ジェネレーションX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカ合衆国世代
*=諸説あり, ?=世代の期間が定まっていない,
^=シュトラウス=ハウ世代理論

United States Age Pyramid.svg
○○世代 期間
^清教徒世代英語版 1588 - 1617
清教徒の目覚め英語版 1621 - 1649
^en:Cavalier Generation
^en:Glorious Generation
^en:Enlightenment Generation
^en:Awakening Generation
1618 - 1648
1648 - 1673
1674 - 1700
1701 - 1723
第一次大覚醒 1727 - 1746
^en:Liberty Generation
^en:Republican Generation
^en:Compromise Generation
1724 - 1741
1742 - 1766
1767 - 1791
第二次大覚醒 1790 - 1844
en:Transcendentalist Generation
^en:Transcendental Generation
^en:Gilded Generation
^en:Progressive Generation
1789 - 1819
1792 - 1821
1822 - 1842
1843 - 1859
第三次大覚醒 1886 - 1908
^Missionary Generation(英語)
失われた世代
戦間期世代英語版
最も偉大な世代の人々英語版
^G.I.世代英語版
1860 - 1882
*1883 - 1900
1901 - 1913
*1901 - 1927
1901 - 1927
ジャズ・エイジ 1918 - 1929
ビート・ジェネレーション
沈黙の世代英語版
ベビーブーマー
ジョーンズ世代英語版
1914 - 1929
*1928 - 1945
*1946 - 1964
1954 - 1965
意識革命英語版 1964 - 1984
ジェネレーションX
^13世代
MTV世代英語版
ブーメラン世代英語版
*1965 - 1980
1961 - 1981
1974 - 1985
1977 - 1986
文化戦争 1980s - present
ネットジェネレーション
デジタルネイティブ
ミレニアルズ(ジェネレーションY)
ジェネレーションZ
^ニュー・サイレント・ジェネレーション
ジェネレーションα
*1970 - present
*1976 - present
*1981 - 1996
*1997 - 2012 ?
*1990 - 2009 ?
*2013 - 2028 ?
アメリカ合衆国および西洋世界などにおける主な世代区分
(世代の範囲はピュー研究所[1]などの区切りに基づく)

ジェネレーションX: Generation X)、X世代(エックスせだい)とは、アメリカ合衆国などにおいて概ね1960年代中盤から1970年代終盤に生まれた世代のことである[2]13th Generation(第13世代)[注 1]とも呼ばれる。

語源[編集]

ダグラス・クープランド著『ジェネレーションX〜加速された文化のための物語たち』(原題:Generation X: Tales for an Accelerated Culture)に由来する。

特徴[編集]

ケネディ政権(1961-63年)後の時代からベトナム戦争終結(1975年)後までの時代に生まれた世代である。生まれた時期はテレビの爆発的な普及が始まった時期であり、ベトナム戦争キューバ危機ヒッピー運動の時期に1桁台を過ごした。そして、ヒッピー運動の衰退とベトナム戦争の終結による「しらけムード」の中で10代を過ごした。親世代の離婚率が上昇し始めた時期に子供世代を過ごしたため、親からの監督が少なくなり始めた世代とも言われる。

大学の学費が高騰し始める直前の世代であり、以降のミレニアル世代(ジェネレーションY)からは親が裕福でない限り学生ローンに苦難する世代となった。

社会に進出する1980年代から1990年代半ば頃にかけては冷戦末期からソビエト連邦の崩壊後の時期であり、ジャック・ウェルチを初めとする大資本家が「リストラ」「ダウンサイジング」と称した整理解雇ブームを惹き起こした時期であった。このため、ジェネレーションXは軒並み就職難に遭遇した。反面、1990年代半ばからインターネットビジネスの勃興期には好景気となり(ドットコムバブル)、この頃に10代後半から30代前半を過ごしたため、ネットビジネスの創業者もこの世代に多い(特に1970年代後半生まれは76世代とも呼ばれる)。Googleの創業者のラリー・ペイジYahoo!ジェリー・ヤンテスライーロン・マスクなど(Amazon.comジェフ・ベゾスはジェネレーションXより1年早い1964年生まれ)。しかし、2000年代にはITバブル崩壊アメリカ同時多発テロリーマンショックなどを、キャリアの道半ばに経験することになる。

文化的には、ジェネレーションXの少し上の世代(ベビーブーマー後半)の間で、1970年代後半から1980年代前半にパンク・ロックの勃興が起こり、ジェネレーションXには10代の頃にパンクを聞いて育った者もいる。ケーブルテレビの音楽チャンネルMTVの与えた影響は大きく、若者文化的には「MTV世代 (MTV Generation)」と呼ばれることもある。1990年代になると、ジェネレーションXから白人はグランジニルヴァーナリンプ・ビズキットコーンスリップノット)や黒人はゴールデンエイジ・ヒップホップドクター・ドレースヌープ・ドッグ2パックノトーリアス・B.I.G.ウータン・クランエミネム)のアーティストを生み出した。

ベビーブーマーが影響力を持った1960年代は社会運動の時代、ベビーブーマー後半が影響力を持った1970年代は自己啓発の時代(この世代は「ミー・ジェネレーション (Me generation)」と呼ばれる)、さらに1980年代は自己中心主義の時代とも呼ばれることがある。1972年のウォーターゲート事件は、最高権力者かつ正義の人格者であるはずの大統領への希望と信頼を失墜させ、慢性的な政治不信が社会に定着した。ジェネレーションXは個人主義内向性を特徴としており、政治や社会に対して冷めている傾向が強い。2016年と2020年の大統領選では、ドナルド・トランプの大きな支持基盤となった。特に2020年では、ジェネレーションXとベビーブーマー後半生まれの投票者は、その大半がトランプを支持した世代となった[3](2020年の選挙では45-65才の投票者は過半数がトランプに投票した。それ以外の年齢層ではバイデン支持が過半数だった[4])。次世代のミレニアル世代の多くが、理想主義的(環境保護主義国際協調主義リベラル傾向)で2008年と2012年にはバラク・オバマ支持者であったのと対照的である(ただし、ヒラリー・クリントンもミレニアル世代の多くから嫌われていたため、2016年はミレニアル世代の多くが民主党をボイコットし苦い選挙となった)。

なお、ジェネレーションZの大半がジェネレーションXの子供世代である。

アメリカ合衆国以外[編集]

チリなど南米諸国の同世代も、1980年代の「失われた10年」に遭遇した就職難の世代である。

年代的にベトナム戦争期に幼少期を送った日本におけるしらけ世代新人類のアメリカ版に相当するが、日本の場合成人したときバブル景気真っ最中であったため就職に不自由していない点が異なる。そういう点では、バブル崩壊後の就職難を経験した団塊ジュニア世代が、むしろアメリカのジェネレーションXに近いといえる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アメリカ合衆国の独立前から20年ごとに世代を区切った場合、1961年〜1981年生まれの人々は「13番目の世代」に該当することから“13th Generation”とも呼ばれる。

出典[編集]

関連項目[編集]

先代:
ベビーブーマー
1946年 - 1964年
アメリカ合衆国の世代
ジェネレーションX
1965年 - 1980年
次代:
ミレニアルズ
(ジェネレーションY)

1981年 - 1996年