ジャック・ウェルチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャック・ウェルチ
Jack Welch
JackWelchApril2012.jpg
2012年5月13日
生誕John Francis Welch Jr.
(1935-11-19) 1935年11月19日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ピーボディ
死没 (2020-03-01) 2020年3月1日(84歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
出身校マサチューセッツ大学アマースト校 (理学学士)
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 (理学修士哲学博士)
職業実業家
化学技師
作家
活動拠点アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州セイラム
純資産7億5000万ドル(2006年5月時点[1]
肩書きゼネラル・エレクトリック会長兼最高経営責任者
(1981年4月 - 2001年9月)
政党共和党
配偶者キャロリン・B・オスバーン
(1959年11月 - 1987年11月[2]
ジェーン・ビーズリー
(1989年4月 - 2003年7月[3]
スージー・ウェットローファー
(2004年4月 - 2020年3月[4]

ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニア英語: John Francis "Jack" Welch Jr.1935年11月19日 - 2020年3月1日[5])は、アメリカ合衆国実業家。1981年4月から2001年9月までゼネラル・エレクトリック社のCEOを務め[6]、そこでの経営手腕から「伝説の経営者」と呼ばれた。

経歴[編集]

1935年11月19日、マサチューセッツ州ピーボディにて、ボストンメイン鉄道の車掌として働く父ジョンと主婦の母グレイスとの間に生まれた。ウェルチはアイルランドカトリック教徒の家庭であった。1957年6月にマサチューセッツ大学を卒業した後は1960年にイリノイ大学で博士号を取得し、同年にゼネラル・エレクトリックに入社した。なお最初の年収は1万500ドルだった。

官僚的な組織に馴染めず、また1961年の昇給が僅か1000ドルだったこともあり、自分の専攻が活かせるイリノイ州スコーキの国際鉱物化学薬品に転職しようと早くから退社を考えるが、階級が1つ上の役員であるルーベン・ガトフが「失うのは惜しい」とウェルチを引き止める。1963年には監督下の工場での爆破事故の責任を問われ、解雇寸前にまで追い詰められたこともあった。1972年に同社の副社長・1977年に上席副社長・1979年に副会長・1981年4月には同社で最年少の会長兼最高経営責任者となった。

1999年11月には『フォーチュン』誌で「20世紀最高の経営者」に選ばれており[7]、最高時の年収は9400万ドルにも達した。

2001年9月に会長兼最高経営責任者を退任した。その後は経営学修士号(MBA)のオンラインプログラムを立ち上げるなど人材教育に尽力した。また、同年10月には日本経済新聞の「私の履歴書」を連載している[8]

2020年3月1日、ニューヨーク州ニューヨーク腎不全により84歳で死去した[8]

特徴[編集]

ピーター・ドラッカーの信奉者であり、1980年代のアメリカにおける整理解雇ブームを惹き起こした人物として有名である。ウェルチの基本的な経営手法は「リストラ」・「ダウンサイジング」と呼ばれる大規模な整理解雇による資本力の建て直しと、企業の合併・買収(M&A)と国際化の推進である。また「世界で1位か2位になれない事業からは撤退する」とも主張した。

会社を守って人材を守らないことから、「建物を壊さずに人間のみを殺す中性子爆弾」の特性になぞらえて「ニュートロンジャック」と綽名された。成績不振の従業員や、時には部門丸ごと無慈悲に削減する手法により、CEO在任中の利益率は大幅に改善した[9]

その一方でウェルチと逆の経営手法を採った横河電機美川英二元社長のことを、彼こそ経営の神様だと評価している一面を持つ人物でもある。ちなみに美川の経営手法は終身雇用を最重視し、企業の適正規模は今のコンピューター社会でも2000人までが限度と説き、総務課までをも社内分社化するというものだった。

ゼネラル・エレクトリック時代には部下に敢えて過大なノルマを与えて克服させ、業績・人材も同時に伸ばすという、いわゆるストレッチ・ゴールの手法も採っていた。組織論の1つとして日本にも導入する企業が現れたが、過大な要求に精神的に切れてしまう社員も少なくないため、成功とは言い難いものとなった。本家のゼネラル・エレクトリックでも、後にウェルチの人材育成の手法は時代遅れだとして軌道修正を図っている[10]

「選択と集中」の誤訳[編集]

ウェルチの残した格言として日本では「選択と集中」が有名となっている。この「選択と集中」の意味は多角化した事業を本業にのみ絞るといった解釈をされる。しかし、この「選択と集中」の原文における表現は「フォーカス」であり、「事業に焦点を当てる」という意味で「事業を絞るという」意味ではなかった。実際ジャック・ウェルチはおよそ1000の事業を営んできたが、そのうち廃止したものは70程度だったとされて拡大路線を歩んでいる。また、投資の世界の現代ポートフォリオ理論において分散投資が良しとされて集中投資は忌避されるが、この誤訳はその考えからも逆行するものである[11][12][13]

脚注[編集]

  1. ^ The 50 Wealthiest Bostonians”. ボストン・マガジン英語版 (2006年5月15日). 2020年3月4日閲覧。
  2. ^ https://www.nndb.com/people/006/000025928/
  3. ^ https://observer.com/2004/04/suzy-wetlaufer-preparing-to-be-neutron-jackie/
  4. ^ https://www.nytimes.com/2004/04/25/style/weddings-celebrations-suzy-wetlaufer-jack-welch.html
  5. ^ ジャック・ウェルチ氏死去 米GE元経営トップ―「20世紀で最も卓越」”. 時事ドットコム (2020年3月3日). 2020年7月27日閲覧。
  6. ^ GEの急速な拡大を主導した「ニュートロンジャック」ウェルチが84歳で死去。
  7. ^ https://www.propertyandcasualty.com/doc/erc-employees-in-good-company-0001
  8. ^ a b ジャック・ウェルチ氏が死去 GE元会長”. 日本経済新聞. 2020年3月2日閲覧。
  9. ^ コラム:「米国型CEO」築いたウェルチ氏、GE衰退の引き金に”. ロイター (2020年3月3日). 2020年3月3日閲覧。
  10. ^ キリンビール「上司の説教」が大炎上した理由 東洋経済オンライン(2017年09月20日)2017年09月26日閲覧
  11. ^ 「選択と集中」の誤算㊤ 大いなる誤訳 | Frontier Eyes Online by フロンティア・マネジメント” (日本語) (2020年4月8日). 2021年2月10日閲覧。
  12. ^ 啓一朗, 平井 (2020年1月17日). “【悲劇】日本経済をダメにした、「選択と集中」の誤訳”. NewsPicks. 2021年2月10日閲覧。
  13. ^ 日本企業は「選択と集中」の呪縛から解放されなければ成長できない” (日本語). ダイヤモンド・オンライン. 2021年2月10日閲覧。

関連項目[編集]