウリー英語版
出演者 サルマン・カーン
カトリーナ・カイフ
音楽 ソーヘル・セン英語版
サジード=ワジド英語版
ジュリアス・パッキアム英語版
撮影 アシーム・ミシュラ英語版
編集 ラメシュワール・S・バガト
製作会社 ヤシュ・ラージ・フィルム
配給 日本の旗 日活
公開 インドの旗 2012年8月15日
日本の旗 2013年4月20日
上映時間 133分[1]
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
製作費 ₹750,000,000[2]
興行収入 ₹3,200,000,000[3]
次作 Tiger Zinda Hai
テンプレートを表示

タイガー 伝説のスパイ』(タイガー でんせつのスパイ、原題:Ek Tha Tiger)は、2012年に公開されたインドロマンティックスパイ映画カビール・カーンが監督を務め、アディティア・チョープラー英語版ヤシュ・ラージ・フィルムが製作している。サルマン・カーンカトリーナ・カイフが主演を務め、ランヴィール・ショウリー英語版ギリーシュ・カルナド英語版ロシャン・セスガヴィ・チャハル英語版が共演している[4]。カビール・カーンとヤシュ・ラージ・フィルムが共同で製作した映画は『カブール・エクスプレス』『New York』に続き3作目となる。

パキスタン軍統合情報局(ISI)の女スパイに恋をしたインド研究・分析局英語版(RAW)のスパイの葛藤と逃避行を描いており、2017年には続編『Tiger Zinda Hai』が公開されている[5]

2010年後半からプリプロダクションが始まり、2011年9月から2012年6月にかけて5か国で主要撮影が行われた[6]。公開は2012年6月を予定していたが、独立記念日の8月15日に変更された[7]。映画はアクションや撮影技術、音楽などの面で様々な評価を受け[8]、興行収入は32億ルピーを記録した[9][3]

あらすじ[編集]

研究・分析局英語版(RAW)のトップ・エージェント「タイガー」は、パキスタン軍統合情報局(ISI)に内通した裏切り者を抹殺するためイラク北部に派遣される。首尾よく裏切り者の抹殺に成功したタイガーはニューデリーのRAW本部に帰還するが、長官のシェノイ博士から新たな任務を与えられ、相棒のゴービーと共にダブリンに派遣される。彼はISIへの内通を疑われているキドワイ教授を監視するため、作家に扮装してキドワイに接触する。しかし、キドワイは内通の証拠を見せず、タイガーは彼の身辺を探るうちにキドワイ宅で働くダンサー志望の家政婦ゾヤと想いを通わせる。タイガーはゴービーからの忠告を無視してゾヤとの関係を深め、彼はゾヤのダンス発表会に向かうが、途中でゾヤとキドワイを見失ってしまう。ゴービーからの連絡を受けたタイガーがキドワイ宅に戻ると、そこにはゾヤがおり、彼女は自分がISIのエージェントであることを告白する。

ダブリンの出来事からしばらく後、シェノイに同行してイスタンブールで開催される国際連合外相会合に出席し、そこでゾヤと再会する。互いの想いを告げた2人は組織を捨て、カザフスタンに向かうと見せかけて行方をくらます。数年後、監視カメラの映像から2人がハバナにいることを突き止めたRAWとISIはハバナにエージェントを派遣し、ゾヤを拘束する。タイガーは彼女を助けるためゴービーを説得して味方に引き込み、RAW本部に「タイガーが翻意してインドに戻る」と報告させる。タイガーはシェノイに決別を宣言して別れてゾヤを助け出し、再び行方をくらます。RAWとISIは2人の捜索を再開するが、ヴェネツィアケープタウンチューリッヒロンドンで目撃されたものの、その後2人の行方はつかめなくなってしまう。

キャスト[編集]

製作[編集]

キャスティング[編集]

カビール・カーンが監督として報じられ[10]、彼はストーリーが完成した後にシャー・ルク・カーンに出演をオファーした。しかし、シャー・ルク・カーンはストーリーに好感触を抱いたものの日程の関係からオファーを辞退した[11]。脚本は2010年11月までに完成し、2012年2月に修正が入った[12][13]。2011年5月にタイトルが「Ek Tha Tiger」に決まり、サルマン・カーンカトリーナ・カイフが出演することが発表された[10]。サルマン・カーンの出演料は3億2,000万ルピーと報じられている[14]。カトリーナにとっては初めてのアクション映画への出演となった[15]。主人公のサポート役として、ランヴィール・ショウリー英語版の出演が報じられた[16]。5月3日には主要俳優陣の写真撮影が行われた[12]ガヴィ・チャハル英語版の出演も決定し、彼にとってボリウッドのデビュー作となった[17]

撮影[編集]

バンコクでのサルマン・カーンとカトリーナ・カイフ

当初、主要撮影は2011年7月5日までに開始されると報じられていたが、ヤシュ・ラージ・フィルムの広報担当者は製作上の都合で撮影開始が延期されたと発表し、最初の撮影は8月10日からダブリンで開始された[18]。しかし、サルマン・カーンが三叉神経痛の治療のためアメリカに向かったため撮影が中断し、9月10日から再開された[19]。ダブリンのトリニティ・カレッジで撮影が行われ、アクションシーン撮影のために『ボーン・アイデンティティー』のスタント監督が起用された[20]。また、市内で複数のアクションシーンが撮影された[21]。一方、労働条件に不満を感じたアイルランド人撮影クルーがデモを起こしたため、撮影が一時中断された[22]

次の撮影はイスタンブールで2か月間行われ[23]、2012年2月からはハバナで1か月間撮影が行われた[24]。ハバナでは、サルマン・カーンは地元観光会社のためにカメオシーンを撮影し、撮影に使用したセットは広告に利用された[25]。一方、脚本に問題が生じたため、香港での撮影が延期された[26]。その後、デリーで3日間撮影が行われ[27]、6月にバンコクで最後の撮影が行われた[28]。サルマン・カーンはアクションシーンの撮影のため、「ダーティ・ランニング」と名付けられたフィットネス・プログラムに取り組んだ[29]。また、カトリーナはメイクアップなしで撮影している[30]

音楽[編集]

歌はサジード=ワジド英語版が担当した分を除き、ソーヘル・セン英語版が作曲しており、音楽はジュリアス・パッキアム英語版が担当した。当初はプリータム英語版が参加する予定で契約を結んでおり、映画のデジタルポスターにも彼の名前がクレジットされていた[31]。しかし、彼は同時期にヤシュ・ラージ・フィルムが企画していた『チェイス!』に参加するため降板している[32]。作詞はニーレシュ・ミスラ英語版アンヴィタ・ダット・グプタン英語版カウサール・ムニール英語版が担当している[33]。サウンドトラックに収録される歌のうちパキスタン人歌手ビラワール・バロチが歌う「Jaaniyan」が流出したという報道が流れたが、ヤシュ・ラージ・フィルムの広報は報道を否定し、「サウンドトラックが流出する危険性はない」と発表した[34]

マーケティング[編集]

2011年8月に最初の宣伝ポスターが公開され[35]、2012年5月10日に『Ishaqzaade』と共に予告映像が公開された[36][37]。予告編は公開2日間で100万回閲覧され、ボリウッド映画で最も閲覧された予告編の一つとなった[38]ニューデリーアフマダーバードラクナウでプロモーション・ツアーが行われた[39]。また、ザ コカ・コーラ カンパニーと連携し、ニューデリー、ムンバイハイデラバード、アフマダーバード、ラクナウ、カーンプルイラーハーバードアーグラメーラトガーズィヤーバードでコンシューマー・プロモーションが行われた[40]

プロモーションの一環として、映画を題材にした漫画や『Hum Tum』のキャラクターを使用した作品が2012年7月からディーワーリーまでの期間展開された[41]。しかし、刊行された漫画『Ek Tha Tiger – Mahasagar Ki Suraksha』は肯定的な評価は得られなかった。Bollywood Hungamaのジョギンダール・ツテジャは漫画のデザインを評価したものの、ストーリーは「エキサイティングで深いプロット」への期待に応えられなかったと語っている[42]

公開[編集]

サルマン・カーンとカトリーナ・カイフ

2012年8月15日の独立記念日に3,300スクリーンで公開された。これは、同年12月に『Dabangg 2』が3,700スクリーンで公開されるまでの間、最も多くのスクリーンで公開されたボリウッド映画だった[43]。海外市場では550スクリーンで公開された[44]。公開週末の座席の6割は事前予約で購入されたものだった[45]。また、一部のシネマコンプレックスではチケット価格が値上げされた[46]。ボリウッド映画の主要な海外市場であるパキスタンでは、同国の描写が否定的なものだとして公開が許可されなかった[47]。パキスタン側の処置に対し、カビール・カーンは「映画は反パキスタンを目的としたものではない」と反論している[48]。日本では日活配給で公開が決まり、2013年3月7日に東京でプレミア上映が行われた。その後、4月20日から各地の70スクリーンで公開となり、2013年時点で最も多く上映された北インド映画となった[49][50]

評価[編集]

興行収入[編集]

シネマコンプレックスやシングルスクリーンの映画館の占有率は90-95%を記録した。公開初日の興行収入は3億3,500万ルピーを記録し、『Agneepath』の記録(2億1,000万ルピー)の40%増となった[51][52][53]。公開2日目には、シングルスクリーンの映画館で1億4,500万ルピーの興行収入を記録した[54]。公開3日目には1億2,100万ルピーの収益を上げ、合計興行収入は5億7,900万ルピーとなった[55]。土曜日・日曜日の客入りが伸び、公開5日目の興行収入は9億4,100万ルピーを記録した[56]。公開9日目に合計興行収入は14億3,300万ルピーとなり、16日目には17億9,000万ルピーとなり[57][58]、公開第8週には19億9,000万ルピーを記録した[59]

海外市場ではパキスタンで公開中止になったものの、公開5日間で540万ドルの収益を上げた[60]。最終的に海外市場では1,050万ドルの興行収入を記録している[61][62][63]

批評[編集]

サルマン・カーンとカトリーナ・カイフ

CNN-IBNラジェーヴ・マサンド英語版は2.5/5の星を与え、「『タイガー 伝説のスパイ』は満足できる内容ですが、あまり期待を高くして観に行ってはいけません」と批評している[64]Mid Dayのジャハナヴィ・サマントは3/5の星を与え、「『タイガー 伝説のスパイ』は、スパイ・アクションなのかラブ・サーガなのか判断することができない」と批評している[65]

ヴァラエティ誌のロニー・シェイブは、「カトリーナ・カイフはアクション・ヒロインとしてデビューし、いくつかの印象的な活躍を見せる一方、サルマン・カーンの即時性のある思考は彼のいつものマッチョな筋肉に深みを与えています。地元の観客は、間違いなくカーンとカイフのスクリーン上の再会から特別なスリルを味わうことができます」と批評している[66]Gulf Newsのトゥーヒンは「カメラワークは非常に悪く、アクションシーンは身体がとても目立っています。しかし、スタントを試みたカイフは、かなり説得力があります。ペースは速いかも知れませんが、カーンとカイフを見て喜び、サルマン・カーンのファンには素晴らしさを提供しています」と批評している[67]ニューヨーク・タイムズはアクションシーンを評価する一方でキャラクターのロマンスを批判しており、「タイガーとゾヤはカンフー・ストリート・ファイターとして良く作られていますが、スパイとしては説得力に欠け、恋人としては個性がありません」と批評している[68]。フランス人ジャーナリストのマージョレーヌ・ゴウトは映画を「ビジュアルとコミカルの宴」と表現し、3.5/5の星を与えている[69]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果 出典
好意的な賞
ピープル・チョイス・アワード・インディア英語版 フェイバリット映画賞 タイガー 伝説のスパイ 受賞 [70]
フェイバリット男優賞 サルマン・カーン
フェイバリット女優賞 カトリーナ・カイフ
フェイバリット・アクション男優賞 サルマン・カーン
フェイバリット・ソング・オブ・ザ・イヤー 「Mashallah」
フェイバリット・アクション映画賞 タイガー 伝説のスパイ ノミネート
ビッグスター・エンターテインメント・アワード英語版 フィルム・オブ・ザ・イヤー カビール・カーン、アディティア・チョープラー 受賞 [71]
最優秀トレーラー・フィルム男優賞 サルマン・カーン
最優秀アクション映画女優賞 カトリーナ・カイフ
最優秀音楽監督賞 サジード=ワジド、ソーヘル・セン
最優秀アクション映画男優賞 サルマン・カーン ノミネート
最優秀ロマンティック映画男優賞
最優秀エンターテイニング男優賞
最優秀トレーラー・フィルム女優賞 カトリーナ・カイフ
最優秀ロマンティック映画女優賞
最優秀トレーラー・フィルム賞 カビール・カーン、アディティア・チョープラー
最優秀アクション映画賞
最優秀監督賞 カビール・カーン
否定的な賞
ゴールデンケーラ賞英語版 最低監督賞 カビール・カーン ノミネート [72]
Baawra Ho Gaya Hai Ke Award タイガー 伝説のスパイ
ガンタ賞英語版 最低男優賞 サルマン・カーン 受賞 [73]
最低女優賞 カトリーナ・カイフ ノミネート

ソフト化[編集]

2012年9月25日にDVDが発売され[74]、10月9日にドルビーTrueHD96Kアップサンプリングと英語・アラビア語字幕付きのドルビーサラウンド7.1搭載のBlu-rayが発売された[75][76]。カビール・カーンは、「『タイガー 伝説のスパイ』はBlu-rayにドルビーTrueHD96Kアップサンプリングでマスターされた最初の映画です」と語っている[77]

出典[編集]

  1. ^ EK THA TIGER (12A) – BBFC”. BBFC. 2012年8月26日閲覧。
  2. ^ Ek Tha Tiger: It's Salman's show all the way”. IBNLive.com. 2012年8月16日閲覧。
  3. ^ a b Bollywood’s Top Worldwide Earners”. Koimoi. 2016年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月15日閲覧。
  4. ^ Ek Tha Tiger”. Bollywood Hungama. 2012年3月6日閲覧。
  5. ^ Exclusive: It's official! Katrina Kaif opposite Salman Khan in 'Tiger Zinda Hai'”. DNA India. 2016年9月13日閲覧。
  6. ^ Harshikaa Udasi (2012年8月4日). “Arts / Cinema : Spy Story”. The Hindu. 2012年8月9日閲覧。
  7. ^ Ek Tha Tiger – Box Office Mojo”. Glamsham. 2012年9月9日閲覧。
  8. ^ Ek Tha Tiger Movie Reviews”. ReviewGang. 2018年6月15日閲覧。
  9. ^ Ek Tha Tiger Collects 10 Crore in Week Three”. Boxofficeindia.com. 2012年9月7日閲覧。
  10. ^ a b IE Agencies (2011年8月11日). “Salman-Katrina team up for YRF's 'Ek Tha Tiger'”. Indian Express. http://www.indianexpress.com/news/salmankatrina-team-up-for-yrfs-ek-tha-tiger/785913/0 2012年8月8日閲覧。 
  11. ^ YRF offers profit to Salman”. The Times of India. 2011年2月28日閲覧。
  12. ^ a b Salman Khan, Katrina Kaif's Ek Tha Tiger: A Hero's Film”. Sawf News (2011年5月4日). 2012年8月8日閲覧。
  13. ^ Smitha (2012年2月13日). “Salman Khan changes the script of Kabir Khan's Ek Tha Tiger”. Oneindia.in. 2012年8月8日閲覧。
  14. ^ “Salman Khan on Bodyguard's success: 'It's no big deal. You can't go mad about these things.'”. India Today. (2011年9月9日). http://indiatoday.intoday.in/story/india-today-editor-kaveree-bamzai-on-salman-khan-success-formula-film-bodyguard-and-his-health-after-surgery/1/150667.html 2012年8月8日閲覧。 
  15. ^ Katrina Kaif: 'Ek Tha Tiger stunts were electrifying'”. Digital Spy (2012年3月5日). 2012年8月8日閲覧。
  16. ^ Dipti Nagpaul-D'Souza (2012年4月6日). “A Long Wait”. Indian Express. http://www.indianexpress.com/news/a-long-wait/933118/0 2012年8月8日閲覧。 
  17. ^ Upasana Mantri (2012年8月14日). “Gavie to debut in Bollywood with 'Ek Tha Tiger'”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-08-14/news-interviews/33202245_1_ek-tha-tiger-punjabi-films-kabir-khan 2012年8月15日閲覧。 
  18. ^ Salman Khan delays Ek Tha Tiger?”. Hindustan Times. 2014年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月30日閲覧。
  19. ^ “Salman to resume shooting of Ek Tha Tiger from September 10”. Bollywood Hungama. http://www.bollywoodhungama.com/moviemicro/news/type/view/id/1361559 2012年3月6日閲覧。 
  20. ^ Salman Khan and Katrina Kaif to go back to college”. Bollywood Hungama News Network. 2011年7月27日閲覧。
  21. ^ Tushar Joshi (2011年9月12日). “Salman Khan begins shooting for Ek Tha Tiger”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-09-12/news-interviews/30144834_1_salman-khan-ek-tha-tiger-shooting 2012年8月8日閲覧。 
  22. ^ Times News Network (2011年9月23日). “Salman, Katrina having tough time in Ireland?”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-09-23/news-interviews/30189939_1_irish-police-irish-film-ireland 2012年8月8日閲覧。 
  23. ^ Smitha (2011年10月24日). “Salman Khan, Katrina Kaif free from danger in Turkey”. Oneindia.in. 2012年8月8日閲覧。
  24. ^ “Salman Khan and Katrina Kaif in Cuba for Ek Tha Tiger shooting”. India Today. (2012年2月17日). http://indiatoday.intoday.in/story/salman-khan-katrina-kaif-cuba-ek-tha-tiger-havana/1/173946.html 2012年8月8日閲覧。 
  25. ^ Bollywood Hungama News Network (2011年2月22日). “Salman Khan shoots ad for Cuban tourism”. Bollywood Hungama. 2012年8月8日閲覧。
  26. ^ “Finicky Salman knows best”. India Today. (2012年3月9日). http://indiatoday.intoday.in/story/salman-khan-ek-tha-tiger-salmans-forthcoming-film/1/176985.html 2012年8月8日閲覧。 
  27. ^ “3 Khans in Delhi”. The Times of India. (2011年11月29日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-11-29/news-interviews/30450759_1_khans-ek-tha-tiger-salman 2012年8月8日閲覧。 
  28. ^ “Salman, Katrina bond on Ek Tha Tiger sets”. Hindustan Times. (2012年6月7日). オリジナルの2012年6月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120614202741/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/Salman-Katrina-bond-on-Ek-Tha-Tiger-sets/Article1-867213.aspx 2012年8月8日閲覧。 
  29. ^ Richa Bhatia (2012年7月21日). “For 'Ek Tha Tiger' Salman learns dirty running”. The Times of India. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/bollywood/news-interviews/For-Ek-Tha-Tiger-Salman-learns-dirty-running/articleshow/15071905.cms 2012年8月9日閲覧。 
  30. ^ Subhash K Jha (2011年5月25日). “Katrina goes de-glam for Ek Tha Tiger”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-05-25/news-interviews/29580959_1_katrina-kaif-kabir-khan-film-glam 2012年8月8日閲覧。 
  31. ^ Boxofficeindia.com (2011年10月1日). “Sohail Sen Replaces Pritam”. Boxofficeindia.com. 2012年8月9日閲覧。
  32. ^ Pritam chooses Dhoom 3 over Ek Tha Tiger”. Bollywood Hungama News Network. 2011年9月15日閲覧。
  33. ^ Vijayakar, Rajiv (2011年9月23日). “Hot tracks”. Indian Express. http://www.indianexpress.com/news/hot-tracks/849659/0 2011年9月23日閲覧。 
  34. ^ Tuteja, Joginder (2011年11月11日). “That ain’t our song: YRF”. Deccan Chronicle. http://www.deccanchronicle.com/node/69522 2011年11月16日閲覧。 
  35. ^ “Spotted: Salman Khan and Katrina Kaif at the airport”. Mid Day. (2012年5月23日). http://www.mid-day.com/entertainment/2012/may/230512-Spotted-Salman-Khan-and-Katrina-Kaif-at-the-airport.htm 2012年7月16日閲覧。 
  36. ^ Ek Tha Tiger–teaser trailer”. Koimoi. 2012年5月11日閲覧。
  37. ^ “Salman scoring very high with his looks in Ek Tha Tiger trailer”. India Today. (2012年5月11日). http://indiatoday.intoday.in/story/salman-kills-with-his-looks-in-ek-tha-tiger-trailer/1/188267.html 2012年7月21日閲覧。 
  38. ^ “Ek Tha Tiger trailer receives terrific response on webfilm”. India Today. (2012年6月29日). http://indiatoday.intoday.in/story/ek-tha-tiger-trailer/1/202939.html 2012年6月30日閲覧。 
  39. ^ “Salman Khan in Lucknow to promote 'Ek Tha Tiger'”. The Times of India. (2012年8月12日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-08-12/lucknow/33167219_1_ek-tha-tiger-salman-khan-lucknow-airport 2012年8月15日閲覧。 
  40. ^ Thums Up's toofani association with 'Ek Tha Tiger'”. Best Media Info (2012年8月10日). 2012年8月15日閲覧。
  41. ^ “WATCH: Salman Khan's 'animated' avatar in Ek Tha Tiger”. Hindustan Times. (2012年7月26日). オリジナルの2012年8月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120814233946/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/WATCH-Salman-Khan-s-animated-avatar-in-Ek-Tha-Tiger/Article1-900270.aspx 2012年8月15日閲覧。 
  42. ^ Comic book Review: Ek Tha Tiger – Dhoom Redux 893”. Bollywood Hungama (2012年8月10日). 2012年8月15日閲覧。
  43. ^ Bharti Dubey (2012年8月14日). “Salman Khan's Ek Tha Tiger gets 'extraordinary' advance booking”. The Times of India. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/bollywood/news-interviews/Salman-Khans-Ek-Tha-Tiger-gets-extraordinary-advance-booking/articleshow/15495421.cms 2012年8月15日閲覧。 
  44. ^ Salman Khan's Ek Tha Tiger grosses Rs184.83 crore, second Bollywood film to do so”. Economic Times. 2012年12月31日閲覧。
  45. ^ Ek Tha Tiger set for a roaring opening”. Rediff (2012年8月14日). 2012年8月15日閲覧。
  46. ^ Indo-Asian News Service (2012年8月14日). “Ek Tha Tiger review”. India Today. http://indiatoday.intoday.in/story/ek-tha-tiger-review-salman-khan-katrina-kaif-kabir-khan/1/213126.html 2012年8月15日閲覧。 
  47. ^ Zee News Bureau (2012年8月17日). “No release for 'Ek Tha Tiger' in Pakistan”. Zee News. 2012年8月17日閲覧。
  48. ^ “Ek Tha Tiger is not anti-Pakistan: Kabir Khan”. Hindustan Times. (2012年7月12日). オリジナルの2012年8月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120815202747/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/Ek-Tha-Tiger-is-not-anti-Pakistan-Kabir-Khan/Article1-887777.aspx 2012年8月17日閲覧。 
  49. ^ Ek Tha Tiger Releases in Japan”. Boxofficeindia.com. 2013年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月8日閲覧。
  50. ^ Ek Tha Tiger premieres in Japan”. Indiatoday. 2013年3月8日閲覧。
  51. ^ First Day Comparison: Chennai Express v Ek Tha Tiger. Bowoffice India. 10 August 2013
  52. ^ Ek Tha Tiger Takes Box Office Collections to a New High”. Boxofficeindia.com (2012年8月16日). 2012年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月16日閲覧。
  53. ^ EK THA TIGER First Day Territorial Breakdown”. Boxofficeindia.com (2012年8月16日). 2013年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月19日閲覧。
  54. ^ EK THA TIGER Second Day Territorial Breakdown”. Boxofficeindia.com. 2012年8月17日閲覧。
  55. ^ EK THA TIGER Third Day Territorial Breakdown”. Boxofficeindia.com. 2012年8月18日閲覧。
  56. ^ EK THA TIGER Extended Weekend Territorial Breakdown”. Boxofficeindia.com. 2012年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月20日閲覧。
  57. ^ Ek Tha Tiger Week One Territorial Breakdown”. Boxofficeindia.com (2012年8月27日). 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月19日閲覧。
  58. ^ Ek Tha Tiger Collects 300 Crore in Two Weeks”. Boxofficeindia.com. 2012年8月31日閲覧。
  59. ^ Three Idiots V Ek Tha Tiger Five Weeks Business”. Boxofficeindia.com. 2012年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月27日閲覧。
  60. ^ Ek Tha Tiger is Excellent Overseas”. Boxofficeindia.com. 2012年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月22日閲覧。
  61. ^ What Will Be The Opening Business Of Krrish 3? Boxoffice India. 29 October 2013
  62. ^ Top Ten Overseas: EK THA TIGER Sixth”. Boxofficeindia.com (2012年8月30日). 2012年8月30日閲覧。
  63. ^ Ek Tha Tiger To Close at Around $120 Million in Overseas”. Boxofficeindia.Com. 2012年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月29日閲覧。
  64. ^ Masand: 'Ek Tha Tiger' is far from unwatchable”. 2012年8月16日閲覧。
  65. ^ Janhavi Samant. “Meow goes the Tiger”. Mid Day. 2018年6月19日閲覧。
  66. ^ SCHEIB, RONNIE. “Ek Tha Tiger review”. variety. 2012年8月18日閲覧。
  67. ^ Review: Ek Tha Tiger”. gulfnews. 2012年8月16日閲覧。
  68. ^ Saltz, Rachel (2012年8月17日). “MOVIE REVIEW; Ek Tha Tiger”. The New York Times: p. 13. https://movies.nytimes.com/2012/08/17/movies/ek-tha-tiger-by-kabir-khan.html 2012年8月29日閲覧。 
  69. ^ Gout, Marjolaine (2012年8月20日). “Ek Tha Tiger review” (French). Ecranlarge.com/Digiside. 2013年4月21日閲覧。
  70. ^ People's Choice Awards 2012”. 2012年11月10日閲覧。
  71. ^ 3rd Annual BIG Star Entertainment Awards Nominations”. Pinkvilla. 2012年12月15日閲覧。
  72. ^ Golden Kela Awards 2012 Nominations”. Hindustan Times (2012年12月17日). 2012年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月17日閲覧。
  73. ^ Ghanta Awards Nominations”. Ghanta Awards (2013年1月9日). 2013年1月9日閲覧。
  74. ^ Ek Tha Tiger (2012) (Hindi Movie / Bollywood Film / Indian Cinema DVD) (2012)”. Amazon. 2018年6月18日閲覧。
  75. ^ Ek Tha Tiger (Blu-Ray) (2012)”. Amazon. Amazon. 2013年2月27日閲覧。
  76. ^ Blu_ray_landing”. Yashrajfilms.com. 2012年10月18日閲覧。
  77. ^ Yash Raj Films Launches Ek Tha Tiger Blu-ray with the Latest Dolby Technology”. Hindifilmnews.com. 2012年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]