スター・スクリーン・アワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スター・スクリーン・アワード
第25回スター・スクリーン・アワード
18th Annual Screen Awards Set.jpg
第18回スター・スクリーン・アワード授賞式のセット
受賞対象 優秀なヒンディー語映画マラーティー語映画
インドの旗 インド
初回 1995年
テレビ/ラジオ放送
放送局 スター・プラス英語版 (2000-2011、2016-)
カラーズ (2012-2013)
ライフOK英語版 (2014-2015)
プロデュース ダイアモンド・ピクチャーズ (2000 -)

スター・スクリーン・アワード(Star Screen Awards)は、インドの映画賞。映画業界に従事する専門家によって選考される。設立時の名称は「スクリーン・アワード(Screen Awards)」[1][2]

歴史[編集]

1994年にザ・エクスプレス・グループの会長ヴィヴェーク・ゴエンカによって、優秀なインド映画を表彰するために設立された。この賞はファン投票で受賞者を決定する他の映画賞と異なり、映画業界の専門家によって選考される最初の映画賞になることを目的として設立され、また毎年開催される最初の映画賞となった[3]

授賞式は毎年1月に開催され、ヒンディー語映画マラーティー語映画を受賞対象としている。名称はスポンサーの企業名を冠して「スクリーン・ウィークリー・アワード」「スクリーン・ビデオコン・アワード」「カラーズ・スクリーン・アワード」「ライフOKスクリーン・アワード」と変更されてきた。2001年まではビデオコン・グループ英語版がスポンサーだったため、「スター・ビデオコン・アワード」として知られていた[4]。過去3回南インドタミル語映画テルグ語映画マラヤーラム語映画カンナダ語映画を受賞対象としたことがある。授賞式には映画芸術科学アカデミーの会長と理事が関わっており[1]スクリーン誌英語版の編集者プリヤンカー・シンハ・ジャーは映画賞の選考手順の監督を担当している。

[編集]

第18回スター・スクリーン・アワード授賞式のカトリーナ・カイフ
第18回スター・スクリーン・アワード授賞式のプリヤンカー・チョープラー

審査員賞[編集]

批評家賞[編集]

大衆賞[編集]

技術賞[編集]

特別賞[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Screen Awards”. Indian Express Newspapers (2002年). 2011年3月9日閲覧。
  2. ^ Vanita Kohli-Khandeka, The Indian Media Business, SAGE Publications India, 1 August 2008
  3. ^ Home: Star Screen Awards: Special Awards”. Awardsandshows (2019年1月7日). 2019年1月7日閲覧。
  4. ^ Stage set for Screen-Videocon award ceremony”. expressindia.indianexpress.com. 2018年3月30日閲覧。