アーミル・カーン・プロダクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーミル・カーン・プロダクション
Aamir Khan Productions
Aamir khan productions.png
種類 非公開会社
略称 AKP
本社所在地 インドの旗 インド
マハーラーシュトラ州ムンバイ
設立 1999年
事業内容 映画製作、配給
代表者 アーミル・カーン
関係する人物 キラン・ラオ
マンスール・カーン英語版
テンプレートを表示

アーミル・カーン・プロダクション(Aamir Khan Productions)は、インドムンバイに拠点を置く映画製作会社映画配給会社。1999年にアーミル・カーンが設立した。B・シュリニヴァス・ラオとキラン・ラオがプロデューサーとして同社に所属している[1]

同社は従来のマサラ映画の再定義と近代化を行い、社会問題の意識を取り入れた独自の映画ブランドを確立したとされている[2]。同社の製作映画は商業的なマサラ映画と現実主義的なパラレル映画の区別を曖昧なものにし、前者のエンターテインメント性と後者の力強いメッセージ性を組み合わせたことにより、国内外での興行的成功と批評面での高い評価を得ることになった[3]

歴史[編集]

1999年、アーミル・カーンは主演を務める『ラガーン』を製作するため、アーミル・カーン・プロダクションを設立した。これは『ラガーン』の脚本を購入する映画製作会社が存在しなかったためであり、同作にはラインプロデューサーとしてB・シュリニヴァス・ラオが参加している。同作は2001年に公開されて興行的な成功を収め、アカデミー外国語映画賞にインド代表作品としてノミネートされた他、フィルムフェア賞国際インド映画アカデミー賞英語版など多くの国内映画賞を受賞した。

B・シュリニヴァス・ラオはアーミルの監督デビュー作『地上の星たち英語版』でエグゼクティブ・プロデューサーを務めた後にアーミル・カーン・プロダクションのエグゼクティブ・プロデューサーに就任し、同社の製作作品全てに参加している。アーミルは同作で監督・主役を務め、ダルシール・サファリー英語版ティスカ・チョープラー英語版と共演した同作はフィルムフェア賞 最優秀作品賞英語版を受賞するなど批評家から高い評価を得た[4]。また妻のキラン・ラオも助監督として製作に参加している。2008年に『君が気づいていなくても英語版』を製作しており、同作はアッバス・タイヤワーラー英語版が監督を務め、アーミルの甥イムラン・カーン英語版のデビュー作となった。2010年に『こちらピープリー村英語版』を製作し、同作はアヌーシャ・リズヴィ英語版が監督を務め、メルボルン国際映画祭英語版で上映された。

2011年にキラン・ラオが監督・原案を務めた『ムンバイ・ダイアリーズ』を製作し、続けて『デリー・ゲリー英語版』を製作する。同作はアーミル・カーン・プロダクションの「クリーンで家族向けなエンターテインメント」を提供するというイメージを崩壊させるリスクを背負いながら製作されたブラックコメディである[5]。2012年に『Talaash: The Answer Lies Within』を製作した。同作はリーマー・カーグティーが監督を務め、エクセル・エンターテインメント英語版と共同製作している。2016年に『ダンガル きっと、つよくなる』を製作しており、同作はニテーシュ・ティワーリーが監督を務め、ブロックバスターを記録した[6]。2017年に『シークレット・スーパースター』を製作した[7][8]。同作はアーミルのマネージャーを務めたアドヴェイト・チャンダンが監督を務め、『ダンガル きっと、つよくなる』を超えるヒットを記録した。

製作作品[編集]

映画[編集]

アーミル・カーン、キラン・ラオ夫妻

テレビ番組[編集]

出典[編集]

  1. ^ About Us”. Aamir Khan Productions Private Limited. 2010年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月19日閲覧。
  2. ^ Rangan, Baradwaj (2017年1月8日). “Masala redux” (英語). The Hindu. 2017年1月8日閲覧。
  3. ^ “Secret Superstar: A moving slice of life”. The Asian Age. (2017年11月2日). http://www.asianage.com/entertainment/bollywood/021117/secret-superstar-a-moving-slice-of-life.html 2019年8月11日閲覧。 
  4. ^ Taare Zameen Par, Chak De top directors' pick in 2007”. Economic Times (2007年12月29日). 2008年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月5日閲覧。
  5. ^ Aamir Khan thanks wife for Delhi Belly”. 2011年5月25日閲覧。
  6. ^ Dangal - Movie - Box Office India”. boxofficeindia.com. 2017年11月5日閲覧。
  7. ^ Whoa! Aamir Khan Is ‘World’s Biggest Superstar’!” (2018年3月13日). 2019年8月11日閲覧。
  8. ^ Aamir Khan Is The Worlds Biggest Superstar Says A Trade Analyst!” (2018年3月29日). 2019年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]